a11122343001235

他の男とヤってる彼女、なんとも言えない気持ちを払拭するために・・・

彼女と会った。


いつもの駐車場で待ち合わせた。

彼女はいつもよりも早くやってきた。



「○○くん!」
彼女の笑顔はいつも通りだった。



「今日もお疲れ様、○○ちゃん。

」と彼女の髪を撫でた。

いつもと変わらない待ち合わせだ。



晩御飯を一緒に食べた。

話したこともいつもと変わらない。

仕事の話、共通の趣味の話、他愛のない話。

二人で笑った。


そのあとホテルにいくのもいつも通りだった。




ホテルの駐車場に車を止め、中に入る前に彼女を抱き締めた。

彼女も私を抱き締め、車の中でキスをした。


部屋に入り、風呂にお湯を張る間も彼女を抱き締めてキスをした。


髪にキスし、瞼にキスし、頬にキスし、唇にキスをした。


彼女の唇を開かせ、軽く下唇を噛む。

彼女の舌に私の舌を絡ませ、互いの唾液を舐めた。


ピチャピチャとキスを交わす音が部屋に響く。

彼女の服を脱がせ、ソファーで彼女のマンコを開かせる。

彼女は既に濡れている。



「シャワー浴びてないよ…」彼女は言う。



「うん、知ってる」私は彼女のマンコに舌を這わせる。

彼女の匂いがする。



「○○くんの、舐めたい」彼女は私の服を脱がし、パンツの上からチンチンを撫でる。



「シャワー浴びてないよ」私は言う。



「うん、知ってる」彼女は笑いながらフェラを始める。


口にチンチンをくわえ、唇で亀頭を締め付ける。

唇を締めながら竿を深くくわえていく。


ニュルニュルとした感覚がチンチンを伝う。

彼女のヨダレをチンチンが感じる。



彼女のマンコは既に開いている。

このまま無性に入れたくなった。



「生で入れるよ…」

「うん…」
彼女は私が中出ししないと信用している。

彼女をソファーから立たせ、壁を向かせる。



「お尻出して」

彼女は軽く足を開いてケツをつき出す。



「入れるよ…」

彼女のヌルヌルしたマンコはヌルリとチンチンを吸い込んだ。



「あぁ…ん」

彼女のマンコは気持ちいい。

彼女のマンコをチンチンで突き上げながら、彼女を後ろから抱き締める。


彼女の小さい胸を掴み、反対の手で陰毛から指を滑らせクリを弄る。



「…はぁん…はぁ、はぁ、…」

「キスしたい、顔をこっちに向けて」

彼女は顔を後ろに向ける。

上から覆い被せるように彼女とキスをする。



「…はぁん、はぁう…気持ちいいよぉ、○○くん…」

「○○ちゃんの汗の匂いがする」
私はマンコを突き上げながら言った。



「恥ずかしいよ…はぁん…○○くん…」

私はそのまま彼女を突き上げ続けた。

後ろから抱き締めている彼女の体は徐々に反り返り、膝から力が抜けていくのがわかる。



「…だめ…いく…」

彼女のマンコ汁は私の玉袋まで濡らし、彼女は壁に寄りかかるように私のチンチンでいった。



「もっとイカせる」
私は彼女の腰を掴み、そのまま後ろから彼女のマンコを犯した。



「…ああぁん!…ダメだよぉ…中、すごい気持ちいい…あっ!ダメ!出ちゃう!」
彼女の膝が崩れ、チンチンが彼女の噴いた潮を感じる。

太ももの内側にびちゃびちゃと伝うものを感じる。



「イッタの?」

「…はぁ、はぁ、…うん…いっちゃった…○○くん、気持ちいい?」

「うん、すごい気持ちいい…出したいの我慢してるよ…」

そのあと、彼女と一緒にシャワーを浴びた。

浴室で互いの体を洗い、彼女のマンコを手で犯した。


彼女はオシッコをもらした。

たったまま足を開き、「ダメ、また出ちゃう…」と言った途端、浴室の床にバチャバチャバチャ…と漏らした。


浴槽で彼女にフェラさせた。

ベッドでもいつもとかわりなく、彼女を愛した。

マンコから噴き、マンコに生のチンチンを捩じ込んだ。


「あぁ、出すよ…」彼女のマンコを犯しながら言った。


「うん…はぁん…いいよ…出して…お口にちょうだい…あぁあぁん!」いつもと同じように彼女の口に射精した。


彼女は口に出された精子を飲み込んだ。

精子を飲んでくれた彼女にキスをして、汗だくのまま彼女を抱き締める。





何の変わりもない二人のセックスだった。



シャワーを浴びて服を着ている彼女に言った「○○って男、知ってるよね?」

彼女は普通に答えた「うん、飲み屋で一緒になる人だよ。

どうしたの?」

「そいつが撮った動画を見た」

「…」
彼女は何も言わない。



「何を見たか…分かるよね」

「…」
彼女は黙っている。



「詳しくは聞かないけど…」
私はここまで言って言葉に詰まった。

彼女とは夫婦ではない、という関係が言葉を詰まらせる。





「ごめんね…」
彼女はそれだけ言った。



そのあと、彼女を抱き締めて、再びキスをした。


「○○くん、…嫌いにならないで…」
彼女が言ったその言葉以外、何を話したか覚えていない。



私は彼女を嫌いになっていない。

彼女の行動を「知った」とだけだ。



「好きだよ、○○ちゃん。



「うん、ありがとう…」

帰りの車の中で、助手席の彼女の手をずっと握っていた。



別れ際、彼女に言った「もっと○○ちゃんを知りたい」

「…うん、ありがとうね、あたし嬉しい…○○くんのこと、本当に好きだよ…」

そんな彼女の笑顔はいつもと一緒だった。
サンプル