kimamamh090900138
友達とそのお母さんと海に行って初体験した俺。

小学6年生の夏休み、俺は同級生でスイミング仲間の健斗と、健斗のお母さんの真理さんとの3人で、伊豆の海岸まで泊りがけの旅行に行った。


宿に到着して荷物を置くとすぐに海岸に出て泳ぎ始めた。



俺も健斗もスイミングでは選手コースでタイムを競ってる仲だっんで、海でもお互いに意識しながら夢中で沖の岩場まで競争で泳いだ。



岩場で健斗が怪我してしまい、一度宿に戻って医者に診てもらうことになった。


怪我はたいしたことなかったけど、健斗は泳ぐことができないんで、二人は海の家で遊んでることになった。


怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、俺達の遊びの相手もしてくれた。


俺も、最初は一緒にゲームしたりしていたけど、つまんなそうな俺に気付いたのか、真理さんが「慎ちゃん、ここまで来たのに泳がないとつまんないでしょ?私とあの岩場まで競争しない?」と言ってくれた。




「健斗はここでお兄さん達に遊んでもらってなさいね。

お兄さん達お願いします」

と言って、真理さんが俺の手を曳いて海岸まで連れてった。


「私も高校まで一応水泳選手だったんだよ。

まだまだ慎ちゃんには負けないと思うよ」って真理さんが張り切って泳ぎ出した。



俺もすぐに泳ぎ始め、真理さんを追い越して先に岩場に着くと、岩場に上って真理さんを待った。


「わぁ~、やっぱり慎ちゃん早いわ~」と、真理さんも岩場に上ってきた。


しばらく二人並んで座ってたんだけど、突然真理さんが俺に抱きついてきた。




ビックリしている俺にかまわず、今度は俺の穿いてる競泳パンツの前に手を当ててきた。

「慎ちゃんのここ、いつももの凄くモッコリしていて、スイミングのギャラリーで見ているお母さん達にも評判なのよ。

慎ちゃん、どんな大きなオチンチンしてるのかしら?って」
競泳パンツがモッコリしてるのは、スイミングの友達からもからかわれてたんだけど、お母さんたちまで話題にしてるとは思っていなかった。


スイミングで穿いているのは、黄色いビキニ型の競泳パンツ
だったから、友達やコーチのチンコもハッキリ分かるようにモッコリしていた。



ただ俺のモッコリがコーチ顔負けのモッコリ具合だったんで、お母さんたちに色んな想像をさせてたらしい。


「慎ちゃん、ここなら誰も見ていないから、おばさんに慎ちゃんのオチンチン見せて欲しいんだけどな~、誰にも内緒にしておくから」
そう言われて、真理さんに憧れみたいな気持を持ってた俺は、
「真理さんにならいいよ、でも、みんなには秘密にしてね」
って言ってしまった。


「大丈夫、誰にも言わないから」そう言って真理さんが俺の競泳パンツを脱がし始めた。



真理さんにチンコを見られるんだと思ったら、いきなりチンコが勃起し始めて、競泳パンツを脱がされた途端、ビンビンになって臍にひっつくほどだった。


「やっぱり慎ちゃんのオチンチンすご~い!とても小学生のオチンチンじゃないわ、大人だって適わないんじゃないかしら?」
真理さんは、しげしげと俺のチンコを見てから、そっと握ってきた。



その頃の俺のチンコは、勃起すると先端の皮が半分剥けるようになってきていて、皮が引っ張られて少し痛いくらいだった。


真理さんは、俺のチンコを扱きながら、ゆっくりと皮を全部剥こうとしていた。


「このままじゃ無理かしら」そう言ったと思ったら、パクッとチンコを咥えてきた。


ビックリして腰を引こうとしたら、しっかりと腰を押さえられてしまった。



舌を使って、剥けている亀頭を執拗に舐められてるうちに、チクッと痛みが走った。


真理さんがチンコから口を離すと、亀頭が真っ赤にズル剥けになっていた。


「痛い?」と聞かれて「少し」と答えると、
「こんなに立派なオチンチンなんだから、形もしっかり大人にしておかなきゃね。

痛いのは少し我慢すれば慣れるわよ。

もうずっとこのままのオチンチンにしておきなさいね」
と言われた。



チンコの付け根の所をじっと見られて
「まだ毛は全然生えてないのね。

大きさだけは大人顔負けなのに、すごいギャップだわ。

でも、もうアレは出るんでしょ?」
と聞かれた。


「アレって何?」と尋ねると「オチンチンから出る白いものよ。

出る時気持ちいいでしょ?」
俺は、まだオナニーもしたことなかったし、白いものが出たこともなかったから「出たことないよ」と答えた。


「え~?まだ~?こんなにおちんちん大きいのにまだ射精しらないなんて信じられない。

おばさんが出してあげるよ」
そう言って真理さんは、ビンビンになってる俺のズル剥けになったばかりのチンコを咥え始めた。



頭を上下に激しく動かしながら、俺のチンコをしゃぶってくれている真理さん。


友達のお母さんにこんなことさせていいのかなって思ってるうち、突然体が激しく痙攣するようになり、チンコの奥から何かが飛び出そうな気がして、体が宙に浮くような感じがした。


今まで感じたことのない気持ち良さだった。



「あ~っ、おばさん、おしっこが出ちゃうよ~!」
俺が叫んでも真理さんは俺のチンコから口を離さない。


「あ~っ、出ちゃうよ、出ちゃうよ、出ちゃう~!」
大声を出して真理さんの口に思い切り出してしまった。


体がピクピク何度も痙攣し、その度に次々とチンコから何かが出て行く、それがものすごく気持ち良くて頭は真っ白になっていた。



しばらく放心状態で、気付くと真理さんの口から白いものが垂れていた。


俺のチンコから口を離した真理さんが、ゴクンと喉を鳴らして口の中のものを飲み込んだ。

「慎ちゃん、本当に初めてだったんだ。

慎ちゃんの最初の精子飲めて嬉しいわ」と真理さんが微笑みながら言った。



俺は、自分が白いものを出したのに気付き、それを飲んじゃった真理さんが信じられなくて「飲んじゃって大丈夫だったの?」と聞いた。



「これは精子、これが出るってことは慎ちゃんが大人になったってしるし、もういつでも慎ちゃんはパパになれるのよ。

でも本当の大人の男になるには、もっと気持ちいいことしなきゃならないの。

おばさんが今夜それを慎ちゃんに教えてあげるわね」

そう言って、まだ白いものが付いている俺のチンコをきれいに舐めてくれた。


舐められてるうちに、さっきまで少し大人しくなってたチンコがまたビンビンに勃起してしまった。


「あら、あら、一度じゃダメかしら、慎ちゃんのオチンチン本当に元気ね」
真理さんはそう言ってから、そこに仰向けに寝るようにと言った。



仰向けに寝た俺のチンコを、今度はかなり激しく扱き始めた。


時々唾をつけてグチュグチュ音をさせながら扱いてくれた。


しばらく扱かれてるうちに、またあの白いものが出そうになってきた。



「あ~、出ちゃうよ~出ちゃうよ~、出ちゃうぅ~!」
そう叫んで体をピクピク痙攣させると、真理さんに顔を起こされ、自分のチンコから勢いよく精子が飛び出るのを見せられた。



最初の1発目は胸に、次は顔に、あとは頭を越えて次々と飛び出し、最後は腹や臍の所に何発か飛び出した。


「慎ちゃん、ものすごい勢いで射精するんだね。

こんなに飛ぶ人って滅多にいないわよ。

慎ちゃんは何もかも凄すぎる」
真理さんがあきれたように言った。



2回出して、チンコもなんとか大人しくなった所で、競泳パンツを穿き直し、海岸に泳いで戻ってきた。


健斗が、長い時間ほっとかれてたんで少しブー垂れたけど、俺は、真理さんが教えてくれるという今夜のことでワクワクしていて健斗がなに言っても気にならなかった。



夜、部屋に布団を敷いて、真理さんが真ん中、俺と健斗が端に寝ることになった。


3人でおしゃべりしているうち、すぐに健斗が寝息を立てるようになった。


真理さんが、そっと俺の布団に入って来て、いきなりキスしてきた。



最初は唇を合わせるだけだったのに、だんだん口を開けて舌を絡ませるようなディープなキスになっていった。


それとともに俺は興奮してきて、チンコが勃起してきた。


「じゃあ、慎ちゃんを本当の大人の男にしてあげる」
そう言って真理さんが、仰向けに寝ている俺の浴衣の帯をほどき、俺の浴衣の前をはだけて、体を優しく撫で始めた。



俺は、浴衣の下にはビキニブリーフ1枚の格好で、勃起していたため亀頭がビキニの上からはみ出していた。


「慎ちゃんの大きなオチンチン、大人より立派なオチンチンで本当の大人の男になろうね」そう言いながら、俺の乳首を優しく舐め回し始めた。


同時に手は俺のビキニに伸びて、ビキニの上から勃起しているチンコを優しく撫で回した。


ビキニを脱がせると、昼間のようにチンコを咥え、口で優しく舐め回し、チンコだけじゃなく玉袋も口に含んだり舐め回したりしてくれた。


俺はあまりの気持ち良さに、横で健斗が寝ているのにもかかわらず喘ぎ声を上げ始めてしまった。



「じゃあ慎ちゃん、いくわよ」
真理さんが浴衣の帯をほどくと、下着も付けない素っ裸だった。


そのまま浴衣をはおったような格好で俺の上に乗ってきた。


俺の腰の所で跨いで「さあ、慎ちゃん、本当の大人の男になるのよ」
真理さんが俺のチンコを掴んでゆっくりと腰を落としてきた。



その瞬間、チンコがヌルっとした熱いものに包まれて、そのチンコを無数の手で扱かれてるようで、あまりの気持ち良さに「あ~~ん!」と女の子のような声を上げてしまった。


真理さんが腰を静かに上下させる、その度にチンコが揉みしだかれて、もう何が何だか分からないような気持ち良さだった。



「いいの?慎ちゃん、いいの?気持ちいいの?もっと気持ち良くなってね」
俺はただ必死に頷いて「気持ちいい~!」を連発していた。


昼間口でやられたのの数倍の気持ち良さで、もう爆発寸前になってきた。



「あ~ん、気持ちいい~、もう出ちゃうよ~!」と言うと
「いいよ、我慢しないでいっぱい出してね、おばさんも慎ちゃんの精子をおばさんの中に欲しいの」
気持ちいい、このまま思い切り出したい、それ以外何も考えられなかった。



「出るよ、おばさん、出ちゃうよ、あ~~、気持ちいい~!出ちゃう出ちゃう、出ちゃう~~!」
大きなヨガリ声を出して、思い切り射精していた。



おばさんが俺の上に倒れ込んで、優しくキスしてくれた。


「慎ちゃん、よかった?本当によかった?」って言うんで
「もう、すごく気持ち良かった、死んじゃうと思うくらい」と答えた。



「慎ちゃん、これで本当の大人の男になったんだよ。

6年生じゃ少し早いのかもしれないけど、立派なオチンチン持ってるんだし、今もおばさんをもの凄く気持ち良くしてくれたんだから、もう本当の大人の男だよ」
それを聞いてとても嬉しくなった。



「あんなに大きな声出しちゃったけど、健斗起きないね」と聞くと
「健斗には夕飯の時、こっそりと弱~い睡眠剤を飲ませておいたのよ。

だからどんなに声を上げても起きないから大丈夫よ」
それじゃあ、もっとやってても大丈夫なんだ!

一度射精したというのに俺のチンコは、真理さんのおまんこの中でまだビンビンに勃起したままだった。


俺は下から腰を突き上げた。


「慎ちゃん、まだまだ出来るのね、頑張ってね」って真理さんのおまんこも俺のチンコにますます刺激を与えてくれる。



騎乗位のままだったけど、今度はキスし合ったり、俺が真理さんのおっぱいを揉んだり、乳首を舐めたり軽く噛んだりし、真理さんは俺の乳首を優しくもんだり軽く噛んだりしてくれて、かなり長い時間繋がり合ってた。



俺の腰の上下の動きもかなり真理さんを満足させるようになってきたみたいで、真理さんの方が先に絶頂を訴えてきた。


「慎ちゃん、もうおばさんイッちゃう、慎ちゃんもイッて~、イッて~、お願い~~!」そう言われて、俺も
「出すよ~、出すよ~、いっぱい出すよ~、あ~~、あ~~、出る~~~!」
「慎ちゃん、イッて~、イッて~~、おばさんもイク~、イク~~、あ~~、イク~~!」二人同時にイって、倒れ込んだおばさんを抱きしめたまま余韻に浸っていた。
サンプル