40
男なら一度くらいあるだろう話。

朝目覚めると…そこには全裸の俺がいた!

「ここはどこだ?」

「…」

「記憶にない!!」

横を振り返ると…見知らぬ女がいる。


「あっ!!その時だ!!!」

「俺は昨夜の出来事を思い出した!」

「ある女と会い夕食を共にした!」

その後…その子の家で二人で飲んでたところまでは思い出した!


だが…

そこからの記憶がない。


とりあえず、全裸ということは…

やってしまったのだろうか?

女を見る限り…

上着は着ていないようだ。


とりあえず…タバコを吸おう!

「口の中が酒臭い。






タバコの匂いに気づいたのか…

女が目を覚ました!!

女「おはよう」

俺「おはよう…。


なんだこいつ!?誰だ!?!?!?

昨日、一緒に夕食を共にした女とは別人のようだ!!

そこで俺は気づいた!

「あっ!化粧か!?」

女は化粧で化けることのできる生き物だ!

女は立ち上がり…トイレに向かう…

「やっぱり全裸だ!!」

っが!!しかし!!俺は気づいた!!

茂みがない!!

「あの子はもしかすると…パイパ○!?

そんな、言葉が頭をよぎる!!

もしかして…初パ○パンとの遭遇に…

「記憶喪失!?」

あぁぁぁぁぁァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

俺は絶句した!!

夢にまでみたパイパンとの初セックスの記憶がない!?

いてもたってもいられなくなり…

もう一度プレイに持ち込むことを考えた!!

っとその前にトイレ…

女が戻ると同時にトイレに向かう!

尿を行うために握った右手の感覚に違和感を感じたのが…そのときだ!!

右手の方に目をやると…

パリッパリのコンドームがしっかりチ○ポにかぶさってやがる!!

そう!!

この時気づいたときにはもう遅く…

コンドーム内に大量の尿を発射していたのだ。


冷静になった俺は…タプタプのコンドームをチ○コから取り外し…

トイレに流した!!

そして、部屋に戻ると…一目散にシャワーを借りた!!

チン毛の辺りがパッリパリになっていて…

若干痒かったからだ!!

お風呂場に入ると俺はまたもや…絶句した!!

排水溝にチン毛らしき物体が溢れていたのだ!!

ここで…すべてを思い出した!!

お店で飲んだ後…女の家に向かった。


そこで…酔った勢いで下ネタを言い合っているうちに…

あるゲームをしたのだ!!

負けたほうが下の毛を剃るという罰ゲーム付きで!!

そこで見事勝利!!

彼女の下の毛を剃ってやったというのが昨日の出来事だ!!(笑)

そんな事を思い出しながら部屋に戻ると…

二度寝中の女がいた!!

男ならあるだろう!!

睡眠中の女にいたずら…。


昨日剃ったばかりのツルツルのあそこを眺めながら…

前戯を開始する!!

途中女が目を覚ましたが…抵抗なし!!

そのまま、近くにおいてあったコンドームをもう一度装着させ、

一気に挿入した!!

女も声を上げ、自らリズムを刻みだだす!!

そのときだ!!

女「昨日の話覚えてる??」

俺…「えぇ!?!?!?!?」

俺「う、うん」

女「じゃあ私は彼女!?」


俺…「!?!?!?!?!?」

俺…「・・・・」

男なら一度はあるだろう…
サンプル