qqqq
まず俺のスペック。

名前は倉田、24歳男。

フツメンでプチマッチョの彼女いない歴5年だ。

職業は田舎の消防士。

消防士になりたい、って思ったのは高校一年のときだった。

高校の部室棟で小火がでて、消防車がでる騒ぎになったんだ。

うちの部室(おれは男バス)のとなりの女バスの部屋からすげえ煙が出ててさ、中から三人くらいの悲鳴が聞こえんの。

煙はすごかったけど別に火柱がたってるわけでもなかった。

でも俺含め周囲にいた人間はビビって助けに入れなかったんだよ。

そこへ消防車がやってきた。

現場を見るなり、助手席に乗っていたオッサン消防士がだるそうにおりてきて、部室棟の隅にあった消火器(誰も気づいてなかった)をひょいとつまんで煙の中に入っていき、中にいた女の子たちを外に放り出すと、手際よく火元を絶ってしまった。

事後処理がすんで消防車が帰っていくまで、オッサンの表情はずっとめんどくさそうだった。

「こんな小火くらいで手間かけさせんなよな」とでも言いたげだった。

でもそんな不遜な態度が少しも気にならないくらい、彼の動きは素早くて無駄がなかった。

やや遅めの思春期まっさかりだった俺はオッサンに惚れたね。

惚れこんだ。

ああ俺消防士になろう。

ああいうオッサンみたいになりてえわ。

それがきっかけね。

でも現実は厳しかった。

田舎だからなのかわからないが、大火事なんてほとんどない。

俺が高校のとき経験したような小火さわぎがぽつぽつあるくらい。

キツイ訓練をしてせっかく就いた職業なのに、つまらない仕事しかまわってこない(まあ、大火事がないのはいいことなんだけどね)。

小火を消したくらいじゃ大して感謝もされないし。

「人知らずしてうらまず」だっけ?俺は聖人君子じゃないから、そんな日常にくさっていく一方だった。

ただ、ヒマかというとそんなこともない。

近所のババアは「こんな田舎だとヒマでいいわねえ、公務員さまだしねえ」なんて嫌味を言ってくるがとんでもない。

火が出ようが出まいが署にいないといけないし、夜勤だってある。

高校のときから付き合ってた彼女にふられたのも、運悪く記念日のいくつか(彼女の誕生日、クリスマス、付き合いはじめた日)が宿直とかぶっちまったのが遠因だ。

以来出会いも何もない(はす向かいの呉服屋が、やたら農家の娘との見合い話を持ってはくるけどね)。

彼女いない歴5年というのは、そういう事情からだ。

俺はすっかり人生への希望を失って、しぼんでしまった。

大学に行けという両親の説得を無視して、高卒ですぐこの仕事についた。

生活や命を守る尊い仕事に…。

ある時鏡を見てびっくりしたね。

俺の顔、あの時の消防士のオッサンみたいになってんの。

いやいや俺まだ24だぜ?なんでこんなにくたびれてんのよ?
ああ。

これが実情なのか。

自慢じゃないが諦めるのは得意なほうだ。

俺は無駄に永く残された人生を、どうにかこのまま惰性にのって過ごしていく決意をしたんだ。


宿直中は交替で二時間くらいの仮眠をとる。

俺は先輩と入れ替わり、殺風景な仮眠室のベッドにもぐりこんだ。

昔は枕がかわると眠れないタチだったが、今はもう慣れたもんだ。

疲労は最高の睡眠薬だと思う。

俺はあっという間に眠りについた。

…が、すぐに俺は叩き起こされた。

仮眠室の時計を見ると三十分も経ってない。

ついてねえ…。

俺は舌打ちをしてから立ち上がると、下の階へするっと降りた。

ちんたら準備に取り掛かろうとすると、上役である笛吹さんが「急げ!」と叫んだ。

とりあえず準備を済ませて車に乗り込むと、先輩の近藤さんが現場の状況を教えてくれた。

一戸建ての一階居間から出火、一階にいた三人は自力で脱出したが、二階で就寝中の一名が取り残されているらしい。

安否は不明、現場まではあと6分。

西側に隣接する住宅への延焼が懸念される、とのこと。

現場に到着すると、俺は先に降り、野次馬を除けながら車を誘導した。

脇目に見ると、すでに道路から見て正面はすっかり煙につつまれている。

はしごから中に入るには家の側面からだ。

笛吹さんの指揮の下消火活動がはじまる。

家族が「早く娘を!」とすがりついてくるが、突入するにしてもまだ危険だ。

突入経路の確保と延焼の防止を優先し、我々は活動を行った。

火の勢が弱まり、わずかに中の様子が伺えるようになった………階段は無事だ!焼けているのは西側の居間と台所、さらにその奥の夫婦の寝室。

東側の和室から進入していけば、取り残された一名の確保は容易なはずだ。

笛吹さんが顎をしゃくった。

俺はホースのつけかえをしていた後輩の平井に目配せし、二人で内部へ進入した。

火が弱まっているとはいえ、まだ熱気が防火服の隙間から感じられる。

俺は平井に先行して階段を登っていった。

大丈夫そうだ…。

俺は振り返り、平井について来い、と合図しようとした…
急な爆音によろめく。

西側の一階の奥のほうからだ。

階段の手すりからそちらを覗くと、急に勢いを取り戻した火柱が天井を焦がしているのが確認できた。

二階の配置からすると…あの直上が寝室だったはず!まずい…!
こういう場合は一旦戻るべきだ。

俺は家の内部にいるわけで全体を把握していない。

一旦戻って指示を仰がねばならない…。

指示を仰がねば…。

俺の頭の中はいたって冷静にマニュアルを思い出していた。

足許からギイイイ…といやな音がする。

どうすべきかよくわかっているはずの俺の頭とは裏腹に、俺の足は躊躇なく二階へ向かった。

寝室のドアを開ける…と、中には取り残された娘がいた。

パニック状態にはなっていない。

落ち着いて救助を待っていたのだろう、壁際にじっとしている。

まだ床は破られていない。

俺は彼女を抱え上げ、部屋を出ようとした。

娘がきょとんとした顔で防火服を覗き込む。

俺ははっとした。

なんで…気づかなかったんだ。

この家は、こいつは…。

取り残されていた娘は、5年前に別れた彼女だった。

情けないことに俺は脱力してしまった。

落ち着いていたはずの彼女が急に泣き出した。

そして頻りに「ごめん、ごめん」と嗚咽交じりに俺に謝り始めた。

俺たちは仕事が原因で別れた。

別れるときに言われた言葉は忘れられない。

「なんでそんなださい仕事に!」
同じ大学への進学を拒んだ俺に憤っていた彼女。

仕事への情熱を失っていなかった当時の俺。

売り言葉に買い言葉で、俺たちの関係はあっというまに冷え切ってしまった。

俺は被っていた防火服のキャップを脱いだ。

熱気をはっきりと肌に感じる。

彼女のこぼした涙もじんわり熱くなっているだろう。

そうだ、ここは俺の、俺の生涯の仕事場だ。

「助けに来たぞ」
俺はただ一言、伝えた。

彼女はそれに応える代わりに、俺の腕の中で丸くなった。

俺の左胸に、その火照った頬を押し付けて。

だが、大きな安堵とともに、大変な事実が、俺につきつけられた。

背後から急に上がる火の手。

襲い掛かる悪魔の吐息。

俺は目を見開き、叫んだ。

「エターナル・フォース・ブリザード!!!」
巻き起こる冷たい白銀の嵐が、もえさかる火炎を押さえ込む。

「今しかない!」
俺は廊下に彼女を横たえると、防火服を全部脱ぎ去るのももどかしく、すっかり彼女のパジャマを剥ぎ取るやいなや、ギンギンになったチンポを前戯もなしに突っ込むと、五秒くらいで中に果てた。


目覚めた俺を襲ったのは最も残酷な現実だった。

時計はまだ早朝四時。

そうだ、俺消防士じゃねーわ。

ニートだわwwwwww
やっべえパンツがガビガビwwwwオナ禁マラソンて夢精はセーフかwwww????
あーだりい。

とりあえずババアが起きてくる前にパンツ洗濯機にぶっこんで、あらためてもう一回抜いてから寝るか。
サンプル