9fa482ec
嫁がテレビでドラマを見て、俺がノートPCをいじっていた時の話。


嫁:「このドラマ、つまんない。

オチが読める」
俺:「そうだね」
嫁:「っていうか、最近のドラマ自体がつまらない」
俺:「そうだね」
  「だから俺、ドラマ見ない」
嫁:「何か、面白いドラマか、映画とか知らないの?」

俺:「知らない」
  「・・・でも」
嫁:「何?何?」
俺:「・・・ドラマっぽい話なら」
嫁:「それって実話って事?早く話せ!」

俺はパソコンを閉じて、嫁はテレビの音量を下げる。

俺:「・・・じゃあ・・・」
  「むかしむかし、5年くらい昔の話・・・」
  「まだお前と結婚をする遥か昔の話・・・」

嫁:「前置きはいいから、早く話せ!」

俺:「お前、○○さんって人を憶えている?」
嫁:「ああ、アンタが前居た会社の上司でしょ?」
  「私達の結婚式でスピーチした、あのハゲ?」
俺:「そう」
  「そのハゲから5年前に聞いた、ハゲが主人公の話」
嫁:「何かつまらなそうだわ。

っていうかオチが読めそう」
俺:「どうだろう?」

俺が前居た会社に、○○という上司がいた。

この○○という男は、口うるさく、怒りっぽく、そしてハゲだった。

気に入らない事があると俺を小汚い居酒屋に連れて行き、酒を飲みながら小言を言った。

実に嫌な奴だったが、俺の直属の上司だったので逆らわずについていった。


そんなある日、いつものように小汚い居酒屋で二人で飲んでいた時だった。

またいつものように小言を言われた。

「お前はだらしがない」とか、
「つまらないミスしやがって」とか、
「所帯も持っていないくせに、生意気言うな」とか。


そこで俺は言ってやった。

「俺、そろそろ結婚しようと思っています」
上司は爆笑していた。

「お前がか?お前がか?」ってね。

俺が「そうです」と言うと、上司はしばらく笑っていた。


で、笑い終わった上司が言った。

「結婚っていうのは大変だぞ?」
俺は「そうでしょうね」と、当たり障りのない答えをした。

上司はもう一度、「本当に大変なんだぞ?」と言った。


俺は煩そうに「それって、○○さんの実体験ですか?」と聞いてやった。

そうしたら上司は言った。

「俺はバツイチなんだよ」

「しかもな、普通じゃなかった」

上司○○がまだハゲていない頃、大学卒業後に地元じゃないところに就職したそうだ。

従業員300人くらいの中堅企業。

○○とは縁も所縁もない、親族会社だったそうだ。

○○は、中・高・大学と女っ気がなかった。

ホモ的に、ではなく。

会社に入っても、周りにほとんど女が居なかったそうだ。

職種的に。

仕方がないので、○○は仕事に打ち込んだ。

結果も出た。

部長(社長の親族)にも認められた。

出世していった。

で、30歳の頃には営業所所長。

「異例の大抜擢だった!」と○○は回想している。


そんなある日、○○は部長(社長の親族)に呼ばれる。

部長曰く、「そろそろ○○君も身を固めてはどうかね?」
○○はこう考えたそうだ。

「次の役職欲しければ結婚しろ!、ということか?」
さすがは○○、実に考え方がヤラシイ。


部長:「常務(社長の息子)は知っているな?」
○○:「勿論です」
部長:「常務には年頃の娘さんがいる」
   「お前はその娘さんとお見合い、いや、結婚しろ」
○○はこう考えたそうだ。

「なにその出世特急券?」
さすがは○○、実に考え方がクズだ。


二つ返事で○○は、常務の娘さんとのお見合いをOKした。

○○の心配事はただ一つ、「常務の娘がゴリラだったらどうしよう?」
さすがは○○、ハゲ、氏ね。


見合いの席で、○○は死ぬほど驚いたという。

←氏ね。

常務の娘というのが、凄く美しかったと。

「深窓のお嬢様」と言う以外になかったと。

何が美しかったかというと、着物姿が美しかったと。

こちらに向かって微笑んでいる顔が美しかったと。

黒く長い髪が美しかったと。

「少しぐらい性格が悪いとしても、全然OK!」○○はトキメキを感じていたそうだ。


○○は回想する。

「この時に気付いていれば・・・」と。


何かよくわからない自己紹介の後に、「あとはお若い二人だけで」タイムになったそうだ。

高級料亭の一室に二人だけにされて、○○は大層慌てたそうだ。

一生懸命に常務の娘さんに話しかけても、相手は微笑んでいるだけ。

さすがに間が持たないので、「庭の散歩に行きませんか?」と○○は言った。

そこでも常務の娘さんは微笑んでいるだけ。

さすがに馬鹿にされていると思った○○は、常務の娘さんに手を差し出す。

←手を出す、ではない。

意外にも、常務の娘さんは○○の手を取って散歩に出たそうだ。

散歩中も○○は常務の娘さんにいろいろ話しかけたが、結局微笑んでいただけらしい。


○○は回想する。

「どうしてこの時に気付かなかったんだろう?」と。


デートもしたそうだ。

2回。

常務の自宅まで迎えに行って。

1回目は植物公園。

相変わらず常務の娘さんは微笑んでいるだけ。

常務夫妻から「遅くなるなよ」と言われたので、
午後1時に出発して、午後3時くらいには自宅に送り届けたそうだ。


2回目は遊園地に連れて行ったそうだ。

常務の娘さんがはしゃいでいたのを憶えているという。

その容姿から想像できない喜び方だったと。

そこで常務の娘さんが「私、○○さんと結婚するんだよね?」と言ったという。

常務の娘さんから初めて聞いた言葉がそれだったんだと。


2回目のデートが終わった後に、○○と常務の娘さんは結納。

さすがの○○でもビビッたらしい。

おかしい?おかしい?

○○は回想する。

「ここで気付かない俺は、やはり馬鹿だった」と。


で、結納から3ヵ月後には結婚式。

会社を挙げて結婚披露宴を催したらしい。

それはそうだ。

親族会社なのだから。

ちょうど○○は忙しいプロジェクトを抱えていたので、新婚旅行は後回しにされた。


新居は常務夫妻が用意してくれた。

全部、それこそ金から備品からすべて。

常務宅から徒歩5分のマンション。

おかしい?おかしい?おかしい?

結婚披露宴の次の日、新居に初めて行く○○。

そこには、嫁となった常務娘と、常務の奥さんが居たそうだ。

料理は常務の奥さんがしていた。

三人で夕食を食べた。

午後9時になると常務の奥さんは、常務娘(嫁)を風呂に入れてやり、布団の支度をする。

○○が風呂から出ると、常務の奥さんは帰る。

常務の奥さんは帰り際にこう言う。

「△△(常務娘)をお願いします」

すでにパジャマに着替えさせられた嫁(常務娘)と二人きりになった○○は、

嫁(常務娘)に向かってこう言った。

「あなたは結婚した実感がありますか?」

嫁(常務娘)はこう言ったそうだ。

「△△ちゃんは、○○さんのお嫁さん」

○○も、何となくは感じていたそうだ。

口では言えなくても。

嫁(常務娘)が池沼ではないかと。

分かり辛ければもっとはっきりと書く。

常務の娘さんは、知的障害者だったそうだ。


さすがの○○も悩んだらしい。

常務娘は人形のように美しい。

そう、人形のように。

おそらく○○が一事を我慢すれば、すべてを常務夫妻が、そして会社がバックアップしてくれる。

大体結婚をしてしまっているのだから、道義的な非難を浴びる事もない。


それでも○○は嫁(常務娘)を抱かなかったらしい。

こればかりは○○の言葉を信じるしかない。

それでも○○は嫁(常務娘)に優しくし接したらしい。

ここも○○の言葉を信じるしかない。


3週間ばかり、こんな生活を続けたらしい。

○○は憔悴していたようだ。

抜け毛が気になり始めたのも、この頃からだと言っていた。

たまたま会議の後に部長と二人きりになる機会のあった○○は、部長に話しかけられた。


部長:「どうだ?上手くいっているか?」
○○:「・・・何の事でしょうか?」
部長:「とぼけるな。

嫁さんの事だ」
○○:「・・・知っていて、そう差し向けたんですか?」
部長:「お前だって乗り気だったろ?」
   「もうお前は安泰だ。

何の心配も要らない」

○○:「・・・何で俺だったんですか?」
   「どうして俺が選ばれたんですか?」

部長:「ここはお前の出身地から離れた場所だな?」
   「お前、もう父親が死んで居ないだろ?」
   「お前は次男坊だったよな?」
   「それにお前は真面目な働き者だ」
   「ゆくゆくは常務のところに婿養子入りできるだろ?」

○○:「それが理由なんですか?」

部長:「あのな、よく考えてみろ?」
   「ウチみたいな親族会社に、コネなしのお前がどうして入れた?」
   「どうしてお前を出世させたのか、考えた事があるか?」

さすがの○○でもブチギレた、らしい。

気持ちは、分からないでもない。


だが、○○はその場で喚き散らさなかったらしい。

嘘だよな?
部長のあの言葉がなければ、違った展開もあったかもしれないと○○は言っていた。


結局○○は、新婚生活を一ヶ月続けた。

その一ヶ月間、嫁(常務娘)とどんな生活をして、
どんな会話をしたかまでは、○○も語らなかった。


で、新婚生活一ヶ月記念日に、作戦を決行する。

離婚届を用意して、自分の署名と判子を押す。

嫁(常務娘)にも署名と判子を押させる。

勿論、トラブルもあったらしい。

嫁(常務娘)が署名を漢字で書けなかった。


離婚届をひらがなで書いても有効であったのかどうかは、俺にも分からない。

本人が書いていなくても有効であるのかどうかも、俺にはわからない。

大体、婚姻届がどういう経緯で出されたのかも、俺にはわからない。


だが○○は、嫁(常務娘)に漢字で書くように教えてやったらしい。

○○に言われるままに、漢字を見よう見まねで書く嫁(常務娘)。

さすがの○○でも感じるものがあったらしい。

○○は涙が出た、と言っていた。

情が移った、とも言っていた。


翌日、○○は常務夫妻に離婚届を出す事を伝えた。

常務は何も言わなかったらしい。

常務の奥さんは、○○に礼を言ったらしい。

嫁(常務娘)は微笑んでいたらしい。


遅刻の報告を会社にして、離婚届を提出して、やや遅い出社。

○○は部長に面談する。


○○:「離婚しました」
部長:「!!!」
   「お前、分かっているのか!?」
   「全部失うんだぞ!?」
   「慰謝料だって、いや、身ぐるみ剥いでやるぞ!!」
○○:「退職届けです。

今までありがとうございました」

部長の罵声を背に、○○はそのまま実家にトンズラ。

慰謝料の請求はなかったとのこと。

逃亡同然の離職・離婚騒ぎも不問だったと言っていた。

それどころか、退職金(口止め料)も出たと言っていた。

全部、常務夫妻の差し金だろう。


ゴタゴタが一段落したところで、○○は他県に再逃亡。

今の職場に潜り込む。

○○は結婚恐怖症にかかっていたが、何とか再婚した。

恋愛結婚だと言っていた。

娘ができた。

「一人娘で可愛い」と、写真を常に持ち歩いていた。

キモイ。


小汚い居酒屋で、上司○○のこんな話を聞いた。

俺は「大変でしたね」と、当たり障りのない答えをした。

○○は「そうさ、大変だったさ」と言った。

俺は「結婚が大変なことという事は分かりましたけど、何で今更そんな話を俺に?」、と聞いてみた。


○○:「自分に娘ができて思うんだよ」
   「勿論、俺の娘は普通に生まれてくれたけど」
   「もし元嫁のように生まれていたとしたら、常務夫妻の気持ちも分からないわけじゃないんだ」
   「普通の生活を、送らせてやりたいっていう気持ちが・・・」

なんて事はない、ただの愚痴だった。

いい加減酒を飲んでいたので、上司○○は潰れていた。

仕方がないので、上司○○を自宅まで送ってやった。

さすがに娘は寝ていたようだが、上司○○の嫁さんは起きていた。

今はこんな美人の嫁さんと再婚できたんだから愚痴言うな。

ハゲが。


嫁:「・・・・・」
俺:「 お し ま い 」
嫁:「・・・・・」
俺:「つまらなかった?」
嫁:「そうでもなかった」
俺:「オチが読めた?」
嫁:「読めたような、読めなかったような」

俺:「この話を聞いた時に、ちょっと切ない気分になった」
嫁:「それは分かるよ」

嫁:「さっきの話、本当はアンタの身の上話なんじゃないの?」
俺:「戸籍調べてみなよ。

俺に離婚歴はないから」
  「それに俺、ハゲじゃないし」

嫁:「あのさ」
俺:「なに?」
嫁:「私達って、見合い結婚だよね」
俺:「そうなんだよね」

田舎だと未だにあるんだよ、見合い結婚って。


嫁:「私達が子供作らないのって、その話と関係ある?」
俺:「そんなの関係ないよ」



今から嫁と子作りしてくる。
サンプル