kimamamh101300400
リクルートスーツ姿が妙にエロかった先輩と・・・

大学のサークルに入り、二つ上の女性の先輩に恋をした。


明るく(むしろ豪快、男勝りと言ってもいい)、下ネタも平気で言うほどサバサバ(この言葉が合ってるかは知らんw)背も高くて巨乳という俺のタイプだったが、既にサークルの会長と付き合ってるようだった。


それでも先輩のそばにいたかったし、サークルも楽しかったので俺は先輩はもちろん、会長達にも好かれるように頑張った。


結果、俺は会長と先輩に特に仲良くなり、頻繁に飯を奢ってもらったりする仲になった。



一年後、先輩も会長(というか元会長。

めんどくさいから会長で)も就活である程度忙しくなり、授業にもサークルでも見る機会が減ってきた夏のある日の昼、先輩から一通のメールが。


『今から宅飲みするぞ。

ウチに来なさい。


俺の授業は関係なしかよ…と思いつつ、先輩の家に行く。

もう既に何本か開けてるようだった。


驚いたのは、先輩のリクルートスーツ姿。

普段はスカートなんて全く履かない先輩が、リクルートスーツではスカートを履いている。


俺「先輩、スカートの方なんですか?ズボンの方もあるのに」
先輩「なんかさー、これで面接官にいいイメージ持たせられるかなー、ってさ」
ホレホレせくしーだろ、とチラチラ太ももを見せながら言う。

むっちりしててエロい反面、行儀が悪過ぎるww

ふと、そこに会長がいないことに気付いた。

いつも会長と先輩、会長と俺の組み合わせがあっても先輩と俺の組み合わせがなかったから新鮮だ。

まあ後輩とはいえ彼女と違う男を二人きりにはできないか。


俺「会長は来ないんですか?」
先輩「あいつはクズだな。

他に女作りやがった。

謝るなら最初からするなっつーの!」

俺「あーだから昼間っから酒を…でもそのスーツは?」
先輩「あいつにそれ告げられてからの面接。

集中できるか!いいとこまで行ったのに絶対落ちた!」

その後、しこたま冷蔵庫にしまってあったビールを二人で消化し、ベロンベロンに酔っぱらった。


よっぽど傷心だったんだろう。

先輩が口に出すまで黙ってようと思ったそのとき

先輩「なぁ…私って女として魅力ないか?」
俺「あると思いますよー…スタイルいいし」
先輩「体だけかよ…だから就活でちょっと相手できなくなったら他に女作るわけか…
大体あいつ就活してないくせに私に偉そうなこと言えた義理かよ!くそ!」
あーこれはいかんなーとなり、ひたすら先輩をほめちぎる作業。


俺「僕サークル続けられたのは先輩へのあこがれが半分くらい占めてますから!」
この言葉に先輩は反応する。


先輩「それってさ、私のことが好きってことか?それともヤりたいだけか?」
俺「そりゃまあ、先輩としたいって考えなかったことはないですけど、だったら会長と付き合ってると知った時点で諦めてますって…俺は本当に先輩と一緒にいたかったんすよ…」
先輩「…そうかぁ…」
それからしばらく無言が続き、
先輩「…あー、流石に疲れたわ。

マッサージしてくれよ。

礼はする」

と何段もクッションを重ねてうつ伏せになる。


先輩「こうして胸の空間作ってやらないとうつ伏せになるのも苦しいんだよ…めんどくさいわ女って」
こうしてマッサージを始めるも、上がスーツだと上手くほぐせない。


先輩「もっと強く!…あーそうか、脱ぐからちょっと待ってろ。


こうしてシャツ一枚になったが、ブラが透けてる。

でかいのが分かる。


コリコリしたところを解すと、んっと少し声が出るのがエロかった。


先輩「…なあ、お前、私のことが好きなんだよな。


俺「はい」
先輩「…私とヤりたい?」
俺「…はい、まあ」
先輩「…じゃあ、いいよ。

好きにしなよ。



きったあああああああああ!

シャツのボタンを一つずつ外していく。

胸の盛り上がりで外すのがタイヘンww

胸、谷間、腹も全体的に汗でびっしょりになっている。


先輩「なんだか…すごく緊張した…あいつの時はそんなことなかったのに。


俺「会長から聞きましたよ。

会長が土下座して頼みこんで付き合ったんでしょ?だからあんまり好きじゃなかったんじゃないですか?」

ブラも外す。

予想以上の大きさだった。

ブラのサイズを見るとH75って書いてあった。

意味がよく分からないのでバストサイズを聞いてみると、なんと104cmだと言う。

AVでも通用するレベルじゃん。

いくら身長が175くらいあるからってこれは凄い。


揉みしだく。

汗が絡みつく。

もはや先輩の汗か俺の手汗か分からない。

俺も上半身裸になり、夏の日のうだるような暑さで生まれた汗を擦りつけ合うように抱き合った。


俺は下も脱ぎ、先輩に勃起したチンコを見せつける。

正直ちょっと大きさには自信があった。

ネットで調べた日本人の平均よりも大きかったし。


俺「会長のと比べてどうですか?」
先輩「あいつは皮被ってなかったけど、多分大きさはアンタの方が、いや、かなり大きい…」
コンドームを付けて、パンティを下げてみると、ネッチョリとした愛液が既にパンティを全体的に濡らすほどベトベトになっていた。


先輩「し、仕方ないだろ…オナニーだって就活中はするヒマなかったし、あいつとのエッチも去年の秋くらいからしてない…」
俺「会長、土下座してまで先輩と付き合ったのに自分勝手ですね。

俺は絶対先輩を欲求不満なんかにさせない!」

ディープキスをしながら、先輩のアソコをいじくりまわす。

声にならない声を上げながら、先輩は俺に抱きついた。


先輩「もういい…もう、来て」
膣内に挿入する。

俺も先輩も久々だったので、すぐにイってしまった。


そのあとは第二、第三ラウンドと繰り返し、シャワーを浴びるのも忘れて二人横になって眠った。

手を繋いでお互いの愛を確かめ合いながら。



後で知った話だが、先輩は大学に入る前は中学高校ともに女子校だったらしく、友達カップルの生々しい話を聞き、下ネタに耐性を持ったと同時に、彼氏というものへの期待が大きかったのだそう。

で、会長に対して恋心が芽生えず付き合ってしまったことに、後悔と「所詮恋なんてそんなものか」という失望を抱いていたらしい。

まあ、ピュアだったという話だなww
サンプル