RS=^ADBiUV2IwM5Z2WRT1JYT3TrU7QdVGo-
プールで泳いでいると巨乳の女性に声をかけられて・・

暇に持て余してプールに通っている。


なぜってこともないけど高校時代水泳部に入っていたから少しは泳げる。


それに32歳にもなって独身で、正社員でなくパート勤めをしている。



そこで信じられないであいがあったのだ。


いつものように一泳ぎして、プールサイトに腰かけていると、そこへ、美人ではないがナイスボデイーの女性がやって来て声をかけてきた。



「なんどか泳いでいるのを見させていただいてたんですが、泳ぎを教えてもらいませんか?」
と・・・
真正面に立つ彼女は身長は1m60cm位だろうか?なによりも胸が大きく、白の薄地のワンピース水着のせいか、両方の乳首がぽつんと浮き出している。


それにかなりのハイレグであり、ちらりと見ると股の脇は明らかに剃り後がわかる。




お尻も大きく割れ目に食い込んでいる。

教えることを告げ、一緒にプールに入る。


身体を密着させると思わずペニスが大きくなってしまう。

身体に障るのは不自然でないのが嬉しい。



ビキニパンツの俺はペニスの先が飛び出るのではと心配する。


泳いで、服を着換え煙草を一服していると、短パンを穿いた彼女がやって来た。

連絡先を教えてくれと言ったので携帯番号を交換する。


お礼にコーヒーでもと言われ、暇な俺は喜んでOKした。



彼女は3歳の子持ちで朝幼稚園に送ると5時までは暇を持て余してここにくるようになったとのこと。

俺が独身を告げると
本当ですが?素敵な方なのにとお世辞を言って来た。



「いつもひとりでしているんですか?」
との問いに一瞬びっくりしたが、
「しかたないですよ。

俺彼女がいないから・・でも早く彼女がほしいです。

一人エッチばかりではつまらないから・・・」
と答えると、びっくりした顔を見せた。



どうしてだろうと思っていると、
「え?勘違いされたんですね。

私が云ったのは、いつもひとりでプールで泳いでいるんですか?」って尋ねたんですよ。

とクスリと笑った。



「でもあなたの秘密を知ってしまったのね。

私は。

でも恥ずかしがることはないですよ。

私は結婚してますけど、主人は自分の好きな遊びばかりして私はいつもほっておかれているんです。

ですから人妻でありながらきっと独身女性と同じ位一人エッチしているんですよ」
と。



しばらく目と目で無言で会話をしていた。


彼女は黙って自分が乗って来た車の方に行き俺を助手席に乗せて少し走ったところのホテルに入った。



入るや俺に抱きつき片手を俺の股間に伸ばし、揉み始めた。

あっというまに勃起した俺のペニスをズボンのファスナーを下ろし握って来た。



もう先走りの汁が出ている。

彼女は短パンを脱ぎ、セーターも一気に頭から脱ぎ捨てるとブラとパンテイーだけになって、俺の前にしゃがみ、片手でペニスを握り口に含んだ。



たまっていた精液は我慢できず、彼女の許しもなくどくどくと喉の奥に射精してしまった。


バツが悪く、目を除くと「今度は私を気持ちよくさせて」とパンテイーを脱ぎ棄てよつんばになった。



股間から陰毛がのぞき、ぱくりとわれたおまんこが見え隠れしている。


一気に挿入し、力のかぎりピストンした。


彼女の叫ぶような声を出して、
「いいわ、久しぶり、固いわ、奥にあたる。

中に出して・・・いっぱい・・・」と。


いうまでもなく絞り出すように出しはなった。
サンプル