0580
友達が宅飲みするって。

そしたらいかにもリア充な男ばかり三人来た。

笑い声のデカさに萎縮しつつ、酒が入ってくるとそこそこノれるように。

夜2時を過ぎて女友達が寝て、しばらくしてリア充男も寝た。

私は人んちだからか寝れなくて、横になって寝たふりしてた。

そしたら背中側から手が這ってきて、乳に…「あの…」「あ、起きてたの?」「えっと…」「いいじゃんw」服の上から乳揉まれて、服に手入れられて脇腹撫でられて、ブラ外されて生乳揉まれた。

あまりのことに、思考が停止してされるがままw後ろから抱きしめられてる状態で、乳首つんつんされたりつままれたりして「立ってるよ…」って若干ハァハァしながら耳元で言われて力抜けた。

でも手が太ももを触った瞬間、危機感が急にズンと走り抜けた。

これ、どさくさ紛れに処女失うフラグじゃね?無いわマジで。

って。

「ごめん私したことないから」「……」「最初がこういうのは嫌…」「処女ってこと?」「うん…」そしたら手を止めてくれて、ちょっと沈黙。

かと思いきや私の手を持って服ごしのちんこを触らせてきた。

すごいビビッて、肩がビックンてなった。

「わかる?」「うん…」「喪子ちゃんでこうなっちゃったんだけど」「えー…でも…やっぱり…」処女捨てんのは無理。

「じゃあさ、入れないから抜いてよ」「……」「それならいいでしょ?しても処女だし」「……」答えずにいるとズボンおろして生ちんこを握らせてきた。

妙な感触。

有機物っぽさはあるけど、これって人体?みたいな。

おもしろい…というか私で硬くなったことに感動。

「どうしたらいい?」「じゃーこっち向いて」寝たまま向き合ってちんこ握り直した。

で、私の手を握って、上下に動かした。

男の手が離れても、私は動きを継続。

「うん、そんな感じ」「……」動きを継続。

「口でするのは駄目?」「やです」「…」黙々としてたけど、なかなかイッてくれない。

そしたら髪から背中、お尻を撫でられた。

お尻と太ももを揉まれた。

揉まれながらディープキス。

ファーストキスがこんなことにw舌吸われてびっくりして手がおろそかになりかけたけど、そしたら男がイけないしと思って頑張った。

不意に、洋画で外人がしてたキスを思い出して、下唇をくわえてはみはみを試した。

そのまま下唇を舐めてみたり。

そしたら「ふぅっ、んん」と男が鼻息を漏らして、なんか燃えた。

「出そうかも」「どうしよう」男がちゃぶ台からティッシュ何枚か抜いて私に持たせた。

「押さえてて」「うん」先っぽをティッシュで押さえながら、しごき続ける。

スカートに手つっこまれてお尻揉まれた。

さらにパンツ越しのまんこ触ろうとしてきた。

触られて肉をくにくにされた。

男の息が荒くなってくる。

「あ…イク、イク………」射精したみたい。

ちんこがピクッピクッとなってる。

表情もうつろだった。

呼吸が落ち着くと軽くキスされ、頭をぽんぽんされた。

そのままちんこもしまわずに寝てしまった…ティッシュで拭って服の中にしまってあげて、手を洗った。

夜明けまで一睡もできず、始発を待って、女友達にメールだけ残して一人で家に帰った。

それから一度も会わず一年になる。

サンプル