1431769031_chastnoe-foto-xxx-49
女性は理想の男性に巡り合うまでに、どれだけの恋愛経験を重ねるのでしょうか。

理想の男性に出会ったとき、女性は過去の恋愛経験を完全に忘れ去ることが出来るのでしょうか。


彼との結婚を間近に控えたこの頃、彼も私も気持ちは高ぶっていました。

デートの日には必ずセックスをして、二人の気持ちを確かめ合っていました。

でも、彼に抱かれているとき、過去に他の男性に抱かれた時の記憶が、時々思い出されてしまうのです。


これから話す内容は、私の昔の日記と記憶を頼りに思い出した出来事です。

お恥ずかしながら実話です。

私が大学時代に経験した恋愛の記憶です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当時、私は◇◇女子大に通っていた。

大学2年生の時、私はあるNGOサークルに入った。

そのとき、1年先輩、大学3年生の彼と知り合った。

そのサークルには、いくつかの大学から学生が参加していて、彼は◇大生だった。

最初は、サークルの先輩と後輩という立場で接していた。

そのうち、NGOの話題だけでなく、趣味の話などでも盛り上がるようになり、彼と二人で会うこともあった。

ランチや夕食を二人でとりながら、色々な話をしていくうちに、次第に彼に対する親近感が増していった。

半年くらいたった頃、確か10月頃だったと思う。

二人で大学の近くのレストランで夕食をとった後、彼から付き合ってくれないかと言われた。

なんとなく軽い調子で言われ、私も「うん、いいですよ」と軽いノリで返事をした。


彼と付き合い始めて1ヶ月ほどたった頃、彼に誘われて初めて彼の下宿を訪れた。

学生向けのアパートの一室が彼の下宿だった。

その夜、私は彼に初めて抱かれた。

彼に抱かれながら、私は初体験の時のことを思い出していた。

実は、彼は私にとって二人目の男性だった。


私を初めて抱いた男性、私が処女を捧げた男性は、高校の同級生だった。

同級生の■■君とは、彼氏というよりも友達感覚で付き合っていた。

大学合格が決まって高校卒業を控えていた頃、私は■■君と初体験を経験した。

まだ若かった私は、彼の押しに負け、半ば強引に処女を奪われてしまった。


セックスをするのは二人とも初めてだった。

私は、生まれて初めて男の人の前で裸を晒した。

■■君にパンティを脱がされた時の恥ずかしさ。

はしたなく股を拡げて、自分の陰毛や性器の割れ目まで男の目の前に晒している恥ずかしさ。

その恥ずかしさが、逆に興奮を高めているという不思議な感覚。

自分が今、誰にもいえない秘密の行為をしているという事実。

初めて見る男性器は、太く勃起し天井を向くほど反り返っていた。

保健の教科書でしか見たことの無かった男性器に、初めて触れた感触。

初めて自分の女性器を男の人に触られる感覚。

そのとき、処女なのに私の性器は既に濡れていた。


■■君が正上位で迫ってきた。

コンドームは付けていなかった。

彼の性器を私の性器に挿入するためには、私は股を大きく開かなければならなかった。

女の人の最も恥ずかしい部分を全て露出する、この上ない恥ずかしい格好。

男の人と一つになるためには、女の人が必ずとらなければならない格好。


■■君の太いモノが私の中に入ってきたとき、処女膜が破れる痛みに私は泣いてしまった。

■■君は、私に覆いかぶさり、夢中で腰を動かした。

■■君が腰を動かしている間、私は、両手を■■君の背中に廻して夢中でしがみついていた。

私は、蛙のように両脚を拡げた恥ずかしい格好のまま、股間を貫かれる痛みにじっと耐えていた。

私は、股間の痛みから気をそらすかのように、■■君と唇を合わせ舌を絡めていた。

快感を感じる余裕は無かった。

やがて、私の中で動いている■■君のペニスの動きが早くなったかと思うと、突然、射精した。

こうして、その日、私は処女を喪失した。

私が生まれて初めて体を許した男の人、■■君に私は処女を捧げた。

初めて私の中に精子を注いだ人。

忘れられない初体験。

一生に一度きりの経験。

生まれて初めて味わう恥ずかしさと強烈な痛みの記憶が、私の体に刻まれた。

このときの感覚は今でも私の脳裏に蘇ってくる。

そして、股間にも・・・・。

初体験を済ませてから何日かの間、私は男の人の性器がついに自分の体の中に入ったんだ、という事実をかみ締めていた。

私はもう処女ではない、男の味を知っている、という事実を。

お互いの恥部を全て相手の目の前に曝け出し、お互いの性器を結合させたという経験は、私に、彼と二人だけの秘密を共有しているという気持ちを芽生えさせた。

■■君に対する気持ちもこれまでと変化していた。


それから、4月までに、■■君とは3回セックスをした。

男の人の前で裸になって自分の性器を晒すのは、いつも木っ恥ずかしかった。

しかし、■■君は東京の大学、私は関西の大学と、離れ離れになったせいか、入学してわずか2ヶ月ほどで■■君の方から一歩的に別れを告げられた。

大学生になったばかりの私は、数週間の間泣き崩れていた。


その後、サークルで出会った彼と交際するようになり、私の新しい恋愛が始まった。

交際が進むとやがて肉体関係に発展するのは、恋愛をしている男女にとっては自然なことだと思っていた。

そして、大学2年の晩秋に、私はその彼に初めて体を許した。

私の体の中に二人目の男性の性器が入った。

私の人生で5回目のセックスだったが、男性の前で裸になるのは、やはりとても恥ずかしかった。

セックスをすると、なぜか、お互いの秘密を共有しているという強い気持ちが生じてくる。

そこには、男女の体の最も恥ずかしい所を結合させて、私と彼の体が一つに繋がったという事実がある。

すると不思議なもので、気持ちの上でもお互いの感情が強まっていった。

最初の頃、彼とは週に1~2回のペースでセックスをしていた。

しかし、私はまだ、彼とのセックスでオーガズムを感じたことが無かった。

つまり、イッたことが無かった。

私はそのことをサークルの女の先輩に相談した。

その先輩は「数をこなして経験を積めば、そのうちイケるようになるよ」と言った。


私は、大学の授業には真面目に出席していたし、レポートもきちんと提出していた。

そしてサークル活動にも力が入っていて、わりと充実した毎日を送っていた。

普段は彼と一緒にいることよりも、女友達と一緒にいることの方が多かった。

彼とはサークルの会合のある日に合って、会合が終わると、二人で彼の下宿に行くのが一般的だった。

彼の下宿に行くと、彼は必ず私の体を求めてきたけど、彼とセックスをする関係になってからは、それは自然な流れだった。

そのうち彼の部屋の合鍵を私も持つようになって、彼の部屋で、彼が大学から戻ってくるのを待つこともあった。


2週間ぶりに彼の部屋を訪れた時のことだった。

彼は卒論の研究で留守だったので、私は1人で彼の部屋で待っていた。

夜になって、彼が大学から帰ってきた。

「ひさしぶり~」と私は言った。

彼はいきなり私に抱きついてキスをしてきた。

そして私を四つん這いにするとスカートを捲り上げた。

私の白いパンティが彼の目の前に晒された。

彼はパンティの後ろを絞り上げた。

パンティが私のお尻の割れ目に喰い込み、まるで褌を締めているかのようになった。

彼は私のお尻に顔を摺り寄せ、パンティの上から私の陰部を弄った。

「いや~、恥ずかしい~」初めて四つん這いの格好になった私は、恥ずかしさで一杯だった。

彼はしばらく私の陰部を弄んだ後、私のパンティの縁を持って、一気に膝までずり下ろした。

私の恥ずかしい部分が彼の目の前に露出された。

彼からは、私の性器だけでなく、お尻の穴までも丸見えだった。

彼もズボンを脱いで下半身裸になった。

見ると、彼のモノは既に天井を向くほど反り返っていた。

すぐに彼の太い男性器が、後ろから私の股の割れ目に突き刺さった。

「あああっ~~」私は思わず声を上げた。

コンドームを付けていない生の男性器の感触が私の股間に広がった。

彼は私のお尻に激しい勢いで腰をぶつけながら、私の尻たぶを両手で掴んで、時々グワッと左右に拡げたりしながら揉みしだいていた。

久しぶりに、自分の膣に男性器を挿入されたということだけでなく、初めて後ろから貫かれた恥ずかしさが、逆に私の快感を高めた。

いつの間にか、私の膝はハの字型に大きく広がり、膝まで下ろされていた私のパンティは限界まで伸びきっていた。

私は、男性の前にお尻を大きく突き出した格好で、お尻にぶつかる彼の気持ちを感じていた。

すぐに彼の動きが一層激しくなり、同時に私の体の中で彼の性器がグッ~~と大きくなるのを感じた。

その直後、私の性器を貫いている彼の性器の動きが一瞬止まった。

彼が射精した瞬間だった。

2週間分の彼の精子が、私の膣内に放出された。

射精しながら、彼は3度、4度と私の膣の奥まで性器を突き上げ、私の中に男性の印を搾り出した。

私は「妊娠」ということが一瞬頭をよぎったが、幸いなことに安全日だったので、大丈夫だろうと思った。

お互い久しぶりのセックスだった。


私はその日、彼に2度抱かれた。

一度射精したからなのか、2度目のセックスの時には、彼は時間をかけて私を愛してくれた。

彼の男性器が私の体の中に長い時間入った状態で、私達はお互いの気持ちを確かめ合った。

このとき正上位で彼に貫かれていた私は、彼と密着している股の間から、いつもと違う感覚が湧き上がってくるのを感じた。

私は恥ずかしいヨガリ声が抑えきれないほど出た。

その感覚は、私と彼の性器の結合部分からジワジワと背中を通って広がり、突然物凄い快感が全身を覆った。

私は、ついにオーガズムを経験した。

生まれて初めて味わう感覚だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼とはその後、私が大学を卒業してからも2年間ほど交際していました。

しかし、就職先の関係で遠距離交際になってしまったため、お互いの気持ちも自然に冷めてしまい、結局、彼とも別れてしまいしました。


結婚を決めた今の彼と出合ったのは、それから半年後のことでした。

私にとって生涯で3人目の男性です。

私の旦那さんとなる今の彼を、私は愛しています。

私が過去に交際した男性は、青春時代の切ない思い出として、私の記憶の片隅に残っています。


高校卒業を控えたあの日、私を初めて抱いた男性
生涯で初めて私の性器を貫いた男性
大学時代に私を抱き続けた男性
私の体の全てをさらけ出した男性
私の体の中に精子を注ぎ込んだ男性
私の体に男の印を刻み込んだ男性
裸ですべてを曝け出し抱き合っていた青春の日々

私がこれまで経験した恋愛
サンプル