0164
高校卒業間近の日のこと。

あれは午後くらいだったか・・・。

『あっちゃ~~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。

その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。

運転席には下品なクルマにふさわしい女が居た。

後で知ったのだが女は一歳年上で、髪がキンキン、タバコ臭い、と誠に困ったねーちゃんだった。



「チ○コのデカイ童貞が居る」
と聞いたねーちゃんが面白がって悪友のケツを叩き、俺の家にやって来たのだった。


悪友から経緯を伝えられ、ひと言「すまん そう言う事だ」と言われて、
そして、そのまま拉致られた。


拉致られた先は女の家でボロいアパート2階だった。

だが外見はボロいが、ねーちゃんの部屋は意外な事に片付いていて、なお且つ女の子の部屋だった。

部屋に入ると、「先に風呂だ」、「石鹸使って、チ○コを3回洗え」、「(チン)玉袋も洗え」と命令された。

俺は拉致られた上に、命令されるのが癪なので、チ○コを3回洗ううちの1回は高そうなシャンプーでチン毛を洗った。

そして身体を洗う為のタオルでチン玉袋と尻の穴周辺を重点的に洗った。

そのタオルに、少なくとも5本以上チン毛が付いたはずだがそのままにしておいた。

風呂を出ると悪友の姿は無かった。


その日に、オマ○コがトロトロに柔らかいと知りました。

その日に、膣の中があんなに気持ちが良いと知りました。

オスとしての本能で、ねーちゃんの中に出すと、へその辺りがなんとなく満足するんです。

そして女が逝き過ぎると静かになると知りました。


ねーちゃんの初物喰いのシュミレーションからすると、童貞相手だから、『アラよ!』って感じで1・2回もてあそび、
『なんだ オメー もうおしまいかよ』って偉そうに振舞う予定だったらしい。

でも俺、高校で陸上部だった。

それも長距離専門で、部活引退していてエネルギーを発散したくてウズウズしてた。

だから射精しても直ぐにチ○コパワーは回復する。

当然ねーちゃんの中でチ○コが暴れる時間が長くなる。

3回目に俺に乗られた時、ねーちゃんは『この男 マズイかも?』と思ったとの事。

そう 俺は猿になっていました。

「コラァ! もーアカンて!」と言われても乗かって腰を振っていた。

ねーちゃんは乗られるたびに、『コイツ またかよ』、『もう 知らん 寝かせて』と思ったとの事だった。


朝方、俺はうたた寝から目が覚めると、隣に寝ているねーちゃんに無言のまま乗った。

当然ねーちゃんのあそこは濡れてない。

オレはつばをチ○コにまぶし、無言でズブズブと突っ込んだ。

ねーちゃんは「もう ゆるして」とか言っていたが、覚えたてのサルは許すわけなく、ひたすら腰を振る。

チ○コはMAX状態。

そしてねーちゃんの中は相変わらず気持ちいい。

だがこの日、俺は随分射精していた。

3回目に射精した時はチ○コの先から出る物がほとんど無かった。

だから気持ちは逝きたい、けど逝けない。

逝けないのでねーちゃんに向って強烈に腰を振る。

ねーちゃんは、
「はやく逝ってぇ! もーいやぁぁぁ 死んじゃうよぉぉ」と泣きながら、身体がビク、ビクしていた。


家を出るまでに何回やったか覚えてないが、俺がボロいアパートから出る時は夕方だった。

ねーちゃんは熟睡していた。


それ以後4年の間、オレはねーちゃんとは恋人でも友人でもなくて、あくまで知人として接し続けていた。

でも時々SEXもした。

だいたい年に4・5回くらいだったかな、あのボロいアパートでチ○コがふやけるくらいした。

大概、当たり前の様に2晩くらい連泊だったが、もっと泊まってもねーちゃんは何も言わなかった。

いつの間にかオレ用の歯ブラシとか茶碗や箸とかも有ったし、大学3年の時泊り行ったらオレのパジャマも買ってあった。


その4年間の間に金髪バリバリだったねーちゃんは、同じ女とは思えないくらい清楚な女に脱皮した。

「俺の前では吸わないで」と言ったら、その日からタバコを辞めた。

(らしい)
10人近くの男からコクられたらしいが、全員その場で断ってしまった。

(らしい)

俺が大学を卒業し、就職先も決まると、
「お祝いしてあげるね」と言われ、ねーちゃん家で焼肉を食べた。

「今日だけは貴方の彼女になってもいい?」と聞いたので、
俺はうなずいた後、「俺の女って事で○○(ねーちゃん)の陰毛を剃る」と言った。

戸惑うねーちゃんを無視して、風呂場に連れ込みツルツルに剃ってしまった。


その後、ベットに戻ると赤の油性マジック(太字)で、
太ももの内側に「一生○○(俺の名前)の女」。

逆の太ももには「所有者○○」と書いた。


俺の変態行為を耐えていたねーちゃんは、下手くそな文字をじーっと見て、
「本気なの?」と聞いてきた。

俺は「うん」と答えると、
もう一回、怒った様な顔をして
「本当に本気なの?」
「しつこいよ。

 今からお前は俺のモノだよ。

 誰にも渡さんから」 
「もう一回言う。

 オマエは一生涯俺だけのモノ。

それがイヤなら今この場で言え!」

だが威張れたのはこの時だけだった。

現在は妻になったねーちゃんの尻に敷かれているが、その尻がやわらかいのでそれはそれで居心地が良い。

でも、ねーちゃんの本質はM気質みたいで、オレがベットに引っ張り込むと、途端にそのスイッチが入る。

だから逝く直前にじらしたり、言葉責めして遊んでしまう。

ねーちゃんは子犬みたいに、かわいい女になる。

サンプル