kimamamh101300461
自虐好きだった中学生時代の私の話です。

こんにちは。


私、もう、心臓が口から飛び出しそうなほどドキドキしました。


恥ずかしかったけど、やはり告白してよかったです。


世の中には、私のような変な性癖の人間が居るっていうことだけでも、みなさんに知っていただければ嬉しいです。



中学になると自分の部屋ができたので、部屋でいろいろな自虐プレイをしました。


身の回りのいろいろな物を、あそこへ挿入しました。


当時まだ珍しかった24色のサインペンを友人から貰ったのですが、それを見ていたら、私の中に何本入るか試してみたくなってしまいました。


はじめは6、7本でつらくなったのですが、何度もしているうちにどんどん数が増えて、最高で15本くらい入りました。



当時、まだびんのコーラが売っていて、家に空き瓶がありました。


びんの途中のくびれているところまで入れました。


入れて何分そのままで耐えられるか、っていうプレイをよくしました。


2時間くらい入れたままでいたこともあります。



その頃はもう生理があったのですが、私はとても量が多いほうでした。


特に量が多い日には必ずこの挿入プレイをしました。


もう、あそこの周りは血まみれになって、それはすごい光景でした。



私の部屋は1階で、通りに面していたので、よく夜中に窓から外へ抜け出しました。


近所の公園でオナニーをするためです。


私には露出をする勇気はありません。


でも野外でオナニーすると、とても感じますよね。



私はいつも公園の木の茂みに隠れてオナニーしました。


もし誰かに見つかったら大変ですし、やはり男の人は恐いです。


だからもう、野外オナニーは中学生の私にとっては、ドキドキでした。


でも、しているうちにエスカレートして、服を脱いで裸でするようになりました。



夏は蚊や虫が多くてだめです。


それに人も多くて、いくら茂みの中に隠れていても近くに人が来ると恐くてだめでした。


それに比べて雨の日や冬の寒い日は、人に見つかる心配も少なくてオナニーに集中できるので好きでした。




雨の日に傘もささないで野外でオナニーをしました。


雨の日は裸より服を着たままのほうが感じるんです。


雨で服がずぶ濡れになります。


これがみじめで、とてもいいんです。


台風が来て大雨が降ると、いてもたってもいられなくなって公園へ行って全身ずぶ濡れオナニーで感じました。



近所の公園は、冬は木の葉が落ちてしまって茂みがなくなるので、困ります。


そこで私は、ほかの公園を求めて自宅の周辺を必死に探しました。


歩いて20分くらいのところに大きな公園があるのですが、そこには死角になるような場所がたくさんあって、私のプレイに最適でした。


この公園は、今でもよく自虐プレイに使っています。


ここが私の本拠地になりました。



この公園のおかげで、冬でも野外オナニーができるようになりました。


冬の野外オナニーをするようになって、私って本当に自虐魔ねって思いました。


季節がいい時の野外オナニーより、冬の寒い夜に裸になってオナニーをするほうが、寒くて、つらくて、感じてしまうからです。



冬の寒い雨の日には、もっと感じました。


下着姿でずぶ濡れになって震えながら、地面を這いつくばって何度も果てました。


裸より下着姿のほうがよかったです。


下着がずぶ濡れの泥だらけになって、とってもみじめな感じがするからです。


たいてい、パンツとキャミだけで足はミュールとかです。


あとスリップってご存知ですよね。


最近使わなくなりましたけど、私はこのプレイには今も良く使っています。



スリップはレースや花柄が付いていて可愛いし、薄くって下着のようでワンピのようで、とてもエッチな感じがします。


このスリップにパンツだけの姿で、ずぶ濡れの泥だらけになって寒さに震えながらオナニーをします。


この寒さに耐える自虐プレイがあまりにも好きで、もう自分で自分をコントロールできないくらいに感じてしまいます。


今でも一番好きなプレイです。


私が自虐プレイのとりこになった一番の原因です。



高校生になると、自虐はまた一層エスカレートしました。


でも、長くなりすぎますので、この続きは改めて書かせていただきます。



最後にちょっとだけ。


今でも真冬の野外自虐はしています。


相変わらず私の一番好きな自虐プレイです。



去年は夜に、パンツにミニスリップにミュールという姿になって、5時間も公園の林の中で震え続けました。


今は自虐プレイ中のオナニーは禁止にしていますので、ただただ5時間、寒さに苦しみ続けました。


身体は冷え切って、最後の1時間は意識がモウロウとして呼吸するのもやっとでした。



帰り道は、真夜中で誰にも会いませんでしたが、真っ直ぐに歩くこともできなくて、とても危なかったと思います。


頭痛と嘔吐で3日間、苦しみました。


でも、そんな思いをしても最高の充実感が得られますし、もっともっとしたいと思ってしまいます。


もう、本当に私っておかしいですよね。


こんな私をもらってくれるのは、健太君くらいでしょうか。
サンプル