5ebf62bafe6462224682020f97e94540
私の妻はファッション関係の会社に勤めていました。

退職して念願であった自分の店を開くことが出来た。

と言ってもお洒落な若者向けのお店ではなく、大きいサイズの専門店であった。

理想は若い人にも受け入れられる洋服を自ら作って売りたかったのだが、現実を考えてある程度需要がありそうな大きいサイズの専門店に目を付けたのだ。

しかし、2階の小さな店ということもあり頑張ってはみたもののなかなか売り上げを伸ばすことは出来なかった。


そんな中、ある客の来店をきっかけに大きく売り上げが伸び始めたのであった。

その客とはオネエのお客さんであった。

新宿という場所柄、オネエやニューハーフの人達が多く、大きなサイズの洋服を探すのに苦労していたのだそうだ。

マリエは自らデザインも出来ることからニューハーフのステージ衣装なども依頼されるようになり大忙しの日々が続くようになった。

しかし、問題があった。

それは店が狭すぎて採寸や衣装の打ち合わせをするスペースが全くなかったのだ。

そこでマリエは土日の店はアルバイトに任せて、自宅で依頼された衣装や洋服の作成に取り掛かるように決めたのだった。

そして、とある土曜の午後。

この日はニューハーフさんが衣装合わせに自宅を訪れることとなっていた。

夫のタカオは邪魔にならないよう、競馬やパチンコをやるために外に出かけるのが恒例となっていた。

この日も新聞を持って場外馬券売り場まで行き、いざ馬券を買おうとした時である。

財布を忘れたことに気が付いたのであった。

財布がなければ当然馬券を買うことは出来ない。

仕方なくタカオは歩いて自宅に戻ったのであった。

自宅に戻るとタカオは妻の仕事の邪魔にならないように静かに玄関のドアを開けた。

そしてリビングに置いてあった財布を手に取り部屋を出ようとした。

しかし、打ち合わせをしているはずの隣の部屋が思ったより静かだったのでタカオは気になって部屋を覗いてみた。

襖を3cmほど開けて部屋の中を見てタカオは目を疑った。

そこには全裸のニューハーフが仁王立ちしており、その股間に妻が顔を埋めていたのだ。

妻が何をしているのかをタカオはすぐに察知した。

ピチャッ、ピチャッと音を立てながら妻はフェラを続けていたのであった。

やがて妻はニューハーフのオチンチンを手放すと四つん這いの態勢となった。

そして自らスカートを捲るとパンティーを一気に膝までズリ下ろした。

初めて見る妻の姿に戸惑いながらも、驚いたのはニューハーフのオチンチンであった。

長い髪に膨らんだ2つの乳房を見る限り上半身は普通にオンナなのだが、股間には立派なオチンチンが付いているのだ。

ニューハーフはその立派なオチンチンをバックから妻に挿入したのだ。

「あ~ん、いい~」と久しぶりに聞く妻の喘ぎ声に興奮してしまったタカオは、5cm、10cmと襖を開けてしまったのだ。

妻の喘ぐ横顔、バックから挿入されるニューハーフの大きなオチンチン、そしてニューハーフの顔を見ると••••
なんとタカオはニューハーフと目がバッチリと合ってしまったのだ。

しかし、ニューハーフは何も気にせず腰を動かし続けたのであった。

それどころかタカオに向かってこっちに来いと手招きしてきたのだ。

タカオは引き寄せられるかの様にニューハーフの近くまで歩み寄った。

するとニューハーフはタカオの耳元で囁いた。

「あなたが財布忘れて戻ってくること奥さん分かってたみたいよ」と言ってきたのだ。

「えっ」と思ったタカオは妻の顔を覗き込んだ。

すると「あら、あなた。

ごめんなさいっ」と妻は言ってきた。

「謝ることはないよ。

」とタカオは言うとズボンとパンツを下ろし、ニューハーフほどではないが大きくなったオチンチンを妻の口に含ませた。

「あ~、あなた~」とマリエは言うとパクッとタカオのオチンチンを咥えたのであった。

するとニューハーフは挿入を辞め2人から少し距離をとった。

それに気付いたタカオはマリエの後ろに回り込みバックから挿入を試みた。

「あ~、久しぶりだわ~」とマリエは恍惚の表情を浮かべた。

何年ぶりかの夫婦の営みに2人は興奮を隠せなかった。

それを見ていたニューハーフはゆっくりとマリエに近付き大きなオチンチンをマリエの口の中へと運び入れた。

生まれて初めての3Pに大興奮のマリエは、そのまま絶頂をむかえたのであった。

 
その日以来、夫のタカオは週末だけ妻マリエの仕事を手伝うことになった。

ニューハーフとの3Pや4Pも経験した2人であったが、この日は違う展開が待っていた。

土曜の午後、やってきたのは身長175cmの元モデルのカナコだった。

40過ぎてからさすがに太ってしまい、なかなか似合う服が見つからないのでマリエにデザインから作ってもらうことになったのだ。

まずは採寸ということでカナコは服を脱ぎ始めた。

元モデルということで近くに男がいても気にせず、堂々とした脱ぎっぷりであった。

ブラとパンティーだけの姿になったカナコだが、マリエから「ブラも取ってね」と言われると躊躇なくブラを一気に脱ぎ捨てたのであった。

少したれ気味とは言え小ぶりながら張りのある綺麗なバストであった。

パソコンに向かって作業でもしているかの様なタカオであった、もちろんカナコの身体を横からしっかりと眺めていたのだ。

しかし、ここからは真面目に仕事をしなければならなかった。

マリエが採寸するデータをパソコンに打ち込むのがタカオの仕事であった。

パソコンに慣れていないタカオは必死に入力を続け何とか最後まで終えることが出来た。

そしてカナコを見て驚いた。

いつの間にかパンティーまで脱いで全裸になっていたのだ。

「お~」と思わず声を上げてしまったタカオであったが、しっかりと綺麗に処理されたカナコの陰毛を眺めていたのだ。

服を着た妻と全裸の元モデルが立ったまま普通に世間話をしている光景は何とも不思議であった。

すると妻はタカオを呼んで「カナコさんの旦那さんがあなたと同じ体型だから」と言って服を脱ぐように言ってきたのだ。

旦那の服を作るために体型が同じタカオを採寸するということだったのだ。

タカオはパンツ一丁になると妻は「ちょっとトイレ行くからカナコさん採寸しといて」と言ってメジャーを渡したのだ。

「はい」と言って受け取るとカナコはタカオの肩から採寸を始めた。

ウエストを測り終わると今度はヒップだ。

仁王立ちのタカオの前にしゃがんでカナコは両手をタカオの後ろへと伸ばした。

するとカナコの唇がタカオの股間にタッチしたのだ。

「あっ」と声を出してしまったタカオであったが、カナコは気にせずメジャーを前に持ってきて採寸しようとした。

しかし、「ちょっと股間膨らんでるでしょう」と言ってきたのだ。

「あっ、すいません」とタカオが言うと「ちゃんと採寸出来ないから」とカナコは言いながらタカオのパンツを一気に膝下まで下したのだった。

すでに大きくなったタカオのペニスが現れるとカナコはパクっと咥えてフェラを始めたのだった。

「あ~」と言いながら頭の中が真っ白になったタカオであったが、もちろん止める理由などなかった。

やがて妻が戻ってきたのだがカナコはフェラを止めない。

そして妻も気にすることなく仕事の続きを始めてしまった。

状況が把握できないタカオであったが、カナコの濃厚なフェラに耐え切れなくなり「あ~出る~」というとカナコの口の中へ発射したのであった。

「マリエさん、やっぱりウチの旦那とサイズ違うみたいだからまた今度にするわね。

」といってタカオの採寸はあっさりと終わってしまったのだ。

もちろん最初から旦那の服など作るつもりはなく、フェラが目的のカナコであった。

帰り際にマリエはカナコに「どうだった?」と聞くと「良かったわ~。

またお願いしようかしら」と言って笑顔で帰っていったのであった。

その後、洋服を作るわけでもないのに、たびたび採寸に訪れるカナコであった。

サンプル