2edd55199b5f4473237b7e83f0180b92
小中高とサッカーを続けていたマキオ。

進学した大学ではレベルが高く部活でのサッカーを続ける気は全くなかった。

それでも遊びでもいいからサッカーは続けていたいと思っていたところ、自分もかつて所属していた子供のサッカースクールがコーチのアルバイトを募集している話がマキオの耳に入ってきた。

時給1000円で子供たちとサッカーが出来るならと思いさっそく電話で申し込んだ。

かつての所属スクールということもあり話は直ぐにまとまった。

大学の友人たちはサークルやチャラいバイトで色々なエロい体験をしてエロ話を聞かされることもあったが、マキオは大好きなサッカーを選んだのであった。

サッカーのコーチと言ってもライセンスがあるわけでもないマキオは、低学年の子供たちにサッカーの基本と楽しさを教えるだけの簡単なものであった。

対象は小3以下の男子と小6以下の女子生徒であった。

自分が所属していた頃は男子のみだったので女子がいることには少し驚いた。

というのもマキオは女子とは無縁の生活を過ごしてきたので、小学生とはいえ女子がいることで緊張度が高まっていたのである。

6年生ともなるとTシャツの上からでも胸のふくらみが分かるくらい成長している女子もおり、また短パンから露出された太腿にエロさも感じられるくらいの女子もいたのである。

そして、そんな中練習が始まった。

練習の前には必ず準備体操を行うのであるが、その後は2人一組で柔軟体操を行っていた。

小学生なのでなるべく同じ身体の大きさ同士でコンビを組むので、6年女子が1人余ることも良くあるのだ。

そうすると、その相手は自動的にマキオとなる。

6年女子が両脚を前に出して座るとその背中を押すのだが、ついつい背中を触りながらブラを付けているかを確認してしまうマキオであった。

すでに胸が大きく成長している女子はスポーツブラをつけていることもあったが、多少の胸の膨らみではブラを付けていない女子が大半であった。

続いて開脚して状態を左右に曲げる柔軟体操になると、マキオはしっかりと太腿を上から眺めたのであった。

そして最後にサッカーならではの柔軟体操があった。

片足を前に出しもう片方を後ろに曲げるスライディングの時の態勢である。

ちょうど陸上のハードル競技でジャンプするときの態勢に似ている形であった。

この時は全員が1人でやるのでマキオは1人1人を丁寧に見回った。

と言ってもちろん高学年の女子だけである。

前に出した脚が曲がっていたり、後ろに曲げた脚が綺麗に90度になっていなかったりすると、マキオは両手で脚を触りながら修正をしてあげたのであった。

もちろん大人になり始めた女子の太腿を触るのはドキドキものであったが、それ以上に興奮したのが後ろに曲げた脚の付け根の短パンの隙間からパンツがモロに見えることであった。

あくまでもスライディングの態勢ということで、相手は目の前にいる想定なので目線は前を向いている。

なので女子の目線を気にせずにマキオは毎回ここで女子のパンツの色をチェックしていたのであった。

 
そんな楽しみが多い練習前であったが、ある日、女子生徒から思いがけないことを言われたのであった。

スライディングの柔軟体操中にマキオいつものように女子のパンツをチェックしていたのだが、そんな中「難しいから先生やってみてよ」とミホコが言ってきたのだ。

小中高とサッカーをやってきて、しかもディフェンダーとして活躍したマキオにとってスライディングポーズはお手の物であった。

「こうやるんだよ」と言って少し勢いを付けて実際にマキオは滑って見せた。

右足を前に出し左脚を後ろに綺麗に90度になるようにスライディングポーズをとったのだ。

と、その時。

マキオはハッと思った。

これまでと感覚が違うことに気が付いたのだ。

高校まで下着はブリーフを履いていたのだが、大学生になってからはトランクスを履くようになったのだ。

スライディングの態勢になった時に違和感を感じたのは、後ろに曲げた左脚の付け根であった。

これまで女子のパンツを覗いていたマキオであったが逆の立場となっていたのだ。

しかもトランクスである。

スーッと風が股間に入ってくる感覚がマキオには分かった。

チラッとミホコを見ると思いっきりマキオの股間に視線がいっていたのだ。

マキオは恥ずかしくなり、立ち上がりながら自分の股間を覗いてみた。

もしかしたらキンタマがはみ出しているかも、と心配したマキオであったがそうではなかった。

なんと包茎のオチンチンの先っぽがポロリとトランクスの隙間から露出していたのだ。

『げーっ』と心の中で叫んだマキオであったが冷静を装い次の練習へと進めていった。

そしてグラウンドを軽く1周する間にマキオはトイレに駆け込んだ。

立ったまま短パンの隙間を覗いてみると、すぐそこにオチンチンが見えたのである。

ミホコには完全に見られたと思うと急に興奮が高まってしまい、思わずオチンチンをしごいてしまうマキオであった。

結局、その日の練習は集中出来ずに何の練習をしたかも覚えていないくらい動揺しまくっていたマキオであったが、本当の興奮はこの後であった。

オチンチンを覗かれたミホコや高学年の女子たちは練習が終わるとすぐに帰ってしまった。

残された低学年の子供たちは母親が迎えに来て一緒に帰るのが決まりとなっていた。

母親が迎えに来ると子供は駆け寄り、母親はしゃがんで「今日は頑張ったかな?」と話しかける光景が良く見られた。

マキオはそんな子供の頭を撫でながら「今日は頑張ったよな~」といいながら褒めてあげるのであった。

しかし、本当のマキオの目的はそんなことではなかった。

しゃがんだ母親の胸元を上から覗き込むことが目的であった。

子供に夢中になった母親は胸元が開いたり、時にはスカートで股を開いても気にすることはなかったのだ。

そんな練習後の楽しみを堪能していたマキオであったが、ふと母親を見ると視線が自分の股間にいってるのが分かった。

「あっ」と思ったマキオであったが、やはりそうであった。

短パンの横から包茎のオチンチンの先っぽがポロリと顔を出していたのだ。

「あ~」と言いながらマキオはオチンチンを中に押し込むと母親は無言のままニッコリと微笑み返してくれたのだ。

包茎のオチンチンを見られたマキオは恥ずかしさよりも興奮度の方が明らかに勝っていた。

興奮を抑えきれなくなったマキオは「お母さん、ちょっと話があるので良いですか」と言うと「いいわよ。

ちょっとここで待ってね」と子供に言うと2人は体育館の裏へと移動した。

「さっき見てましたよね、僕のオチンチン」「あら、ごめんなさい。

」「いえいえ、謝らなくてもいいんですよ。

ただ・・・」「ただ、何?」と母親が優しく問いかけると「僕は包茎ではないです。

ちゃんと剥けるんです。

男のプライドとしてそれだけは明らかにしておきたいんです」とマキオは言うと短パンの横から皮の被ったオチンチンを取り出し、母親をしゃがませると目の前でオチンチンの皮を剥き始めた。

「ほらね、包茎じゃないでしょ」とマキオが言うと、「触っていいかしら」と言いながら既に右手がマキオのオチンチンに触れていた。

そして数回前後に手を動かしたあと、パクっとマキオのオチンチンを咥えたのであった。

まだ半勃ち状態であったマキオのオチンチンはみるみる大きく固くなっていった。

「あ~出る~」とマキオが言うと「出して~」と大きく口を空けてマキオの放出液を全て受け入れたのであった。

「続きはまた今度ね」と母親は言い残すと子供のもとへと戻っていった。

その後、息子の練習がない日でもサッカーの練習を見学に来るエロい母親であった。

サンプル