143
小学生の時です。

六年生にK君っていう、ちょっといいなと思っている男子がいました。

足が速くて不良っぽい感じで目立ってて。

今思うと、不良っぽいっていっても小学生だし笑っちゃうけど(笑)。

当時は一つ年上ってだけで大人って感じで、憧れの対象でした。

ある日、日直の仕事で一人だけ帰りが遅くなりました。


誰もいない教室で帰り支度をしている時にふと思い付きました。

今ならK君の教室、誰もいないかな?そう思うといてもたってもいられず、ドキドキしながら一つ上の階にあるK君の教室に向かいました。


こっそりチェックしてあったK君の席を見つけて座りました。

冷たい机にそっと頬を付けてみたり。

それだけでドキドキして最高の気分でした。

「誰だ?何してんだよ」突然の声にビックリして顔を上げると、そこにはK君がいました。

「え、あっ、あの、」思わずキョドっていると、K君が近づいてきます。

「お前、五年だろ?俺の机で何してんだよ」五年って、K君知っててくれたんだぁ。

こんな最悪の状況でもうれしかったのを覚えています。

「あの、K君の、つ、机で、あの、ごめんなさい!」もう支離滅裂です。

それを見て、K君の表情が変わりました。

ニヤリ。

「お前さ、時々俺の事見てたよな。

」ば、バレてる、、、「今、俺の席でエロいこと考えてただろ」そんな事ない!絶対にない!「俺の事好きなんだろ?だったら言うこと聞けよ。

」と言うが早いか、抱きつかれました。

憧れのK君に突然抱きつかれ、パニクって動けない状態。

パンツの中に手を入れられても抵抗できませんでした。

今まで自分でアソコを触った事はありましたが、K君の手で触られると、何倍も気持ちいい。

K君は小学生なのに、手が早いって噂は本当だったんだ、、、そんな事を思っていたらあっという間にパンツも脱がされ、弄られ、感じされてしまいました。

あれから10年。

今でも思い出してオナニーしてしまいます。

k君がしてくれた手コキを想い出しつつ・・
サンプル