36
ナイスバディの叔母に猛特訓を受けている話です。

僕が19の浪人生のとき、東京の予備校に通うため、叔父(母の弟)の家に下宿することになりました。



叔父は既に結婚していて、僕とは血の繋がらない叔母がいました。



叔母は35歳の子供なしで、超がつくほど美人でナイスバディでした。



叔母はなぜか仕事もしていないし、叔父はいつも仕事で遅いということでした。



いつも、朝起こしてくれて、朝食と弁当も作ってくれました。



その後、予備校から帰ってくると、夕飯も作ってくれました。



もちろん、帰ってからも猛勉強特訓していました。


しかし、下宿してから、1月位したゴールデンウイークに、当然予備校はお休みでした。



叔父は休日出勤とかで出かけていきました。

その日のことです。



叔母は私のそばに来て、私に話しかけてきました。



「彼女はいるの?」と聞いてきました。



「いないよ。

」と言うと、「へえー!」と言いながら、ますます近づいてきました。



よく見ると、ノーブラでした。

前から叔母を女として意識していましたし、二人っきりでいるときなどはおかしくなりそうでした。

また、風呂上りにバスタオル1枚でリビングをうろうろしたり、ランジェリー姿を見せ付けたりするので、おかずにオナニーしたこともありました。



僕は思わず我慢できなくなって、叔母に抱きつきました。




叔母は「あわてないのよ、時間もあるし。

」と言いながら、キスをしてきました。



初めてのキッスに頭がくらくらしました。

とろけるようなキスは気がつくと、叔母の舌が僕の口の中に入ってきました。



これがディープキスなんだなと思い、ボーっとしていると、叔母は導くように右手を大きな胸に、左手をミニスカートの中に。



それだけで童貞の僕には刺激が強すぎました。

もうズボンがはちきれそうなくらい勃起していました。



叔母は服を脱いでくれました。

透き通るような白い肌にDカップはあろうかと思う大きな胸、股間には黒々としたアンダーヘアでした。

また、叔母は僕に服を脱ぐように言いました。

僕はすぐに全裸になりました。



叔母は「初めて?」と聞いてきました。

「うん。

」と言うと、「私でいいの?」すぐさま「うん、教えてください。



と言いました。



その日は朝から、叔父が帰ってくるまで間、エッチの猛特訓をしてくれました。



なぜかすべて生でした、聞くと子供ができないからだらしい。

また、叔父もあまりエッチしてくれないらしいです。



僕はその日のうちにファーストキッスから生エッチまですべて体験しました。



その日以来、僕はオナニーすることはなくなりました。



叔母はフェラチオで朝早めに起こしに来てくれて、朝立ちのまま、1発やっちゃいます、朝飯を食べて、またムラムラしてもう一発します。



だから、僕は寝るときは全裸でした。

そのままエッチできますからね。

帰ってくると、叔父が帰ってくるまで、そのまま、続きをやります、もう毎日お互いのからだを求め合うようになりました。

休日は叔父がいてエッチできないので、月曜日は溜まっちゃって、大変でした。

結局親に適当言って、宅浪にしてもらい、スポットで予備校に行くことにしました。



だから、朝から何度も何度もエッチすることにしました。



僕が「何度も求めてごめんね。

」と言うと、叔母は「いいのよ、私もしたいから。

○○ちゃん、だんだん上手になったし、長持ちするようになったしね。

」と言ってくれました。



そうなんです、叔母の猛特訓のおかげで、勉強に集中でき、成績も上がり、エッチの方もテクニックを磨きました。



最初のうちは自分が射精したいだけでしたが、慣れてくると、叔母を気持ちよくすることができるようになりました。



結局、東京の大学に合格し、そのまま叔父の家に下宿することになりました。



卒業するまでの間、叔母の猛特訓を続けて、エッチのテクニックを磨かせてもらいました。



大学時代に彼女もできましたが、あわてることなく、セックスができ、余裕で何人とも体験できました。



セフレもできましたが、叔母は恩人ですから、叔母とのエッチは欠かしませんでした。



卒業してからは、エッチすることはなくなりましたが、僕に5年間猛特訓してくれた叔母には感謝です。
サンプル