00041
妻を寝取らせてみたときの体験談。

今から、5年前の話をします。


私は両親と一緒に漁業(ワカメ・ホタテ・魚)で生活を送っていました。


そんな時、ネットで知り合った女性(妻)と仲良くなり半年の交際の末、結婚しました。



子作りも励んだのですが、中々出来なかった事もあり病院で調べると、妻に原因がありました。


妻はその事を切っ掛けに、元気を無くし人とあまり話さない様になりました。


そんな生活も半年程続いた頃、仕事も最盛期(3月)で忙しくバイトを雇う事になりました。


結局、近所に住む中学生(3年圭太)が名乗りを上げ手伝ってもらう事にしました。


彼の家は、両親が出稼ぎで祖父母と一緒に住んでいて、体格も良く(身長173cm・65kg)スポーツマンの彼は、大人同様の稼ぎをしてくれました。


彼は明るく、よく喋るので妻もだんだん打ち解け、今までに無い位明るくなり笑顔が見られる様になりました。


彼が手伝いに来てから、10日程過ぎた頃に、私は彼を家に招き夕食を一緒に食べる事にしました。


彼は、両親との別居に関しても明るく話していましたが、淋しさを感じる事ができました。


もちろん妻も同じだったと思います。

その日は、彼に泊まって貰う事にして布団の準備をしました。


夕食も終え、リビングでTVを見ながら世間話をしていると、圭太の彼女話になり妻が"彼女居るの?"と聞くと、"居ませんよ"とちょっとムッとした感じで答えた。


妻「ごめん!そんなつもりじゃなかったんだよ」

圭太「・・・いいんです。

学校の女はブスばかりですから・・・」

妻「女は変わるのよ!良い子いるでしょ」

圭太「居ませんよ!恵さんみたいに綺麗で素敵な女性は・・・」

※妻(恵)と言います。


妻「えっ・・・嬉しい事言ってくれるね」

圭太「本当ですよ!恵さん綺麗です。

近所でも有名ですよ」

妻「そんな事無いよ・・もう」

圭太「同級生の中にも、恵さんのファンが居るんですよ」

私「そうなのか?学生にも人気とは・・・お前もまだまだ捨てたもんじゃないな」

妻「もう、あなたまで・・・からかわないで」

妻の話になると、圭太も明るくなった。


妻「そろそろ。

圭太君風呂入ったら」

圭太「俺、後で良いですよ」

妻「明日も早いし、先は入って」

圭太「はぁ・・・」

私「何だ!恵さんと入りたそうだな?」

圭太「そんな事・・・」

顔が真っ赤になっていた。


妻「もう、からかわないの?こんなおばさんと一緒じゃ嫌に決まってるでしょ」

圭太「それはありません。

おばさんだなんて・・・先入ります」

圭太は、急ぐ様に風呂に向かった。

風呂から出ると、妻が風呂に向かい圭太は髪を乾かしていた。


私「圭太!お前恵の事好きなのか?」

圭太「えっ・・・憧れです」

私「女性に興味が湧く年頃だもんな!俺も若い頃は、年上の女性に恋したもんさ!」

圭太「そうなんですか?」

私「女性の裸見た事あるか?」

圭太「ありませんよ!!!」

ちょっと赤らめていた。


私「ちょっと見せようか?」

悪戯心が湧きだした。


圭太「え~またからかっているんですね」

私「本当だよ・・・ちょっと来て」

私は、妻も圭太に褒められて満更ではない事を悟っていた。


圭太の髪にリンスを軽く付け脱衣場に向かった。


私「圭太リンス濯ぐの忘れたみたいなんだ。

ちょっと流してくれないか」

妻「え~今」


私「早くしないと濡れてるし風邪引くと大変だし」

妻「そうだけど・・・」

私「いいじゃないか?息子みたいなもんだし」

妻「ん~」

私は、圭太の服を脱がせ風呂の扉を一気に開けた。


圭太「すいません。

直ぐ出ますから」

妻「いいのよ。

ちゃんと流して」

妻は、慌てる様に湯船に浸かった所だったが、私は"折角だから体も流してやったら"と妻に言った。


妻「ん~そうね」

そう言って湯船から出ると、椅子に座っている圭太の後ろに膝間ついた。


私は、その場を離れリビングで2人を待つ事にしたが、内心ドキドキしていた。


今まで感じた事のない、興奮と緊張。


他の男(学生だが)に妻の裸体を見られていると言う嫉妬感!

全てが私の何かを目覚めさせた感じがした。


しかし、私の望む物とは違い、風呂からの厭らしい声は聞こえては来なかった。


10分もすると、2人が出て来るのが分かった。


私も2人と入れ替わる様に風呂に入り、ここで2人は何かしたのだろうか?

触り合ったりしたのか?

色々頭を過っていた。


風呂から出ると、2人はリビングでTVを見ていたが、私は妻に"ちょっとビール持って来てくれ"と頼んだ。


私「圭太、恵の裸どうだった?」

圭太「あ・素敵でした。

でも、じっくり見れませんよ!」

私「そうなのか?折角チャンスあげたのに・・残念」

圭太「・・・・」

私「触ったりした?」

圭太「し・してませんよ!」

顔が真っ赤になった。


私「触っても良かったのに」

圭太「え・・・・」

ビールを持ちながら妻が戻って来て"何話してるの?"と聞いて来た。


私「お前の裸はどうだった?ってね」

妻「もう、あなたったら」

私はビールを飲みながら"今日は3人で寝るか?"と言うと、妻も圭太も特に嫌がる事も無く、布団のの準備を始めた。


私は、ビールを飲み終えると圭太を連れて寝床に向かった。


川の字に並んだ3枚の布団の端に圭太が横になった。


私は反対側に横になり布団を掛けた。


妻が入って来ると"私真ん中!"と言いながら渋々横になった。


圭太は妻と反対側を向き、妻は私の方を向いていた。


私は妻のパジャマに手を伸ばし、ボタンをそっと外し始めた。


"ちょっとマズいは・・圭太君も居るでしょ"

と耳元で囁いだが、私は反強制的に服を脱がせ全裸にさせた。


"もう知らないわよ"

と言いながら妻のマンコは濡れていた。


手で、マンコを触ると妻は"ビクッ"と反応した。


私は布団を肌蹴ると圭太に"見ろ"と言わんばかりに激しく妻を愛撫した。


隣を見ると、さっきまで向こうを向いていた圭太は、姿勢を変えこっち向きに目を瞑っていた。


いや、薄目を開けていると推測できた。


俺は彼の目の前で、妻のマンコにチンポを挿入し、激しく突いた。


妻も、声を出さない様に我慢していたが"あっ・うっ"と声がこぼれていた。


私は、小さい明かりも消し真っ暗にすると、圭太の肩を叩いた。


そして、耳元で"お前も入れたいだろ"と囁くと微かに"はい"と聞こえた。


私は、チンポを抜き圭太に変った。


妻は、俺だと思いながらバックから彼のチンポを咥え、喘いでいた。


彼の"うっ"と言う声と同時に、私は電気を付けた。


目をパチクリさせながら妻が驚いていた。


妻「どう言う事・・・」

私「彼も、もう興味が湧く頃だ。

淋しだろうし今日はいいだろ」

妻「でも、中学生よ。

マズイわ」

私「もう、遣っちゃたんだし」

妻は呆れ顔で、頷いた。


妻が納得すると同時に、2人で妻を愛撫し妻は圭太のチンポも舐め始めた。


中学生とは言え、俺よりも大きかった。


もちろん体格も良く若いだけあって、チンポはガチガチに堅く真上に向かって剃り上がっている。


俺の後に、圭太が挿入すると、妻は"凄い堅く、太い~"と声を出している。


私は、疲れ横で圭太のプレーを鑑賞しながら"圭太!気持ちいいか?"と聞いた。


圭太「はい、最高に気持ちいいです」

私「これからも、もっと遣りたいか?」

圭太「いいんですか?」

妻「駄目よ。

今日だけ・・・特別」

私「圭太が喜ぶなら、いつでもいいぞ」

妻「何言いだすの?駄目よ」

私「いいじゃないか?お前も気持ちいいんだろ?」

妻「気持ちいいけど・・・近所にバレたら大変よ」

私「大丈夫だろ!近所はみんな年寄ばかりだ耳も遠いし」

妻「もう!」

そう言いながら、太い圭太のチンポを咥え始める妻だった。


翌朝、5時に起きると妻と圭太は、もう起きていた。


リビングに向かうとキッチンで妻が、朝食の準備をしていたが、圭太の姿が無かった。


私「圭太は?」

妻「え~・・・・ここ」

苦笑している。


妻の元に向かうと、下半身剥き出しにされ、マンコを舐める圭太がいた。


私「お前な~」

圭太「すいません。

忘れられなくて」

妻「貴方が良いって言ったのよ?もう」

私は、呆れながらもその場を離れ、顔を洗いに向かった。


結局、その場で圭太は妻の中に一回出すと、私と一緒に船でワカメを刈に出掛けた。


船の上では、圭太は真面目に働き、大人顔負けの仕事っぷりだった。


お昼過ぎまで、作業は続き午後1時過ぎに、作業小屋で昼食を取った。


小屋の中には、私と妻、圭太と私の両親が居たが、圭太は両親の目を盗んでは、妻の体を触っている。


夕方15時には、作業も終わり両親は帰宅、その後、私と圭太と妻で後片付けをしていたが、圭太が"ここでも良いですか?"と言いだし、"何を"と答えると、"抜きたい"と言った。


一度、許すと若者は怖い物で、圭太は性の相手としか妻を見なくなっていた。


その日も、結局圭太は我が家に泊まった。


成之と言うか、圭太が望んだと言うか?圭太は、一度家に戻り着替えを持って来たのだが、やたらと多い。


彼は、長期で泊まる気なのだ。


良く働くし、こちらから望んだ結果だったので、断る事も出来ない。


妻は、私を見て"どうしよう!毎回相手するの?"と聞いて来た。


私は"そのうち飽きるよ!"と軽く答えたんだが、そうは行かなかった。


私が、買い物をしに出かけ戻ると、キッチンには妻と圭太が夕食の準備をしていたが、妻の様子がおかしい。


私も妻の傍に行くと、妻は全裸にエプロン姿にさせられていた。



妻「貴方・・・」

圭太「こんなの好きですよね?よく本で見るんです」

私「そうだが、客来たらどうするんだ!」

圭太「見た人驚くよな!こんな綺麗な女性が全裸にエプロン姿なんだから」

私「お前!加減ってあるだろう。

出て行くか」

圭太「それは困ります。

でも、みんなにバラされても困るでしょ?」

言葉を失った。


妻も同感の様で、食事の準備を続け料理を運び始めた。


妻は食事中も全裸で、圭太に胸を揉まれている。


夕食を終え、風呂に向かう妻を追い、圭太も向かった。


圭太「恵さん、俺の体洗って貰えます」

妻「・・・」

私も、心配になり一緒に風呂に入る事にしたが、凄い光景を見る事になった。


風呂に入るなり、妻の口にチンポを寄せ"さぁ綺麗にしてくださいね"と舐めさせ、ギンギンになったチンポを顔にビシビシ当てながら、"俺が体洗ってあげるよ"と石鹸で妻の体を撫でる様に洗い始めた。


マンコに手が伸びると妻が"ちょっとそこは自分で・・・"と言うが、圭太は"いいから、手を放して"と妻の手を避けた。


一通り洗い終えると、髭剃りで妻のマン毛を剃り出した。


私「圭太、それはダメだよ」

圭太「無い方が綺麗です。

ね・恵さん」

妻「好きにして!」

圭太「そうですよね!恵さんは物わかりが良いですね」

圭太は、妻の毛を全て剃り満足げに"AVみたいですよ"とニヤけた。


圭太「でも、旦那さんも大きくなっているじゃないですか?チンチン」

確かに、私も無意識に興奮し勃起していた。


恥ずかしい話である。


風呂から出ると、そのまま寝室へ向かい圭太は、妻を愛撫し始めた。


妻も、初めは仕方ない!と言う感じではあったが、5分もすると喘ぎ始め"凄い!!!大きい"と言い始めていた。


圭太「そう言えば、良い物持って来たんです」

と言い荷物の中から何か出した。


圭太「これ大きいでしょ!」

と巨大なバイブを出した。


妻「そんなの入らないよ。

壊れる」

圭太「大丈夫!入りますよ」

と半ば無理やり中に押入れた。


妻「あ~駄目・・・圭太君取って!」

すっかり飲み込んだマンコは凄い光景。


圭太「ほ~ら、すっかり入った!」

妻は、黙って目を瞑ったが、圭太が徐徐に動かす度に"あっ・あ・逝きそう"と声を出した。


次の瞬間!ビュッと潮が空を舞った。


初めて見た妻の潮吹きだった。


妻も余りの出来事に意識を失いそうになっている。


圭太は次々と道具を出し、妻のマンコに挿入させ遊んでいた。


もちろん、自分のチンポも何度も入れ、中で出したのは間違いない。


始まって1時間が経過しても、尚、圭太の性欲が終わる事は無く、結局2時間は、妻の体を堪能していた。


妻は、ぐったりしながら圭太のチンポを綺麗に舐めていた。


翌日も、その翌日も圭太は我が家に泊まり、私の目の前で妻を犯し続けた。


圭太に遊ばれ、妻のマンコも腫れ上がり、クリトリスも大きくなっているのが私でも分かる位だった。


穴も開き気味で、緩くなっていた。


毎回中だしされても、妻は妊娠しずらく安心だったが、明らかに妻も変わりつつあった。


彼がバイトに来て10日目、その日は、波が荒れ海に出る事が出来なかったので、休みになった。


私は船を流されない様に、縛りに海へ出かけた。


20分もすると、堤防の方に妻と圭太らしき人影が見えた。


私は、心配になり後を追った。


堤防の裏に回り、岩沿いを歩いて行く2人は、大きな岩の陰に姿を消した。


私も、そっと音を立てない様に岩陰が見える所を探し、向かった。


妻は、レインコートを着ていたが、半透明で中は全裸である事は、直ぐに分かった。


強張った顔をし、圭太を見つめている。


圭太は、レインコートの上から妻の体を触っていた。


圭太は、妻のレインコートのボタンを外し、裸体が現れたが、マンコにはバイブが入れられ紐で固定されるのが見えた。


妻が時より見せる歪んだ顔は、バイブ振動に反応したからだ。


圭太は、妻を座らせると、チンポを咥えさせながら頭を撫でていた。


妻はもう、圭太の奴隷となっていたのだ。


逆らう事もせず、一心不乱にチンポを咥える妻!私がこうしてしまったと反省もしたが、興奮が上回りただ茫然と見守る事しか出来なかった。


そして、ただ誰も来ない事を祈りながら、家に帰る事にした。


家に着いて、1時間位経って圭太と妻が帰って来た。


妻は、相変わらずバイブを付けられ首輪も付けられ、赤らめた顔で私を見ていた。


圭太が私を見るなり、妻のマンコからバイブを抜くと精液がダラダラと垂れ太股を伝った。


その夜は、圭太も一人で寝る事になり、久々に夫婦でベットに横になった。




妻「もう、私・・・彼を拒否出来ない」

私「すまない!俺のせいだ!こんな事になるなんて」

妻「彼が、怖い!!!私を人とは見ていない様で・・・」

私「家畜とでも思っているのか?」

妻「そうね…どうなるんだろう?私!彼には逆らえないの?」

私「・・・バイト辞めてもらうよ」

翌日、圭太をリビングに呼びバイトの件を話した。


圭太は、あっさりと了承し荷物をまとめ家を出て行った。


平和な生活と同時に、忙しい生活が始まった。


その日以来、圭太の姿を見る事も無くなり、ちょっと心配もしていた。


夜は妻とも性生活を送ったが、妻が満足する事は無かっただろう。


圭太の巨根に緩々にされたマンコは、俺のチンポではスカスカ状態だった。


妻の体もすっかり変わり、圭太の調教で一日中、マンコから糸を引く淫乱女に変っていた。


妻は、言わないが欲求不満になっていたと思うと、心が痛んだ。


圭太が居なくなって1週間が過ぎた。


その日は、海の仕事も無く私は街に買い物に出掛けた。


昼前に出掛け、4時頃に家に戻ると妻の姿が見えなかった。


"恵!"と声を掛けたが返事が無い。


2階にあがり寝室に入り唖然とした。


ベットに全裸で縛られ、首輪と口にはハンカチが入れられていた。


隣には圭太が全裸で座り、妻のマンコを弄っている。


圭太「久しぶりです」

私「何してるんだ!もうお前は・・・」

圭太「ちょっと待って下さい!恵さんが招いたんですよ・・・俺を」

私「そんな訳無いだろ」

圭太「そうですか?携帯に連絡が入った・・・俺のチンポ欲しかったのかな?」

何も言えなかった。


妻は目を反らし涙がこぼれていた。


私「そうなのか?恵!」

圭太が口からハンカチを取った。


妻「ごめんなさい!貴方、どうしようもなくて・・」

圭太「だから言ったでしょ」

圭太は、妻のマンコにチンポを入れ激しく突かれると、直ぐに潮を噴き上げた。



欲求不満解消なのか?妻は彼のチンポを堪能している様だった。


私は、傍でただ見ている事しか出来なかった。


久々にみる圭太のプレーは激しく、凄かった。


その日を最後に圭太の姿を見る事は無かった。


祖父母に聞いた話では、両親の元に行ったらしい。


彼が居なくなって2ヵ月が過ぎ、我が家に吉報が運ばれた。


妻が妊娠したのだ。


圭太の行為で妻の体質が変わったのか?不明だが、明らかに私の子供を妊娠したのだ。


妻も私も喜び、両親は気が早く、子供の服を買い始めていた。


圭太には夫婦共に感謝している。


最終的には妻と私に子供を授けてくれたんだから・・・。

サンプル