a11122343000752
やはり出張先ではエッチな出会いがあるものですね。

僕、27歳会社員。


3つ上の先輩と、二人で初めて東京に出張した時の事です。


頼りない先輩で不安でしたが、何とかその日の打合せを無事に終わらせ、ビジネスホテルの近くに有った小料理屋で、食事がてらにお酒を飲む事にしました。


そこの大将に「福岡から来た」と伝えると、「自分は大分の人間だ」と教えてくれ、向かいの席に座った女性に、「福岡から来たんだって」と僕たちを紹介したのです。


すると、関心を持ったその女性、いろいろと話し掛けて来ました。


いかにも都会の人という感じで、何処かのアナウンサーの様な洗練された感のある女性。


年齢は僕より確実に上だと思いましたし、豊かな胸の膨らみが印象的でした。


聞くと、ここで友達と待ち合わせをしているとの事。



この後も飲みに行きたかったので、その女性に「何処がいいところ知りませんか?」と聞くと、近くの店を教えてくれたのですが、僕たち二人だけでは危ないと思った様です。


僕たちが居たのは新宿駅の東側で歌舞伎町の近く。


しばらくしてから、「とにかく行ってみますね」と言って、その小料理を出た僕と先輩。


先輩は酒に弱い人で、すでに顔を赤くしていましたし、ちょっとフラついている感じ。


それでも、東京の夜を楽しみたい様でした。


そんな先輩と歩きながら店を探しましたが、見つけることが出来ません。


先輩は「何処でもいいから入ろう」と言いましたが、頼りない先輩だし何となく不安な僕。


どうしようか迷っていると、「あ、居た!居た!」という声が。


振り向くと、さっきの女性が手を振っていたのです。


「危ないですよ!」と言って傍に寄って来た彼女・・・確か友達と待合わせしていたはずでは・・・。


聞くと、「急用で来れないと言うから、あなたたちを追いかけて来たの」との事。


「危ない店も有るから・・・」と心配していてくれた様です。


頼りない先輩と二人で不安でしたが、素敵なお姉さまが案内してくれると言うので、ホッとすると同時に一緒に居られて嬉しかったですね。


連れて行ってくれた店で、3人で飲みながら語らっていましたが、酒に弱い先輩はいつの間に寝てしまい、彼女と二人で話す事に。


二人とも身体を前にせり出していたので、結構近い距離で顔を見合わせながら話していました。


ちなみに、名前は小夜子さんといい、年齢は31歳だそうです。


話しながら、(綺麗な目だな~)と思いましたし、(キスしたいな~)とも思った僕。


すると、目を覚ました先輩が、「ん? 何処だここは?・・・あ~目が回る~~・・・おい、もう帰るぞ!」と言い出したのです。


(せっかくいい感じなのに~)と困惑した僕・・・「もうちょっと居ましょうよ~先輩!」と伝えましたが、先輩は「いいや、もういい! ほらっ帰るぞ!」と言って立ち上がりました。


しかし、足元がフラつき、また座り込んでしまいました。


仕方がないので、「すみません、先輩をホテルまで送って行くので、ここで待っていて貰えませんか?」と、小夜子さんにお願いした僕。


すると、「じゃあ、私も一緒に行くわ!」と小夜子さん。


それで、先輩に手を貸しながら3人でホテルへ戻る事に。


ホテルの前まで来ると、「ここで待っていて下さい」と言って先輩を部屋まで連れて行き、ベッドに寝かせてから小夜子さんの元へ。


「先輩、大丈夫?」
「大丈夫ですよ、酒飲むといつもあんな感じですから」

そう言ってから歩き出した二人・・・今度はワインが美味しい店に連れて行ってくれました。


そこでも向い合って座り、恋人同士の様な時間を過ごしましたが、小夜子さんにはちゃんとした彼氏が居たのです。


もう三年も付き合ってるとの事。


それを聞いて僕も正直に「彼女が居る」と伝えました。


すると、「そうだよね~あなたなら彼女さんが居ないはず無いもの・・・」と言ったので、「でも今夜だけは忘れてもいいでしょう?」と僕。



すると、ニコっとしながら何度も首を縦に振っていました。


それからしばらくして店を出て、ホテルの方へ歩き出した二人。


自然と小夜子さんが腕を組んで来ました。


(彼氏さんに悪いな~)と思いながらも、気分は良かったですね。


ホテルの前に着き、「今日はどうもありがとうございました」とお礼を言いましたが別れたくない感じ。


小夜子さんの方も、「私の方こそ楽しかったです」と言ったのに、こっちを見つめて来て歩き出そうとしません。


それで、彼女の腕を掴んで引き寄せた僕・・・いきなりですが唇を重ねたのです。


小夜子さんはちょっとビックリした様ですが、そのまま受け入れてくれ、しばらく唇を重ねたままでいてくれました。


本当は、ここで別れるのが大人の対応かもしれませんが、小夜子さんの大きな胸に顔を埋めてみたくなった僕は、唇を離すと「部屋、来る?」と誘ったのです。


すると小夜子さんは、僕を見つめたままコクンと頷いてくれました。


それで、ホテルの従業員に気付かれない様にして部屋に入った二人。


抱き合ってからまたキスしました。


何度も唇を合わせ、小夜子さんが入れ込んで来た舌を吸うと、生温かい舌の感触と息の匂いでチンポはズボンの中で固くなりました。


それから、お互いに着ていた服を脱がし合い、裸になってからベッドの中へ。


抱き付きついてから乳房を揉むと、小夜子さんはその瞬間に「ああっ!」と言って悶えました。


かなり感じ易い身体の様ですし、乳房は僕の予想を超えた大きさで、突きたての餅の様に柔らかかったですね。


少し汗をかいていたので、手にくっ付く様な感じでもありました。


「凄いな~」と言ってずっと触っていると、「そんなに珍しい?」と小夜子さん。


コクンと頷くと、「可愛い!」と言って身体を起し、小夜子さんが上になりました。


そして、勃起しているチンポを握ると、摩りながら乳首を舐めたのです。


思わず「あっ!」と声を上げてしまった僕・・・ニヤリとした小夜子さんは、乳首からお腹の方へ唇を這わせて行きましたが、垂れ下がっている乳房が圧巻でした。


股間に辿り着くと、チンポにキスしてからそのままフェラへ。


亀頭を舌でペロペロしてからパクっと咥え、顔を上下に動かして本格的にフェラしてくれました。


31歳で彼氏もいるとなると、さすがに経験豊富なんでしょうね・・・唇や舌の使い方が絶妙で凄く気持ち良かったですよ。


時折、唾を垂らしてから手でシゴき、裏返してから玉袋にも吸い付いてくれました。


フェラのお礼という訳ではありませんが、クンニしてあげようと思って身体を起した僕。


小夜子さんを仰向けに寝かせ、足を広げてから股間を覗き込みました。


そこには、縦長でパックリと割れたアケビの様なマンコが息づいていて、濡れて光り輝いています。


大きめなクリトリスに触れると、「はあ~~っ!」と言って身体を震わせ、クンニすると、「あ~いい~~っ・・・あ~~~」と声を上げて嬉しそう。


それで、頭を上げクリトリスを摩りながら顔を覗き込むと、「ねえ・・・おチンチン欲しくなっちゃった!」と催促が。


「コンドーム無いけどいいですか?」
「いいけど、中には出さないでね!」

という事で、生のままで小夜子さんのマンコに挿入です。


チンポを近くまで持って行くと、小夜子さんが握って膣穴に導いてくれました。


そこで押し込むと、スルリとマンコに呑み込まれたチンポ。


その瞬間、「あっ凄い!」と声を上げ、腰を動かして出し入れすると、「あ~いい! 気持ちいい~~は~~ん」と言ってよがりました。


激しく揺れ動く乳房が壮観でしたし、喘いでいる顔も見応えが有り、それらを見ているだけで発射出来そうな感じ。


でも、それを我慢してバックへ移行。


小夜子さんを四つん這いにさせると、後ろから入れ込み直して大きなお尻に股間を打ち突けました。


この体位では、ホルスタインの様な乳房が揺れ動くのを見れないのが残念なところ。


でも、手を伸ばせば、ズッシリとした乳房の重みを両手で感じる事が出来ましたし、何と言って大きなお尻の張り具合は最高でした。


最後はまた正常位に戻し、キスしたりお互いに名前を呼びあったりしている内に射精感を覚えたので、抜き取ってからお腹の上に発射しました。


こうして、僕と小夜子さんの一夜限りのアバンチュールは終わりました。


これから先も、たまに東京に出張する事は有ると思いますが、その時に連絡しようかどうしようか迷っています。


小夜子さんは、付き合い始めてから三年も経っているのに、結婚について何も言わない彼に不信感が有るみたいです。


それなのに、僕が連絡したら別れてしまうかも・・・。


僕の方も、今の彼女に対して満足していない所があるし・・・。


とにかく、小夜子さんのあの身体は魅力的過ぎるのです。
サンプル