0836
古いボロアパートに引っ越した。

外観はそこそこ綺麗だけど中は酷くて、壁も薄くて会話や生活音も全て隣人につつ抜けだった。

だけど家賃の安さに負けて1年半住んでいた。

その間に隣人は3度変わったんだけど1人だけ女の子が入居してきた事があった。

その子はガリガリの骸骨みたいなブスだったけど声は可愛かった。

そんな彼女は毎日声を潜めて一人で慰めていた。

声を潜めてるんだけどたまに漏れる色気のある可愛い声に俺はすっかりやられていた。

その日も隣の女の子が慰める声を聞きながら俺も自分で息子を慰めていた。

しかしふと自慰中の彼女の部屋を訪れたらどういう反応をするのかという考えが頭に浮かんだ。

そこでいてもたってもいられなくなり、静かに部屋を出て隣のチャイムを押した。

しかし反応が何もない。

もう一度押すと中から彼女が出てきた。

今までこの子は自慰をしていたんだと思うと我慢出来なくなり、玄関から部屋の中に押し倒した。

スウェットの中に手を入れると彼女はノーパンだった。

当然あそこはグチョグチョに濡れている。

その状況に余計に興奮した俺は無理矢理スウェットを脱がし、息子を挿入した。

彼女は抵抗しなかった。

この出来事以来、彼女とは毎晩やりまくった。

サンプル