0327
私は、小学生に体を見られて興奮してるイケナイボランティアなんです。


土日で行ってきた、夏のボランティアでのことを報告します。



私は去年から、児童館の夏の1泊キャンプのボランティアに参加してます。


小学1年生から6年生までの子どもたちが参加します。


今年のボランティアは私も入れて女4人でした。


私だけが今年で2回目で、あとの3人は、今回が初めての人たちでした。


私も含めて、ボランティアはみんな学生です。



簡単に言うと、子どもたちの遊び相手と面倒をみることを兼ねたような存在です。


子どもたちのうち、低学年の1~2年生が4人参加していますので、ボランティアは全体のお世話+それぞれひとりずつ低学年生の担当になりました。


園長先生に言われて、誰が誰を担当するかは、経験者の私が決めて、割り振ることになりました。


私は、低学年生4人のうち、唯一の男の子で、1年生のA君を担当することにしました。



こんな場なので正直に書きますけど、私は、このところの体験で、裸を見られることの興奮にすっかり味をしめてしまいました。


最近はずっと、前に投稿したような体験のことを思い出したり、そんなことばかり考えていましたし、チャンスを探していました。


私は去年の経験を元に、下心があってA君を選んだのです。


ボランティアは、担当の子どものお風呂も面倒をみてあげなければなりません。


お風呂は、もちろん男女別に分かれて入ります。


私は、去年も男の子を担当したのですが、女である私も、服を着たまま男風呂に行くことになります。



まわりで他の男の子たちもお風呂に入っている状況で、自分はTシャツ、短パン姿で担当の子の面倒を見てあげることになるのです。


私はそれを知っていたので男の子のA君を選びました。


私は、そのときになったら、Tシャツと短パンの下はNB・NPになってA君のお風呂の面倒をみるつもりでした。


途中、わざと間違ってお湯をかぶってしまって、Tシャツはおっぱいスケスケ、短パンは肌にペットリ・・・、男の子たちに見られて恥ずかしいー・・・、みたいなシナリオを思い描いていました。



当日はお天気にも恵まれ、楽しいキャンプになりました。


私は全員の子どもたちと仲良くなれるように心がけて、結果、すっかりみんなと打ち解けました。


夕食後の花火遊びも終わり、全員で宿泊施設に戻ります。


いよいよここから子どもたちはお風呂タイムになります。


私は女風呂に向かう他のボランティアの子たちと別れ、A君を連れて男風呂に行きました。


宿泊施設は貸切状態です。


そして保護者代表で来ている男の人や、児童館の男の先生は、子どもたちが寝てからのもっと夜遅くの時間にお風呂に入ることになっています。


実際のところ、今、男風呂に入っているのは、今回キャンプで来ている男の子たち7~8人だけなのです。


私、もうずーっとこの瞬間を待っていました。


脱衣所に入った私は、A君の服を脱がしてあげて裸にしました。


そして、NB・NPになるために、とりあえず私もその場で全裸になりました。


次に、素肌にTシャツと短パンをはくのですが・・・
お風呂場への戸の向こうから、男の子たちのはしゃぐ声が聞こえてきます。


もし今この瞬間、彼らのうち誰かが、この脱衣所に戻って来て、この戸を開けたら・・・
まっ裸で立つ私の姿をモロに見られてしまいます。


ちょっと興奮しました。


今、戸を開けられたら・・・
私、ぜんぶ見られちゃう・・・
かなりキワドイこの状況に、考えただけで興奮して、どきどきしました。


A君は、そんな私を不思議そうな目で見ています。


ちなみに、A君は私の裸なんかぜんぜん興味ないみたいです。


A君にしてみれば、大学生の私の裸なんか、きっとお母さんを見るのと同じ感覚なのでしょう。


でも、中の男の子たちはもっと年が上の子たちです。


私は、勢いで、全裸のこのままで、中に入っちゃおうかなんて思いました。


濡れたTシャツにチクビすけすけどころの話ではありません。


考えれば考えるほど興奮してきます。


いや、でもさすがにそれは・・・
いくらなんでもムリだと思いつつ、
でも、お風呂に入るのに裸は当たり前だし・・・
そんな都合のいい言い訳を、自分に言い聞かせてみます。


でも、でも・・・
迷っているうちに、だんだん我慢できなくなってきました。


この気持ちの勢いのまま、やっちゃおう・・・
覚悟を決めました。


まっ裸のまま、A君の手をつなぎ、もう片方の手を戸に伸ばします。


でも、いざとなると緊張でそれ以上なかなか前へ進めません。


相手が子どもとは言え、モロに裸を見られることになります。


心臓がバクバクでした。


私は死ぬほど緊張してました。


自分の部屋で作業のおじさんに覗かれたときや、バスタオル1枚でピザ屋さんを出迎えたときなんかより、ハンパじゃない緊張感でした。


こんなに緊張したのは初めてです。


胃がむかついて気持ち悪くなる感じでした。


私にとっては、一生に1回の、最初で最後の大胆な挑戦です。


私は、お風呂場への戸を開けました。


まっ裸のまま、何も隠さないで、ドキドキしながら中に入りました。


中でギャーギャー騒いでいた男の子たちが、一瞬にして怖いくらいに静まり返りました。


私は、緊張感で、自分ののどがゴクゴクするのがわかりました。


子どもたちに目を向けると、みんな100%私のほうを注目しています。


うわー、見てるー・・・
私は思いっきり全裸です。


みんなが裸の私を見ています。


うわうわー、超見られてる・・・
心臓のバクバクがハンパなレベルではありません。


その場にへたりこんでしまいそうな気持ちでした。


でも私は、頑張って、おっぱいもオシリも隠さずに堂々と振舞いました。


恥ずかしさを感じる余裕がありませんでした。


どちらかと言うと、恥ずかしさよりも、緊張でどうにかなってしまいそうでした。


今にも腰が抜けちゃいそうな感じでした。


A君の手を引いて歩きながら、ひざがカックカックしてました。


私はA君を連れて、なんとか洗い場の前に行きます。


A君をイスに座らせて、私は、その横でひざ立ち状態になります。


イヤというぐらいにみんなの視線を感じていました。


あーん、すごい見られてるー・・・
緊張で、内心かなり泣きそうになりながら、A君を洗ってあげます。


6年生の男の子だって何人かいるのに・・・
やばーい、それなのにまっぱな私・・・
もちろん私は、表面上は当たり前に普通を装いながら、仕事を続けました。


大人が、一人でお風呂できないチビっ子の面倒を見ているにすぎません。


必死な気持ちで、そういう当たり前のことをしているという態度をとりました。


さっきまでいっしょに楽しく遊んでいた子どもたちが、近づいてきては、私に話しかけてきます。


やー、この子、思いっきりおっぱい見てるー・・・
見られて興奮とか、そんな余裕はなく、私はもう泣きそうな気分です。


それでも、一生懸命、さっきいっしょに遊んだときと同じ楽しいお姉さんを演じながら会話します。


本当は、見つめられてるおっぱいを手で隠したいし、吐いちゃいそうなほど緊張しているのですが・・・
次から次へと男の子たちが近づいてきて、A君の髪を流してあげている、まっ裸の私を見下ろします。


そして、私の年とか、普段は何をしてる人なのかとか、興味深げに聞いてきます。


幼いかんじの子ならともかく、わりと上級生の子が来たりすると、内心びくびくものです。


遠慮のない目で、私の体を見ていきます。


やーん、私のチクビ、超見てるー・・・
貧血をおこしそうなくらいの緊張感と戦います。


3年生ぐらいの茶目っ気たっぷりな男の子が近寄ってきました。


さっき花火したときにも、いっぱい話した子です。


男の子は、私の背後にしゃがみ、ひざ立ちしている私のオシリをガン見しています。


ひえー・・・
オシリの穴が見えちゃってるんじゃないかと気が気ではありません。


脚を開いているわけではないので、あそことかは見えてないはずですけど、ひーん、もうゆるしてー・・・って気持ちでした。


私は最後まで、おっぱいもオシリもさらけだしたまま、A君の体を洗いました。


やっとの思いでA君を洗い終えて、シャワーで流しました。


なんか満足でした。


こんなすごい経験、たぶんもう一生ないはずです。


私はA君を立たせて、また彼の手を引き、脱衣所へと戻りました。


私たちが脱衣所に入ると、ほっとする間もなく、男の子たちも、私たちを追うようにお風呂を上がって脱衣所へ入ってきました。


私は正直、追いかけてきてくれたことに、ちょっと嬉しくなってしまいました。


もう少しの間だけ、彼らの前でまっ裸でいられると思いました。


あまり広くない脱衣所なので、必然的に、男の子たちは私を囲むような立ち位置になってしまっています。


不思議なことに、ここでは緊張を感じませんでした。


私はもう、自分の服を着るのもそっちのけで、まっ裸のまま、A君の体を拭きました。


男の子たちはそれぞれ、自分の体をタオルで拭きながら、顔だけはしっかり裸の私を見ています。


このときになって、急に恥ずかしくなりました。


お風呂場のときは恥ずかしさを感じる余裕すらありませんでしたが、あっちからもこっちからも見られてることを意識できてしまう気持ちの余裕がありました。


そのせいで、急にすごく恥ずかしくなって、ものすごく動揺しました。


下心あってかどうかわかりませんが、そんなオロオロ状態の私に、男の子たちは、むじゃきに話しかけてきます。


私は頑張って、男の子たちと会話を続けながら、そ知らぬ顔の演技でA君の世話をします。


蛍光灯もやけに明るいし、至近距離から容赦なくチクビを見つめられます。


ひー、そんなに見ないでー・・・
ヤバイくらいに恥ずかしくて恥ずかしくて死にそうです。


私は立ったまま、A君の体をタオルで拭いてあげますが、直立不動というわけにもいかず、世話をしている私の動きも、どうしても大きくなってしまいます。


つい脚が開きそうになったり、微妙に前傾姿勢になりかけたりして、ドキドキの連続です。


今度はこっちの男の子が話しかけてきます。


きゃー、6年生・・・!
おっぱいをガン見です。


いやー、6年生のガン見はかんべんだよー・・・
それでも、私は楽しそうにはしゃいだ口調で、その子に話を合わせます。


いやーん、超チクビ見てるー・・・
おっぱい丸出しのまま、6年生の男の子と会話しました。


めちゃめちゃ恥ずかしかったです。


私はどの男の子たちともニコニコ接しながら、
でも、本当は、内心では、
みんな思いっきり見てるよ、ひえーん・・・
恥ずかしくて恥ずかしくて、体を丸めて、おっぱいも顔も、全部手で隠したい気分でした。


そのうち、A君をだいたい拭き終えたころには、あることに気がついていました。


A君の体を拭きながら、私の体の向きが変わると、さりげなく、私の背後のほうに立とうとする子たちがいるのです。


真後ろからですと、股の間から私のあそこがチラチラ見えるんだと思いました。


ひええー、恥ずかしい・・・
ふっと、振り向くと、背後の何人かが、さっと視線をはずしました。


やっぱり、きっと後ろから私のあそこが見えてるんです。


やー、そんなふうに見ないでー・・・
背後の気配から、どこかで男の子たちの期待みたいなものを感じます。


今、私の後ろに位置しているのは5、6年生の男の子たちです。


見られるには恥ずかしすぎる相手です。


私のあそこに視線をロックオンした男の子たちは、私が大胆に脚を開く瞬間を今か今かと待ち受けているに違いありません。


男の子たちのそんな期待みたいなものを、背後からヒシヒシと感じます。


そんなー・・・無理だよー・・・
背後からの期待が、無言の圧力みたいになって私を追いつめます。


ひーん、できないよー・・・
私にとっては、彼らの目の前でオシリを丸出しにしていることだけでも、すでに恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがない状態なのです。


これ以上のことなんかできっこありません。


それなのに・・・
私は、A君に、はい、足の裏もちゃんと拭こうねーと言いました。


中腰になって、彼らにオシリを向けました。


きゃー、やばーい・・・
全部見えちゃうー・・・
恥ずかしいけど、もう止められません。


脚を大きく開いて、思いっきり前かがみになって、A君の小さな足を手にとりました。


いやーん、死んじゃうー・・・
全開になった股間が、男の子たちに丸見えです。


開いた割れ目がモロ見え状態です。


恥ずかしくて死にそうな気持ちでした。


ひゃー、たすけてー・・・
ひーん、超見られちゃってるー・・・
A君の足を持ち替えます。


はーい、反対の足ねー。


彼らの期待に応えたというわくわくする気持ちと、そして、もっと良く見てほしいという気持ちでした。


A君の足をていねいに拭きながら、脚を開きます。


男の子たちに私の恥ずかしい部分が全て丸見えになるように、中腰のまま、ますますオシリを開きました。


こんなポーズ、後ろから見られたら、恥ずかしくて、恥ずかしくて、平常心ではいられないと思いました。


もう開き直ったような気分で、男の子たちの前であそこもオシリの穴も、恥ずかしいところは全部さらけ出しました。


いやー、見ないでー・・・
もちろん、私は最初から最後まで何食わぬ大人顔です。


開いたあそこも、オシリの穴のシワも全部見えちゃったと思います。


興奮を隠しながら、A君に服を着せ終えました。


私が5,6年生の子たちを見ると、勝ち誇ったような目で私を見ています。


私は再び恥ずかしさのどん底に突き落とされたような気持ちになりました。


あの表情は一生忘れられないと思います。


私は恥ずかしさに耐えながら、ひとつひとつ自分の服を身に着けて、そして何気ない顔でA君を連れて脱衣所を出ました。


最高に興奮して、最高に恥ずかしい体験をすることができました。



結果を書かせてもらうと、男の子たちがしゃべってしまって、私が自分も裸になってA君をお風呂に入れたことは、その夜にすぐにバレてしまいました。


園長先生に呼び出されて、ものすごく怒られました。


もちろん他の職員の皆さんにもです。


一番つらかったのは、他の女のボランティアの人たちの冷たい目です。


結局、私は翌日別行動で、先にひとりで帰ることになってしまいました。


もちろん怒られて当然のことをしたのだから、反省するしかないです。
サンプル