kimama01
処女かと言われたら・・・まぁそうかも・・・。


彼とは何度かラブホに行ってたけど、心の準備ができてなくてずっと触るだけだった。


24の秋、思い切って一緒にお風呂に入ってみた。

ラブホのお風呂はシャワーもジャグジーもTVもついててすごかったけど、
そんなこと構ってられないくらいはずかしかった。

彼のちんこも見れなかった。


「やっぱむり、いや、でももうがまんできない。

でもはずかしい」
とダダをこねていたらひょいっとお姫様だっこでベッドまで運ばれた。


胸を触ってくる手を何故か必死で払って抵抗していたけど、キスしてるうちに
何で抵抗してるんだ?って何も考えられなくなってきた。

気付いたら胸を揉まれてて、「あっ、抵抗しちゃいけない」と思考が変わった。

けど、乳首を吸われたら恥ずかしさがピークに達してしまい、思わず彼をビンタ。

謝りながら訳も分からず「せめて暗くして」とお願いする。

私の頭を飛び越えてパネルをいじる彼の脇毛を見ていると、何でこんなことしてるんだろう……と一瞬我に返った。

ぼけっとしていたら、彼の指が私のあそこを触り始めた。

濡れてる、と言われて恥ずかしくて彼を蹴った、ら、その足を掴まれて引き寄せられた。

わっ、と思ってるうちに両手を頭の上でまとめて押さえ付けられて、パニックになってると、視界の端にチェック柄が。

トランクスなんて初めて見た。

けど、何で中に何か入ってるの?……あっ、勃起してるんだ!って気付いて、「人体の不思議だ」って呟いてしまった。

せやなーと軽く流されながら、「今日は最後までする?」と訊かれて、まごまごしながら頷いたら、急に体の上から彼が退いた。

パンツ脱いで、何かゴソゴソ破って……ああ、コンドームつけてるんだ、と気付いた途端、
いたたまれなくなって枕に抱きついて何も聞こえない、見えないフリをした。




正常位で、あそこに初めて指より太いものがあてがわれた時の素直な感想は「入る訳ない!」だった。

案の定、1mm進んだかその程度で痛い痛い!と逃げてしまった。

鼻から500円玉出すくらい!と力説しても「意味分からんw」と彼は苦笑するだけ。

「一気にいった方が痛くないかも」「むりしぬ」「じゃあペペ使ってみる?」「なにそれ」「ローション」
じゃあ、と頷いたら、彼はよいしょっとベッドから降りて部屋の隅の自販機?みたいな所からローションをとってきた。

その光景を見ながら、私何してんだろ……とまた我に返りかけたけど、素になる前に彼が戻ってきた。


私とあそこと彼のものにローションを塗っても、やっぱり入らない。

痛い。

何度試しても無理、横からも後ろからも
(よつんばいはお尻にコンプレックスのある私にはとても屈辱的な体勢に思えた)
テンションを維持するためらしい、彼が私のあそこにちんこを擦り付ける、その動きにびっくりしながら、
「もう、お前が自分で入れるしかないで」という呆れの混じった言葉に、その日一番の衝撃を受けた。


いやいやむりむり!とあわてふためいたことまでは覚えているけれど、そこから先のことはあまり記憶にない。

気付いたら彼の下腹部に乗って、初めて触るちんこの弾力にウインナーみたいだな、とか考えてた。

入り口にあてがっても、やっぱり痛い。

でも今頑張らないと一生処女だ!と決意を固めてぐっと腰を下ろした。

立てた膝がプルプルしてる。

ゆっくり降りてるつもりなのに、まだ先っぽも入ってないらしい。

男の人のってなんでそんな長いの、ひどい。

私がよっぽど酷い顔をしていたのか、彼は腰を撫でたり声をかけて励ましてくれた。

膝が体重を支えきれなくなってきた頃、「全部入ったで。

おめでとw」と彼が教えてくれた。

触ってみると確かに隙間が、指1本分もなかった。

やっとだ、でもこれからどうしよう?と考えはじめた矢先、彼が起き上がってあっという間に正常位になってた。

ゆっくり出し入れされて、まず最初に感じたのは「う●こが出そう」だった。

痛くはなかった。

出そう、止めてトイレいく!と息絶え絶えに訴えても、ダメと却下されて、突かれた。

恥ずかしいわ、漏らしたらどうしようかと心配だわ、でも初めてを楽しまないと、と混乱して、
正直快感とは程遠かった。

でも声は勝手に出る。

なにあれこわい。

そのまま彼がいくまで10分くらい(私には1時間くらいに感じた)突かれ続けた。

夢中になってる彼はそれまでで一番可愛くみえた。


結局私はいけなかったけど、今ではいい思い出です。

あれでよかったんだと思う。

大して痛くなかったし。

彼とは今も仲良くしてます。

へたくそな長文失礼しました。

サンプル