2640eb89fdf677837670c9677b370f84
未だに興奮しています。

僕は全然もてない男ですが、友人(K)に、とてもモテる奴がいます。

とても、羨ましい奴で、学校にも美人の彼女(M美)がいるのに、他の学校の可愛い娘とも付き合ったりしている。

つい先日、KがM美の友達とヤッたらしく、「相変わらず羨ましい奴だ」と思ってた。

でも、どうやらM美にバレたらしい。

M美は、美人だがとても気が強い女で、どうしてもKが許せないみたいで、同じクラスでKと友達の僕に相談してきた。


僕はとっさにひらめき、
「Mちゃんも、同じ事やったら?アイツも同じ気持ちになるんじゃない?」みたいな事を言った。


その時は、別に何もなかったが、先日の連休に電話があり、
「Kの奴、今日も嘘ついて他の女と会ってるみたい。

許せない」という内容。


僕が「ウチに来ない?」と聞くと、「……うん。

」とだけ言い電話を切った。


しばらくして、M美から携帯が鳴り近くまで、向かえ行く事に。

僕はドキドキしながら、M美、緊張した顔してるのかな?とか思いながら、向かえに行った。


家に着き、部屋に招き入れた。

M美は緊張してる様子もなく、Kの悪口をどんどんまくし立てた。

相変わらず、気が強い女だ、と思いながらも、話を聞き相づちをうった。

しかし、あらめてみると、やっぱりM美は髪もサラサラ、色白で、とても美人で、胸こそ小さいが、ポコッと膨れていて、それが又そそる。


しばらく話を聞き、
(M美、抱かれにきたかと思ったが、そんな雰囲気じゃないなー)と思いながらも、勇気をだして、仕返しの話を切り出した。

「仕返しはしないの?」
その話になると、しばらく黙り、
「うん。

それも考えたけど、…やっぱり…それは、止めようかな。

僕の野望は、M美の言った「やっぱり」で、崩れおちた。

「やっぱり止めるの?それで気が済むの?」
しばらく沈黙、
「許せないけど……そのっ、経験ないから…」
「!!って事は処女なの?Kとは?」
話を聞くと、キスまではあるけど、恥ずかしくて拒んでいたらしい。

「てことは、M美の友達のほうが、先にKとやっちゃったわけ」と言うと、またM美は怒りだした。

このチャンスを生かして、「俺、Kの友達だし、俺とやらない?Hまでしなくても良いから、少し触るだけ、それでも十分Kへの仕返しになるし」

M美は沈黙していたが、
「やっぱり怖い?、M美にそんな勇気ないよな。

」というと、さすがに、気の強いM美、
「別に怖くないけど。

僕「だったら仕返しする?」
M美「……」
僕はM美の隣に行き、
僕「どうする?じゃあ、さわるよ」
M美「……うん。

色白なM美の目が潤んでる、可愛い!

まず、セーターの上から、膨らみを触った。

小さいが、ほどよい弾力でたまらない。

続いてキス。

M美は目を閉じた。

舌をいれると、少し唇をあけた。

僕は完全に勃起状態。

セーターの中に手を入れ、ブラのホックをはずした。

そして、M美の生乳に触れる!小さいたった乳首。


僕はM美のおっぱいが早く見たくなってセーターを一気に脱がした。

M美は少しビックリして、手で一瞬隠したが、僕が手をどけようとすると、力を抜いた。

M美の乳首!あの美人で気の強いM美が…
素早く、舌でなめる。

「…んっ」M美が、少し声をもらす。

とても小さい乳首は感度も良いのか最高だ。


暫くM美の胸を味わった後、ついに、M美の下半身へ、スカートの中へ手を入れパンティをゲット!スカートのジッパーに手をかけて、ゆっくり下ろす。

パンティの上から、M美のアソコを触ると、M美は少し上半身をあげて、座りこんだ。

M美「終わりにしよ。

僕はうろたえた。

Kともこの辺で止めてたみたいで、パンティを脱がさるて全裸になるのが恥ずかしいから、らしい。

僕は、触るだけと約束したのを後悔した。

僕は、良いことを思いつき、一気に自分も、パンツ一枚になった。

僕「Kのチンポ見たことある」
M美「…ないけど」
僕はパンツを一気に脱ぐ。

M美は、ビックリした顔してるが、チンポを見つめてる。

僕は、M美の手をとり、チンポを握らせた。

僕「初めて?」
M美「…うん」
僕が手を離しても、まだ握っついる。

僕「口に含んで!」
M美「えっ!」
M美は処女だから、よくわからないことを良いことに、普通にみんなやってると嘘をついた。

僕「ほら、早く!」
M美「…やった事ないし…」
急にうろたえてるM美が可愛い。

僕は主導権をにぎった。

M美の頭をもってチンポへ近づけた。

「俺がおしえてやるから、ほらっ、まず、舌で舐めて!」
あの美人のM美が、僕の汚いチンポを舐めた。

「そう、そう、気持ち良いよ。

次に口に含んでフェラして。

ビデオとかで見たことあるだろ!!」
M美「…あるけど」
僕が「早く!」と促すとゆっくりチンポをくわえ、頭を上下させた。

僕「気持ち良い、M美うまいよ。

もっと舌使って」と誉めると、
M美「本当?」
といいながら、一生懸命フェラをつづけた。


M美を四つん這いにさせ、くわえつづけさせる。

フェラのぎこちなさが最高だ!
「気持ち良い」とか、ワザと「あぁっ」とか声をだしながらM美の形の良いお尻をパンティの上からなでてみた。

抵抗しないので、パンティに手を入れる。

抵抗しない、お尻のワレメに手が届いた。

ゆっくりと撫でながらパンティをずらす。

お尻が、半分見える。

「んんっ」
チンポから口離し仰け反るM美!でも、抵抗はしない。

僕は、急いでお尻を舐める、そしてゆっくりとパンティをさげた。

M美「あっ、ダメッ恥ずかしいっ」っと腰を引いた。

M美のお尻が丸見えだ。

大きくて丸い綺麗なお尻。

M美を仰向けにする。

M美のヘアーが見える。

「やん、ちょっとちょっと」といいながらも、本気で抵抗しないM美。

一気にパンティを下ろす。

M美のアソコが丸見えだ。

顔を横に向け、目をつぶり黙っているM美、僕はゆっくりとM美のアソコに顔をうずめた。

ゆっくりクンニをし、唾液とM美の液でピチャピチャ音がする。


「M美の処女、俺がもらうよ?俺が、初体験の男になるね。

みんな羨ましがるだろうな」といいながらチンポをアソコにあてがう。

M美にキスしようとすると、「やだっ」っと拒み、足を閉じる。

「あれっ、怖くなったの?仕返しでしょ?ここでやめるの?」といいながら、足を開こうとするが、少し足に力が入ってる、「優しくするから…」といいながら、またキスすると、「うん。

」と言って力を抜く。

俺「じゃあ、入れるよ。

M美「……」
俺「M美の処女俺が、貰うよ?O.K?M美!」
M美「……うん」
M美のアソコゆっくりチンポを入れる、先っぽが入った、ゆっくり奥まで侵入!
M美のアソコは、想像してたより、気持ち良い!処女にしては緩いのかな?って感じだか、それ以上によくまとわりつく感じが最高だ!
「M美の最高に気持ち良いよ!」って言うと、固く目を閉じたまま、コクッとうなづく。

僕は我慢できなくなり、
「M美、いくよっ」と腰を速める。

「あーいくっ」
M美のおっぱいに思いっきりだした。

暗くて良くわからないが、血がついているであろうチンポをM美に口で綺麗にさせた。

M美は一生懸命いつまでも口で掃除している。

また、立ってきた僕は、もう一度、侵入した。

今度は激しく腰を振る、痛いのか、気持ち良いのか、声出すM美。

M美「あっ、あっ、あっ」
俺「M美、いくよ!良い?」
M美「あっ、あっ、うん」
俺「もう、いくっ、このままだすよ?
M美「あっ、んんっあっ」
俺「M美、いくっM美の中にだすよ。

ドクッドクッと中に出した。


さすがにグッタリ横になると、また口で綺麗にしてるM美。


最高だった。

中出しされてるのに、怒らずに口で、綺麗に掃除してくれるM美。

処女は最高だ!っていうか、M美ってバカなのかな?
サンプル