zd
 目覚めた時、僕の身体は変わっていた。

 
 そもそも、人間じゃなくなっていた。

 剣。

 しかも大剣である。

 一般人が振り回そうとしたら肩を外してもおかしくない代物だ。

 何故剣になってしまったのかはわからない。

 妖精の悪戯か、はたまた質の悪い悪魔に目を付けられたか。

 戻る当てなどひとつたりとて存在せず、今日も今日とて、敵を斬るだけである。

 
 
 僕の剣としての特性は2つ。

 ひとつは、非常識なまでに頑丈だということ。

 今まで様々なものを斬ってきたにも関わらず、刃こぼれひとつしていない。

 もうひとつは、使用者の身体を操れるということ。

 強制力はそれほどでもないが、使用者が身体を任せてくれれば、
 まるで自分の身体のように使用者の体を動かすことが可能となる。

 そして、僕が使用者の身体を操っている間は、剣――僕のことだが――は羽根のように軽くなる。

 使用者の身体が強化されてるのか、僕の刀身が軽くなってるのかは曖昧だが、
 まるで木の棒を振るうかの如く、自身を振り回すことができるようになる。

 人間だった頃は、一応剣術道場の師範だったので、
 僕が操っている間の使用者は、かなりの強さを誇ることになった。

 
 
 今の、少女のように。

 
 
 横薙ぎ一閃。

 魔獣の首が宙に舞う。

 身体を反転させてもう一匹の襲撃に備える。

 相方が瞬時に殺されるとは思っていなかったのか、戸惑ったまま中途半端な突進を仕掛けてきた。

 下段への一撃。

 四つ足の魔獣は反射的に跳んで避け――切り返しの一撃で胴を斬り裂かれた。

 
『……ふう』
 2匹共に絶命したことを確認してから、構えを解く。

「お疲れ様です」
『うん。

それじゃあ身体を返すね』
「あ……」
 少女は、残念そうな顔をした。

『……ユウ?』
「いえ、もう少しお貸ししていてもよかったのですが……」
 もう敵はいなくなったのにどうして、と訊ねると。

 少女は恥ずかしそうにはにかみながら。

 
「いえ、貴方に操られているというのが、その、いいんです」
 
 そう、言った。


「うわわ、剣が喋った!?」
 がしゃん、と石畳の上に放り出された。

 痛みは感じないが、衝撃で視界が揺れてしまう。

「あ、ごめん、痛かった?」
 少女はおっかなびっくり、僕に再び手を伸ばしてきた。

『大丈夫』
「……うわあ、やっぱり喋ってる。

どっから声出てるんだろ?」
『持ってる人に直接意志を伝えてるだけで、音が出てるわけじゃないよ』
「……難しいことはよくわかんないや。

それより、こんな所に喋る剣があるなんてなあ」
 少女は暗がりの中、周囲をきょろきょろ見回している。

 どこをどう見ても物置である。

確かに、こんな所に喋る剣が放置されているのは奇妙だろう。

「しっかし、喋る剣となると、やっぱりそれなりに値が張るのかな?」
『売られたことはないから、値段はわからないなあ』
「あはは。

キミ、面白いね」
『それはどうも。

で、お嬢さんはどうしてこんな所に?』
 ここは貴族の屋敷の奥にある、何の変哲もない物置の中だ。

 少女の格好は、薄汚れたボロ布を一枚身に付けているだけである。

 手足は擦り傷だらけで、まるで何かから逃げてきたかのようだ。

「ん。

逃げ出したんだけど追いつめられちゃってね。

 きっと捕まって殺されるだろうけど、その前にちょっぴり抵抗してるとこ」
『……諦めているの?』
「だって、どうしようもないもん。

 警備兵だってたくさんいるし、門を飛び越えることもできないしね」
『……生き延びたい? ここから、逃げ出したい?』
「? そりゃ勿論。

でも、どう考えても無理だもん。

 もしボクがキミを使えるくらい強かったら、ひょっとしたら逃げられるかもしれないけどね」
 
 どうせ無理だと割り切っているのか、それともただの空元気か。

 少女は驚くほどあっさりしていて、明るい笑顔をボクに向ける。

 
『――取引しないか。

 僕は、今、本来の持ち主と離ればなれになっちゃってるんだ。

 だから、僕が持ち主の所に辿り着けるまで、僕を持って旅をして欲しい』
「は? 何言ってんの、キミ」
『もし、僕をここから持ち出してくれるのであれば、僕は君を、ここから逃がしてあげる。

 ――僕が君を、助けてあげる』
 
 
 
「すごい! すごいすごいすごいすごい!
 キミって凄いよ! 伝説の魔剣か何かなの!?」
『伝説になった覚えはないけど。

そんなことより、約束、忘れないでね』
「わかってる! 私も、外に出てみたかったんだ!
 キミの持ち主が見つかるまで、一緒に旅をしよう!」
『うん。

ありがとう』
「こちらこそ! わたしはテン。

これからよろしくね!」

「――見つけた!」
 聞き覚えのある、声がした。

「うわ!? ちょ、いきなり何なんだよっ!?」
 僕を取られそうになったテンが、相手を引き剥がして睨み付ける。

「し、失礼しました。

ですが、貴女の持っているその剣――」
「何だよ。

コイツはボクの相棒なんだからね!」
『待って、テン。

その人は――』
 
「私が、その剣の正式な所有者です。

 お金はいくらでも払います。

ですから、どうかその剣を返してください。

 私にとって、その剣は、無くてはならないものなのです」
 
『ユウ……』
「え……嘘……」
 テンとの約束は、僕の本来の持ち主を見つけるまで一緒に旅をすることだ。

 随分と長い間テンに運んで貰ったが、これでようやく、彼女を自由にしてあげられる。

 
 と、思ったら。

 
 
「……やだ」
 
 
『……テン?』
 
「コイツの相棒はボクだ! ぜったい、誰にも渡さない!」
 
 そう叫んで。

 テンは、僕を両手で握り、持ち上げて。

 僕に操られるのではなく、歯を食いしばって、自分の力で。

 切っ先を相手――ユウに突き付けた。

 テンの予想外の言動に、僕はただ呆然としてしまう。

 
 そんなテンに向かって、ユウが口を開いた。

 
「いいえ、貴女にこの剣は相応しくありません!
 この方に相応しいのは私です。

四の五の言わず、返しなさい!」
 
 テンの言動も予想外だったが。

 ユウがここまで言葉を荒げるのも、初めて見た。

 
 僕を間に挟み。

 少女2人が、睨み合っていた。
サンプル