0226
趣味は川で魚釣りです。

先日もいつものように出かけたのですが、フッとみると大量のエロ本が捨てられていました。


これが結構マニアックな本ばかりで、ついつい見ながらオナニーしてしまったんです。


気が付くと僕の背後に人の気配がしました。


慌てて振り向くと、1人のおばちゃんが立っていたんです。




「手伝ってあげようか?」
そういっておばちゃんは僕の前に来て、そのまま僕のペニスを咥えました。


最初はさすがに驚いたのですが、おばちゃんのフェラが上手すぎて理性を失ってしまったんです。


オッパイを揉んでも嫌がる素振りを見せなかったので、服の中に手を入れて生で揉みました。


 
凄く軟らかいオッパイで、興奮しました。


するとおばちゃんの息遣いが徐々に荒くなり、僕の手を取ってパンツの中に。


オマンコはもうグチョグチョに濡れていました。


そのままズボンとパンツを脱がせ、思いっきりクン二。


ちょっとオシッコの臭いがしましたが、構わずクリトリスを責め続けました。


かなり大きめのクリトリスが、更に勃起したように大きくなりました。


そのまま舐め続けると、ちょっとオシッコを漏らしてしまったようです。


そしていよいよオマンコに挿入。


入り口が凄く狭くて、メチャメチャ気持ち良かったです。


中に出して良いよと言うので、そのまま思いっきり中に射精。


おばちゃんは川で僕の精液を洗い流し、そのまま笑顔で帰って行きました。


まさか魚釣りに行って、こんな美味しい思いが出来るとは。


 

サンプル