go001-3-560x383
チンポが好きでフェラも好きな淫乱人妻とのエロ体験談

俺の楽しみはネットでH画像を見ることだ。

見たい時にすぐ見れるし、ジャンルもいろいろ有るので見ていて飽きない。

特に好きなのは投稿画像掲示板というもので、素人が自分の女房や恋人、あるいはセフレのエッチ画像を投稿しているのが見れるのだ。

無数の画像掲示板が有るが、ほとんどは修正されていて性器などにはボカシが入っているが、俺の見ている掲示板は無修正のもので、性器もばっちり写っているし、挿入している所などもハッキリと写っていて興奮ものなのである。


ある日、時間が有ったのでその投稿画像を見ていたら、「40代のセフレ」という投稿に目が止まった。

女性の身体つきはやや細身で乳房も小振りだったが、乳首がかなり大きくてエロそう。

フェラしている所も投稿されていて、顔ははっきりと分らなかったが、なんなく誰かに似てそうな感じ。

ところが翌日になると、彼女から送られて来たという自撮りの写メが投稿されていて、その内の一枚は顔がはっきりと分かるものだった。

びっくりして「えっ!」と思わず叫んでしまった俺。

何と写メの女性は、同じマンションに住んでいる、村上さんちの奥さんにそっくりだったのである。

まさかと思ったが、身体つきも同じだし間違いないと思った。

村上さんちの奥さんは、知加子さんと言って、普段は品の良い清楚な感じのする奥さんなのだが、投稿画像の中では淫乱女に変身していた。

大きく股を開き、自分でバイブをマンコに突っ込みながら、男の一物を口に咥えていたり、四つん這いになってお尻を突き出し、自分の指でマンコを広げて、「入れて下さい」と訴えていた。

その日から、俺の奥さんを見る目が違って来たのは当然である。

奥さんが買い物をしている時などに、胸の膨らみやお尻の張り具合などを凝視して、画像を思い出しては股間を膨らませていたし、「肉棒が大好きな淫乱女のくせして清楚ぶりやがって・・・」と思うようになった。

最初はそういう風に、奥さんの姿を眺めているだけだったが、次第に画像を見たことを教えてやりたいと思う様になり、出来ればそれをネタに脅して、犯してやりたいと思う様になった。

それで俺はある日、奥さんとマンションのロービーですれ違った時に、「セフレが投稿していたH画像見ましたよ」と言ってみたのだ。

最初は何の事だか分からなかったみたいだが、セフレという言葉には反応した様で、俺が振り返ると立ち止まったままこっちを見ていた奥さん。

次の日は土曜日だったので、マンションの駐車場で洗車していると近寄って来た。

「昨日の事ですけど・・・どういう意味ですか?」
「奥さんのセフレがH画像をネットに流しているんですよ」

怒ったように顔をしかめている奥さん。

「セフレとかいませんけど・・・」
「でも見ましたから間違いありません!」
「人違いじゃないですか?」
「絶対に奥さんですよ!」

困った顔をしている奥さん。

「それじゃあ、その画像を見せて下さい」
「いいですよ、ちょっと待ってて下さい」

部屋に戻った俺は、妻に見つからない様にタブレットを持って来て、車の陰に隠れて奥さんに見せてあげた。

画像を見るなり、真っ赤になって顔を伏せた奥さん。

その光景に見覚えが有るのだろう・・・顔を手で覆い身体を震わせていた。

しばらくして、やっと落ち着きを取り戻し口を開いた。

「すみません、秘密にして貰えますか?」
「いいですけど、セフレとは別れた方がいいですよ」
「・・・・・・・・」
「こんな画像を投稿するって事は、奥さんを大事に思っていない証拠ですよ」
「でしょうね・・・」
「俺でどうですか?」
「えっ?」
「俺とセフレの関係になりましょう!・・・それでお互いに内緒って事で・・・」
「・・・・・・・・・」
「悪くない話だと思いますけどね~?」
「考えさせて下さい」
「いいですけど、俺もいつまで我慢出来るか・・・」

そう言うと俺は、車の中に置いていた名刺にメールのアドレスを書いて渡し、掃除を止めて部屋に戻った。

奥さんからメールが来たのは、週明けの月曜日で、「平日の昼間しか会えませんがそれで宜しいですか?」と書かれていた。

「大丈夫ですよ、早速ですが明日のお昼頃どうですか?」と誘うとOKしてくれたので、気付かれない様に、かなり離れた場所に有るスーパーの二階駐車場で待ち合せ、俺の車でホテルに向かった。

車の中でセフレ関係になった経緯を聞くと、旦那とレス状態になったのが原因らしいが、そうなる以前から機会が有ればと思っていた様である。

見た目からは想像がつかないが、かなりエッチに関して貪欲らしい。

そんな時に、あの男からスーパーで声を掛けられ、ズルズルとセフレ関係になったという事だった。

エッチに対する貧欲さは、ホテルに着くと直ぐに分かった。

部屋に入ってから抱き付くと、自分から俺の首に腕を巻き付けキスして来た。

それも、舌を絡めて濃厚にである。

それだけで俺のアレは反応して固くなったが、それに気付いた彼女はズボンの上から触って来た。

それで俺もスカートの下から手を差し入れ、下着の上からアソコを触ったが、もうすでに湿っている様な感じ。

俺達は服を脱ぎベッドに倒れ込むと、シャワーも浴びずに互いに性器を刺激し合った。

彼女の大きくてエロい乳首を舐めながら右手でマンコを探り、彼女は両手で俺の肉棒を擦った。

時折、お互いに舌を絡め合い、唾液まみれになりながらも手では性器を刺激し合った。

そして、俺はあの投稿画像を思い出し、あれと同じ場面を再現する事に。

持参したバイブをマンコにぶち込み、しばらく出し入れして遊んだ後、彼女に自分でする様に言うと、顔の傍へ移動して肉棒を咥えさせた。

自分でバイブを操作しながら肉棒を咥え込んだ彼女の姿は、あの投稿画像そのものだった。

それから立ち上がると、座ってフェラしている彼女の頭を持って腰を動かした俺。

人妻に肉棒を咥えさせる事が、こんなに興奮するとは・・・。

そして彼女を四つん這いにして尻を突き出させ、自分でマンコを広げさせた俺。

その姿も、投稿画像の再現なのである。

「入れて欲しいですか?」・・・と聞くと、コクンと頷いた奥さん。

「生でもいいんですね?」
「駄目です、付けて下さい!」

それで、コンドームを装着し、彼女が広げているマンコめがけてブスリと突き刺した。

「ああ~~っ!」・・・と絶叫する奥さん。

そのままリズムよく打ち突けてから、抜いては突き刺す動作を繰り返す俺。

「これでどうですかっ?」
「もっともっと突いて下さい!」

快感に対してどこまでも貧欲な奥さんだった。

「奥さんイキますよ!」
「イって!イって!」

たっぷりと発射してから抜き取ると、その場に崩れ落ちた奥さん。

半立ちの状態で、先っぽから残ったザーメンが垂れ落ちそうになっているチンポを差し出す俺。

奥さんはニヤリと笑って身体を起し、カップと咥えて吸い上げた。

残ったザーメンを一滴残らず吸い上げるつもりの様で、凄まじいバキュームフェラ。

発射した直後は凄く気持ち良いもので、俺は堪らずに腰をよじって悶えてしまい、思わず奥さんの口からチンポを抜き取り座り込んだ。

チンポは唾液まみれ・・・そのチンポに手を伸ばす奥さん。

「ちょっと、ちょっと待って!」と俺。

しばらく休憩したかったが、奥さんはそうさせてくれないらしい。

「いいよ!」

と言うと、チンポを握り口の中へ。

フェラしてから大きくさせた奥さん・・・コンドームを装着してから立ち上がると、俺にまたがって来た。

そして、チンポを右手で持ち、自分でマンコに挿入したのだ。

いわゆる騎乗位の格好だが、気持ち良いのか、挿入したとたんによがり声を上げ、自ら腰を前後に動かす奥さん。

しばらくすると身体を反らせ、後ろに手を付きながら喘いでいたので、俺も上体を起して同じ様に後ろに手を付いて腰を動かした。

向かい合って座った格好で、お互いに結合部を見ながら出し入れしたのである。

「奥さんのマンコの中にチンポがすっぽり入ってるよ~いやらしいね~」
「うん、いやらしい!」

それから奥さんを寝かせると、両足を抱え込んで出し入れし、その後、少し抜いては突き刺すのを繰り返した俺。

その度にマン汁を飛び散らせ絶叫する奥さん。

俺が発射するのと同時に、「イクっ!」と言って果てた。

「満足しましたか?」
「はい、今日のところは満足しました」
「今日のところは?」
「私って、また直ぐにしたくなっちゃうんです!・・・おかしいですか?」
「いえ、おかしくは無いですよ!・・・したくなったらまた俺を誘えばいい!」
「はい、そうします」

この日はそれで別れたが、それからも事ある度に奥さんからメールが届いた。

さすがに、度々会っていると飽きて来そうなものだが、俺の方も一向に飽きない。

最高のセフレを手に入れたと思っている。
サンプル