0431
中国地方に出張した時の話しです。

渉外を終え疲れた身体で3泊目の宿へ着きました。

地方駅前のビジネスホテルです。

チェックインの後、近くの居酒屋で美味しい刺身で一杯やってホテルに帰り、マッサージを頼みました。

足が張ってたのですが、フロントに電話すると「男性と女性、どちらになさいますか?」と聞かれて「どっちでもいいよ」と答えたのですが、20分ほどで来たのは女性でした。

それも30そこそこのかなりいい女でした。



足のムクミより息子がムクミそうでした。

「右側から始めますので横になって下さいな」とてもオーソドックスに始り、良からぬ考えは隠しつつ世間話しをしながらマッサージを受けてました。

左右が終り背中を始め時、彼女が私の腰のあたりに跨がるのが分かりました。

当たり前の姿勢ですが全神経をそこに集中すると何となく恥骨の固さと土手の柔らかさを感じたのです。

「仰向けになって下さいな」と言いつつ私の身体から降りようとするのでスルリと仰向けになり浮きかかった彼女の腰を押さえて「そのまま続けて下さい、ダメですか?」「えっ!?いいですけど重くないですか?」「大丈夫です!」「じゃあ」といい、おヘソの少し下あたりに腰を降ろして両肩と両腕を揉み始めました。

下から見上げると正に騎乗位そのものです。

彼女の顔が少し赤くなっており色っぽい。

少し体を下げて硬くなった部分を避けるようにするので、腰を掴んでむしろ真中に当たるようにすると、ますます赤くなり「困ります、マッサージができないですから‥」私は答える代わりに腰を突き上げて何枚かの布越しにオマンコに擦りつけ、左手をお尻の方に右手でくびれた腰から胸の方に。

やがて白衣の上からオッパイを揉んでみた。

彼女は両手を私の肩の上の方についてジッと私を見つめている。

両手で白衣のボタンをハズすと淡いピンクのブラが目の前!その中味は体割りには大きく感じる。

ホックをハズしてずり上げると乳リンも乳首も小さくて私好みのオッパイです。

両手で揉み乳首を指で摘むと眉間にシワを寄せ「ハァ!」と小さく声が出た。

その頃には彼女の方からオマンコを擦りつけている。

少し顔を上げ乳首を口に含み舌で転がすと「イヤ!アッ!ああ~」と小さいがいい声を出してくれました。

下のキュロットのようなスカートを脱がそうとすると彼女が自分から脱ぎ、半分脱ぎかかった上半身も脱ぎパンティ一枚になり彼女から覆い被さり唇を重ねてきた。

いきなり舌を入れて来る積極的なキスだ。

そのまま唇は私の頬から耳、耳から首筋と今度は私が攻められ番のようだ。

乳首を舐められながら浴衣をはだけてパンツの上から擦りだした。

時折爪で引っ掻くようにカリの部分を触ってくる。

不意に彼女は身体を起こして私のパンツを脱がした。

短小、仮性包茎のチンチンがもう剥けた状態で姿を現わした。

軽く手コキをされると我慢汁が出てきました。

それを指に塗り亀頭部分をヌルヌルにしながら手コキされた。

「うーん気持ちいいよ」「ウフッ」と笑顔で顔を埋めてきました。

舌先でチロチロ鈴口をしながらくびれた部分を念入りに舐めてくれます。

時折咥えて根元まで何度か往復すると口に含んだまま舌は中で円を描くように舐めたりレロレロしたり休む事なく動いています。

フェラ大好き人間なのでこのまま行きたいんだけど彼女に申し訳なくないので必死に我慢しました。

サンプル