0640
日中は主人の会社で事務仕事をしています。

従業員は29歳の新くんと言う子が一人だけの小さな会社です。

新君はイケメンで、私の好みで私が採用したようなくらいタイプの子です。

主人は外回りが多いので昼は新君と食べることが多く、そのときに飲みに誘われました。


私は心の中で叫びたいほど嬉しかったんですが 少し迷いました。



でも新君はそのひと月前に彼女と別れたばかりで元気もなかったので「主人に内緒で行く?」と言うと、「はい」と新君も言ってくれました。


その週末 私は女友達と飲みに行くと主人に言ってたので、それを早めに切り上げるから迎えにきて、と打ち合わせをしました。


当日飲みに行き女友達には「すぐに帰るから」と言うとみんなあやしがり、「なぁに あんたも彼でもできたの?」と冷やかされました。


周りの女友達は彼がいました。

みんな既婚の友達で、月に一度集まってここに彼が迎えにきて解散してました。


みんなでアリバイをつくるために集まっていて、泊まりで出かける友達もいました。

私は旦那さんに「酔ったので私のとこに泊めますから」と電話をする係でした。


新君が迎えにくると、みんなが会ってみたいと新君のとこに集まりました。


友達が「まいね いつもあなたの話をしてたのよ 可愛い子が入社したのってね。

はい、これどうぞ」と新君に コンドームを一つ渡すと、新君は真っ赤な顔をしてました。


他の友達二人も「一個じゃ足りないよね はい」とさらに二つ渡すと新君は照れてましたが、

「ありがとうございます。

ぼくもまいさんがいいなぁって思ってたんです。

一か月前に彼女と別れたんですが その彼女もまいさんと同じ年齢でした」と言われて、今度は私が真っ赤になりました。

友達の一人がラブホの割引券をくれました。

「22時を過ぎたら割引は利かないからすぐに行きなよ」と言われ 新君がどうしていいかわからずにいるので私がもらいました。


新君の告白をきき、女と見ていてくれて凄くいい気分だった私は「新君、行こうか」と言ってタクシーに乗りました。


新君が行き先を告げ「時間がないから急いでください」と言った時、私は笑ってしまいました。

すると新君は手を握ってくれました。


そしてホテルに入り そのまま抱きしめられキスをされました。


久しぶりの主人以外の男性で、初めて見たときからいい男と思ってたので興奮しました。

新君のシャツを脱がせ 耳や首筋、胸も舐めました。


新君も感じてくれて私は新君の脇も舐め、乳首も舐めました。

服を脱がせてわかりましたが、ムキムキな身体で私の好みの体型です。


私は急ぐように下半身に移動し、新君の硬くなったモノを見たときには恥ずかしいほど興奮してしまいました。


太くてムキムキなアソコで、先からはエッチな汁が出てました。

口に含もうと近づくと、シャワーも浴びてない新君のアソコはむせかえる様な臭いでした。


普段は絶対洗ってないアソコはイヤで主人にもシャワーをしてからなのに、私は新君のだと思うと舐めたいと思ってました。


口に含むといろんな味がしましたが、新君のだと思うと美味しいと思えて、ジュボジュボと音を立ててしゃぶりました。


「まいさん出ちゃいます」と言われ、咥えたまま新君の顔をみて「気持ちいい?どうしたいの?」言ってまたしゃぶりました。


「まいさんに入れたい」と言われ、私は下着だけ脱いで新君にまたがり腰をおろしました。

鉄のかたまりが入ってきたかのようでもの凄い快感です。


イキそうで途中で挿入を休むと、新君が下から私の腰をつかみ、根元まで入れられ、前後に私の腰をつかんで動かすと、私は大声でイッチャイました。


新君は驚いたように起き上がり、「まいさんイッたんですね。

凄く嬉しいです」と言われてまた腰をつかみ動かすと、私が簡単にイカされました。


新君のアソコが私の感じる子宮に当たるんです。

新君も「まいさんの奥に当たって気持ちいいです」と言われました。

何度もイッタのも初めてです。


そして体位を変えてもらい「バックでしたい」という新君に合わせてバックでしました。

バックだとさらに強く奥にあたり、バックでもイカされました。


すると新君が「出そうです」といきなり言うので「どうしたの?出したいの?」と聞くと、「入ってるとこが丸見えだし、お尻の穴まで見えててヤバイです」と言われ、

「いっぱい見ていっぱい出してね」というと、新君は私の中でドクンドクンとさせながら動くを止めました。


新くんが求めてきたらいつでもどこでもやらせてしまいます。

たまぁに主人が「昨日やったから腰が痛い」なんて会社で話すと、主人が出かけたらすぐに襲われちゃいます。

サンプル