kimamamh00211000321

ギャルママとの援セックス。

掲示板でなんだけど、人妻、それも22歳のギャルママに会えた。


若いのに子供がいるばかりか、子供を連れて現れた。


そのギャルママ、マナミちゃんっていうんだが、茶髪だけど化粧がケバいわけではなく、おちょぼ口の綺麗系の可愛い人だった。


「赤ちゃんいるけど大丈夫ですか?エッチしてる間、3時間は寝てるから。

午後1時頃からでお願いします。

ほんとお金が必要なんです」

って返信貰ったのが始まり。



子連れ!?ってのに気が向かないんでそのままにしてたら、再度メールが来た。


「別イチでいいし、生でも構いませんから、お願い!」

こりゃ好条件、と思って返信。


「アド教えてよ。

こっちも確実だから」

するとすぐにアド付きで返信がきた。


待ち合わせのマクド前の駐車場に着いて、車種とナンバーを言うと、細身なのに胸のでかい赤ちゃんを抱いた女が近づいてきた。


ま「こんにちは、○○さん?マナミです」

俺「(乳でけー!)さあ早く乗りなよ」

ま「ごめんなさい(汗)子連れで。

誰も見てくれる人いなくて…この子、おっぱい飲んだらすぐ寝るから」

マナミちゃんのおっぱいを見るとパンパンだった。


近くのホテルの部屋に入ると、すぐにマナミちゃんはソファーに座ってポロンとおっぱいを露出し、赤ちゃんに授乳させた。


赤ちゃん、めっちゃおっぱい飲んどる(笑)

しばらくしたらお腹がいっぱいになったのか、赤さんはスヤスヤと寝息を立ててお休みになられた。


マナミちゃんは慣れた手つきでソファーの上に持参のタオルケットを敷き、そこに赤さんを寝かせる。


ま「ごめんね。

お待たせ。

シャワー行きます?」

詳しい援交の話は野暮と、そのまま浴びた。


産後の体とは思えないスラっとした白い肢体は俺を欲情させた。


体はシュッとしてるのに、パンパンのおっぱいがアンバランスな存在感を放っていた。


この時点で、俺はギャルママっつーか、授乳期ママにハマりそうだった。


バスルームで洗いっこをしながら全身を堪能させてもらった。


ベッドに移って、細い体を抱き寄せる。


可愛い口を吸いながら、手を乳房から下げていき股間へと進ませると既にトロトロになっている。


ハァハァと切なそうな吐息からマナミちゃんが感じてくれているのが分かる。


その耳元に口を寄せて囁く。


俺「マナミちゃん、ナマで入れるよ」

ま「うん、いいですよぉ…あ、ん、でも中でイかないでくださいね…」

俺はマナミちゃんの肩に手を回し、体が上に逃げないようにロックすると、ガンガン突いた。


ま「んああああぁ気持ちいいぃいいい」

突き上げる俺の動きに連動して、マナミちゃんの声のトーンも絶叫に近くなっていく。


遠慮なく腰を振ってナマ挿入を満喫していた俺に限界が近づいてきた。


俺「マナミちゃん!もう!出そうっ!くっ!」

ま「ぁ!ダメっ!外に出してぇぇえ!」

その声を聞くか聞かないかでドピドピと射精が始まる。


半分くらいは膣内に出してしまったが、残りの精子はマナミちゃんのリクエストに応えてチンポを抜き、ヘソ辺りに出した。


ま「…?、ぇ、中でイかなかったよね??…何かすごくヌルヌルするんですけど…」

マンコを拭いたティッシュを見ながらマナミちゃんが尋ねてくる。



俺はとぼけて

「外出ししてたじゃーん」

と答える。


赤ちゃんは何事も無かったかのように眠っている。


子供の事に話題を振ると、マナミちゃんがポツポツと話し始めた。


マナミちゃんの乳首を摘んで滲み出る母乳を舐めながら聞いてやった。


ま「…援なんて、学生時代に少しだけしてたけど、結婚してからはしてなかったんです。

でも今月はどうしてもピンチで…思わず掲示板に書き込んじゃった」

俺「(チューチュー)そうなんだ。

たまになら俺が助けてあげてもいいよ。

彼女はいるけど」

ま「ほんとですか!助かります。

子連れだと相手を見つけるのがなかなか難しくて…。

あ、もう一度します?」

俺「(ぺろぺろ)おう、子供が起きないうちに早目にしよか」


という事で2回戦に突入。


部屋に大きな鏡があったから、そこに映しながらバックでしたくなった。


マナミちゃんを鏡に向かせて、ワンワンスタイルにし、尻たぶを掴んで俺のチンポを挿す。


ま「あぁぁあああ、めっちゃ奥に入るぅ。

ううっうぅぅぅ…」

マナミちゃんはバックがお好きなようだ。


俺がピストンを止めても、自分で腰を揺すって、ヌチャヌチャさせながら前後に動き、根元まで咥え込もうとする。


愛液の量が半端なくて、マンコもチンポもびしゃびしゃになっている。


鏡を見れば、恍惚とした表情のマナミちゃん。


その逝き顔を見ながら、俺は思いっきり突き上げた。


それがスイッチであるかのように、マナミちゃんは快感に絶叫をあげる。


そのまま射精したい気持ちもあったが、俺は女の体に密着するのが好きなので体位を変える事にした。


ズルリとチンポを引き抜くと、それに合わせてまたマナミちゃんが声を上げる。


マナミちゃんの腰を押して仰向けに転がし、その脚の間に入る。


挿入でもまたよがり声を上げるマナミちゃんの腰を両手で掴むと、ぐっと持ち上げてチンポを一気に奥まで突き刺した。


細身で軽いから、さながら人間オナホのように扱ってやった。


完全に腰が浮いた状態のマナミちゃんに、俺のチンポが高速で出入りする。


ミルクの詰まったおっぱいが、マナミちゃんの体の上下に合わせてブルブルと揺れていた。


俺にがっちり腰を掴まれているから、マナミちゃんに逃げ場はない。


射精感が込み上げてくるのに任せて最奥まで突き入れると、子宮口の感触を先端に感じつつ射精してやった。


ドクドクドクと精液が尿道口を通ってマナミちゃんの胎内に注ぎ込まれていく。


めちゃくちゃ気持ち良い!!

イキながらもグイグイとチンポを押し付けるように動かしていたので、マナミちゃんは俺の射精に気付いていない。


てゆーか、マナミちゃんもイキっぱなし状態でそれどころではない様子。


射精の波が収まっても、なおも子宮口を突いて、最後の一滴まで絞り出した。


その後、適当にイク演技をして、チンポを抜き、ティッシュで誤魔化した。


その後、お互い息を整えつつ、エッチの感想を言い合ったりした。


俺とのエッチはめっちゃ気持ち良かったらしい。


マナミちゃん曰く、

「2回目のエッチの時、モノのように振り回されたのが初めてで、なんか興奮した」

と。


帰りがけ、約束の円をあげて別れた。


来週も援1でマナミと会う事になっている。


何度かエッチしたら、タダでやらせてもらえるように交渉してやろうと思う。
サンプル