0239

淫乱小学校教師の話です。

慶子は27歳でバスト95の小学校教師、小さい男の子が大好きなのでこの仕事をしている

今日も5年生のおとなしいA君を屋上に呼び出し、Hなことを・・・

「先生、用って何ですか?」


「あなた最近成績が落ちてるわね、きっといやらしい事を考えてるからでしょ」


「そ、そんなこと・・・」


「じゃあ先生がA君がHかどうか試してあげる」


そう言うと慶子はスカートを脱ぎ、ブラウスと下着だけになった
「どお、Hじゃないなら先生のパンツを見ても、オチンチンが固くならないはずよ」


A君の視線は慶子の履いている白のパンツに釘付けであった
パンツの上から、うっすらと卑らしい茂みが透けてみえる
「A君、もしかして硬くなっちゃったの?」


「ちっ、ちがいます!」


「そうかしら、それならパンツを脱いで、証拠を見せてごらんなさい」


そう言うと慶子は、A君のズボンを脱がしにかかった
「やめてください!」


「あら、オチンチンを硬くしてるから見せられないのね」


「そうじゃないけど・・・・」


「じゃあおとなしく見せなさい!」


慶子が語気を荒げて言うとA君は泣きそうになった
慶子はA君のブリーフに手をかける、慶子は興奮のあまり舌なめずりをした
「あれ?A君パンツに何か引っかかって脱がせられないよ、あ~、A君やっぱりオチンチンを硬くしてる
これに引っかかってたんだ!A君のH!」
A君のオチンチンはピンッ!と硬くなり、上を向いていた
「こんなに硬くするなんて、A君お家でこんな事してるんでしょ」
慶子はやさしく、ゆっくりとA君のオチンチンを擦りはじめた
「いやだ・・・・やめて・・・そんなことしてない・・・」


「じゃあ、こういうことをしてるのね」


慶子はA君の袋を撫で回し、玉をユサユサともてあそんだ
「そんなことも・・・してない・・・」


「どうしたの、声が震えてるよ」


A君は興奮のあまり体が震えだした、でも自分がHだという事がばれないように、必死で我慢していた
「わかった、A君、こういう事がしたかったんでしょ」
慶子はA君の顔を、自分のおっぱいに近づけた
「!?」


A君はその時初めて慶子がノーブラだという事を知った
白のブラウス越しに、ピンクのHな出っ張りが見えた
むぎゅ!っと顔が押し付けられ、あまりの柔らかさとボリュームにA君は圧倒された
それに慶子はおっぱいを動かし、顔に擦り付けてくる
「あれ?A君のオチンチンの先から、ヌルヌルが出てるよ、これってHな気分になると出るんだよね?
先生はちゃんと知ってるんだから、女の人のおっぱいを見てHな気分になるなんてA君って超スケベ!」


「違うよぉ・・・僕はHじゃないもん・・・」


「じゃあ今すぐオチンチンを小さくしてみなさい!!」
A君は目をつぶり必死にほかの事を考えた、でも顔に当てられるおっぱいの感触と
オチンチンを弄ぶ慶子の手の感触からは逃れられなかった
「A君、おつゆがどんどん溢れてくるよ、A君はいやらしいなぁ」
慶子はA君の口のところに、乳首を持っていくと、口に含ませるように押し付けた
A君は息ができなくなり、もごもごと口を動かしていると、慶子の乳首が口に入ってしまった
まじめでおとなしいA君ではあったが、「このまま吸い付きたい!」

という考えが頭をよぎった

「きゃぁ!A君が先生のおっぱい舐めた!!変態!ドスケベ!!超エッチぃ!!!
さあ、僕はHですって白状しなさい!!先生のおっぱいをモミモミしたいって言ってみなさい!!」
さすがのA君も限界に達していた
「先生!おっぱいをモミモミさせてください!!!僕はHだから、モミモミしたいんです!!」
A君は両手でおっぱいをつかむと激しく揉みしだいた
そしてその先端のピンクの乳首に音を立てて吸い付いた!!
「あん、いやぁ、A君に犯されちゃうぅ!」
A君は頬がへこむほど激しく乳首を吸っていた
そしてもう片方のおっぱいをゆすり、モミモミしていた
「あぁ、A君お願いだから乳首をつまんでクリクリするのだけは止めて、先生感じちゃうから」
慶子は自分のして欲しい事を嫌がっているように見せかけて要求しているのだった
A君はその言葉を聞くと、乳首から口を放し親指と人差し指で乳首をつまんでクリクリを始めた
「いやん、うん、感じちゃう、感じて死にそう!」
小指の先ほどもある慶子の乳首が、そのグミキャンディーの様な卑らしい弾力で
A君を虜にしていた
「先生・・・オチンチンから出る、出ちゃうよ!」
慶子はヌチャヌチャと卑らしい音をさせながら、激しくオチンチンをこすった
「でる!でる!あぁ!」


慶子はその瞬間オチンチンを口に含んだ
お口の中にくりーむ色の粘液がほとばしる
慶子はその淫らな味を味わうと、ゆっくりと飲み干した
「A君たら、先生のおっぱいにいたずらしながら射精するなんてなんて卑らしいの!
罰として、放課後毎日ここに来なさい、先生がお仕置きしてあげます」
慶子は27歳でバスト95の小学校教師、小さい男の子が大好きなのでこの仕事をしている

慶子に目を付けられたA君は今日も屋上で、Hな事を・・・

慶子の勤める小学校の屋上、そこで少年の股間に顔を埋めている一人の女教師がいる
慶子である
「あうぅぅ、せんせぇ・・・やめて・・・」
「あら、ほんとはもっとして欲しいんでしょ、オチンチンはそう言ってるよ」
慶子は少年のオチンチンを再び口に含むと、舌でねっとりとした愛撫を再開した
先を尖らせた舌を、尿道口に差し込み、小刻みに揺らす
竿の根元は、唇でキュッと締め付けている
少年の幼いオチンチンは慶子にとって、ただのおもちゃに過ぎなかった
「あっ、だめ・・・」


少年の声が震える、絶頂が近い事を悟った慶子は口を放す
(まだまだイかせないわ・・・)
「どうしたの、また射精したくなっちゃったの、いやらしいわね」
いやらしいと言われるたびに、A君は涙をこらえる
まじめな彼にとって、その言葉は一番つらいものであった
「先生、僕はスケベじゃないんです、この前は違うんです・・・」
「何言ってるの!先生のおっぱいを揉みながら、イッちゃったくせに!!」
「だから、あれは・・・」


A君は泣き出してしまった
(うふふ、泣き顔がたまらなく可愛いわ・・・)
「先生の乳首をしゃぶりながら、僕はスケベです、って言ったじゃない!!」
慶子はオチンチンを手にとり
「そして、この先からいやらしい精子をピュッ!ピュッ!出しちゃったのよ、
これがスケベじゃなくて何なの?」
「ちがうよ・・・ちがうもん・・・」


「じゃあ、もう一度だけチャンスをあげるわ、これから先生がオチンチンにいたずらするわ、
でも、Hじゃないなら、精子なんて出したくならないわよね?
最後まで我慢できたら、もうHだなんて言わないであげる」


「・・わかりました・・・」


「じゃあその前に、おっぱいを揉んでもらおうかしら、まじめな子なら何でも無いはずよ」
慶子は、そう言うと、ブラウスの前をはだけ、やわらかな巨乳をあらわにした
A君はゆっくりと手を伸ばし、おっぱいに軽く触れた
そして、優しく撫でまわす
「何やってるの、もっと激しく触りなさい!!」
慶子はA君の手を取り、自分のおっぱいをユサユサと揺らしはじめた
たわわな慶子のおっぱいがA君の手の中で踊る
柔らかく、しかも弾力があるため、少しA君が手を揺らすだけで
プルンプルンと音を立てんばかりに揺れた
「さあ、今度は乳首よ・・・・クリクリしてごらんなさい」
A君は言われるがままに指先で乳首をつまんだ
まだ柔らかい、がしかしA君がクリクリをはじめるや否や
見る見るうちに勃起していった、A君ははっきりとその変化を指先で感じていた
「あん!触りかたがいやらしいわ・・・先生には解るのよ・・・A君がHだってこと・・・」
慶子はA君の耳元に熱い息を吹きかけながらそういった
「ち、違うよ・・・、そんなこと・・・」
「じゃあ、絶対射精しちゃだめよ、いい?」
慶子はA君の前にひざまずくと、バックからローションを取り出し、自分のおっぱいに塗りはじめた
「先生、何を・・・あぁ!!」
A君の未熟なオチンチンはすっぽりと慶子のおっぱいに包まれてしまった
「ほら、おっぱいの間に挟んじゃったよ、それにヌルヌルして気持ちいいでしょ?
ローションっていうのよ・・・・」
慶子はおっぱいを左右からギュッ!と押し、オチンチンを締め付けた
そしてその手を上下にゆっくりと動かしはじめた
柔らかなおっぱいに竿は締め付けられ亀頭もローションでグチュグチゅにいじめられる
「あれ、さっきより硬くなっちゃったわよ、おかしいなぁ、まじめな子はこんなにならないよ・・・」
慶子は上目使いで、A君の顔を見た
A君は顔を真っ赤にし、歯を食いしばって快感をこらえていた
(なんて可愛いのかしら!!我慢しちゃって・・・・)
「先生のおっぱい柔らかいでしょ・・・・どうしたの、息が荒いよ・・・気持ちいいのかなぁ?」
「せんせぇ・・・僕はHなんかじゃ、H何かじゃない!!」
「何言ってるの、こんなに硬くして!さあ、早く出しちゃいなさい!!
先生のおっぱいにピュッ!って!!!」


慶子は手だけでなく、体全体を上下にゆすりださした
A君のオチンチン全体に激しい刺激が伝わる
A君のからだ全体が震えだした
「さあ!ドスケベA君、先生のおっぱいに、出して、早く!!!」
A君は限界だった、オチンチンが大きさを増した瞬間
慶子は体を下げ、オチンチン先っぽを上から出した
未熟な亀頭から、熱く、白い粘液が一気に放出され
慶子の顔を汚す

「あーぁ、出しちゃった、これでA君がスケベで、変態だって事が証明されたわね」


A君は黙っていた、射精した自分が悪いんだ、A君は敏感すぎる自分のオチンチンを呪った

「こんないやらしい生徒が学校に居ると困るな、そうだ、先生がA君のスケベを直してあげる!
明日から、放課後先生のうちに来なさい、たっぷり時間をかけて直してあげるわ・・・・」
サンプル