_58d71091dca76
私ではなく元義姉の修羅場 の話をします。


私A子…当時28
私の元夫…当時34
夫姉B子…当時40
C…当時25

B子はすごく地味で、口数も少なく、大人しく、
会社に一人はいるような影の薄い人畜無害な空気タイプの人 。

そのB子が妊娠したので、彼氏を連れてくると言ってきたのでビックリ 。

今まで男の影すら無かったし、会社と家との往復の様な生活だったから 。

どんな人だろうとドキドキしながら夫実家へ向かうと、
幸せそうなB子に迎えられ、こっちもお祝いムード 。


でもそこに現れたのはお祝いなんて雰囲気じゃない、
青ざめ、今にも泣きそうな顔のもこみち似のCと、呆然とした顔のご両親 。

Cについては、どんな人か聞いても「内緒w」とはぐらかされていたので
正直言ってこちらも凍りついた 。

ガタガタ震え、うつろな目、B子が駆け寄ると悲鳴を上げて逃げるC 。

全く動じないB子 。


とにかく中に入ってもらい、座ってもらうがCはうつむき、C両親も何も言わない 。

動揺する私達を横目にB子は嬉しそうにお茶を出したりし、
「こちらCさん 。

私の婚約者で、お腹の子のパパ」と紹介 。

その瞬間Cは頭を抱えてしまった 。

「どうしたのー?両親にちゃんと挨拶してよー」とB子に促されると
Cはカバっと土下座し
「お金は払います!!どうか許して下さい!!記憶がないんです!!」
会社の飲み会に珍しく参加したB子は、酔っ払ったCを介抱しホテルに連れて行って休ませたそうだ 。

そして「出来ちゃった」、と 。

一瞬(それ詐欺だろ…)と思ってしまった 。


B子は全く気にしてない様に
「そんなのダメよ、ここにはもう私たちの子供がいるんだから」
とニコニコしながらお腹をさする 。

C両親も土下座に加わり
「まだ若く、社会に出たばかりのCにはまだ結婚は無理です!」
C母なんてもう号泣 。

正直そこにはもうB子の味方はいなかった 。

舅姑ですら、実娘はかわいいにしても25歳の男の子ではちょっと…と言う空気 。

それでもB子は「でも私この子だけは守るもの」とニコニコ 。


C親、用意の良い事に示談書まで作成済みで、慰謝料300万と 。

「足りなければいくらでも、家を売っても、借金をしてでも、
そちら様の言う通りに致します!」
舅と姑は顔を見合せて「どうしよう…」って感じ 。

だけどB子だけは「結納とかしようとは思ってないし…ねぇC?」

結納金じゃないですよ、手切れ金ですよ!って突っ込みたくなったが
全く状況を理解してないのか、してないフリをしてるのか…
CはB子に向かって土下座をしながら
「どうかどうか、今回は中絶してください!お願いします!」と言うが
ニッコリ笑って「ダメよ、私の赤ちゃん生きてるんだもの」 。

ねえA子ちゃん、私A子娘ちゃん見ていっつもこんな子供が欲しいって思ってたんだ 。

まだ男の子か女の子か分からないけど、いとこになる訳だからよろしくね 。

5歳違いになるね、楽しみだね」
そこで目を見たら、もう完全に逝っちゃってるよ 。

何かこっち見てるのは分かるんだけど、どこ見てるか分からない感じで怖い 。


そんなこんなでかみ合わない話を2時間ばかり続けていると、
いきなりCが切れた 。

「ううわあああー!」って叫んで、B子のお腹にものすごい勢いで連パンチ 。

慌てて止めに入ったが、また叫びながら暴れ、
外に飛び出して行った 。

まずはCよりB子だ、と救急車を呼び、急いで病院に行く 。

医師に「妊娠してるんです!」と言い、治療してもらったが
B子、妊娠してなかった 。

へたり込む舅姑&C両親…私たちは立ち尽くすばかり 。


でもB子は肋骨が折れており、そのまま入院 。

逃亡したCは行方不明 。

実はCには彼女が居て、その子の家に逃げ込んだのだが、
そこで自殺未遂 。

それも本気の自殺、発見が遅れたら本当に危なかったらしく、
意識不明で彼女に発見され、病院に担ぎ込まれて数か月入院した 。

彼女とは彼女とで揉めただろうが、それはこちらには関係ない訳で
詳しい事は分からない 。


とりあえずお互いの両親同士で話し合い、
一応治療費などは貰ったらしいが、妊娠していなかった事と、
B子の異常な行動のせいで自体がここまで悪くなってしまったと、舅姑も謝罪、
C両親も追い詰められたとはいえ、女性のろっ骨を折るほど殴ったCについて謝罪、
まあそんな感じだった 。


その後、退院してきたB子は「死んだ赤ちゃん」の供養を欠かさずしつつ、
Cが迎えに来るのを待っていた 。

というか、今でも待ってるかもしれない 。

実はその後2年ほどで離婚してしまったもんで…

あの事件の後、B子が私の娘に対して異常なほどの執着心を見せる様になり、
更に娘に子供が死んだ話を何度もし、娘は怯えて情緒不安定になった 。

大体大人の私ですらゾクッとするほど怖いんだもん、
小さい子にとってはどれほど怖かったか 。

私は夫にB子とはかかわりたくない、家にも連れてこないでほしい、
特に娘には近づいてほしくないと言ったが、
夫は「あんなに傷ついてる姉をほっておけない」「親も年を取って弱くなった」
とB子を野放し状態に 。


ある時、B子が娘をきつく抱きしめ、娘が泣いて嫌がって逃げようとしても
締めつけて離さなかった 。

慌ててB子を娘から引きはがそうとしても物凄い力で 。

これを夫は見ていたのに
「想像妊娠する位思いつめてたから、娘がかわいいんだよ」とだけ 。

逆に娘に「おばさんに失礼な事するな!」と叱った 。

冷たいと言われようと、やっぱり私は娘が大事なので多少揉めたがそれで離婚に 。

夫は怒っていたが、舅と姑が味方になってくれて
「あなたと孫まで巻き添えになる事はない」と言ってくれた 。


一応面会権はあるんだけども、娘は「父=B子から守ってくれない」、
もしくは「父=B子」位にインプットされてしまい、
会う事を泣いて嫌がる 。

メンタルクリニックの先生も会わせない方がいいと言ってくれてるので、
夫には我慢してもらってる 。

こちらも下手に会わせると、娘をB子に差し出される恐れがある為、正直都合がいい 。

今はゆっくり娘の心の回復を待ちつつ、何とか生きてる 。
サンプル