13
僕が小学6年生の夏のことです。

僕には仲の良い健一君と言う友達がいましたが、夏休みの宿題を片付けるために他の友達2人も連れて健一君のお宅にお邪魔していましたが、その日に終わりそうもなかったので、明日もう一度集まろうと言う話になり帰りかけました。

そうすると、「実君(私の仮名)たち!帰るの?」「もし良かったら晩御飯食べていったらいいわよ!」と声がかかりました。

健一君のお母さんの裕美子さんです。

(当時おそらく32歳くらいだったと思います)女優の森口瑤子さんに似た感じの容姿で、友達の間でも美人で評判でした。

僕は内心「こんな綺麗な人の手料理食べられるなんてラッキー!!」とウキウキでした。

健一君の家には何度か遊びに行っており優しくて綺麗な裕美子さんに憧れのような気持ちを持って持っていたのかもしれません。

晩御飯はカレーライスをご馳走になりましたが裕美子さんの手料理だと思うと最高に美味しく感じられたのを覚えています。

やがて夕食は終わりましたがその頃にはもう9時を超えていましたので結局、今日は泊まっていくことになりました。

みんなお風呂に入って寝室で寝転がってくつろいでいます。

健一君のお父さんは出張でいないので、後は裕美子さんがお風呂に入りに行きました。

僕は、そのすぐ後に、トイレに行きましたが、トイレはお風呂の隣にあるのでお風呂の横を通らなくてはいけません。

風呂場の横を通り抜けようとしたその時、スリガラス越しに裕美子さんが服を脱いでいく姿が艶めかしく僕の目に映りました。

上着を脱ぎ、ブラジャーをはずした時点で僕は悪いことをしているような気になりましたが、息を殺して誰もこない事を確認して、屈んで裕美子さんを見つめました。

すると、裕美子さんがGパンを脱ぎ、白いパンティーに手をかけました。

丁度、お尻をこちらに向けた格好です。

そして、とうとう裕美子さんは全裸になりました。

前かがみになりゴソゴソしてスリガラスにお尻が付きそうなくらいでしたので彼女のお尻の割れ目がハッキリと分かりました。

間もなくお風呂に入りましたが僕は裕美子さんのお尻を思い浮かべながら興奮して寝室に戻るとすでに皆いびきをかいて眠っていました。

無理もありません、もう11時半です。

僕は、すっかり寝付けなくなり、またすぐにお風呂の方に行きました。

廊下を抜けてお風呂に向かうために左に曲がった瞬間「ガラッガラッ!」と音がして裕美子さんが出てきました。

バスタオルを巻いた姿で・・・僕は下心を見透かされたような気分になり反射的に思わず「アッ!御免なさい!」と言ってしまいました。

裕美子さんに「何、謝ってるのよ~!」とクスクス笑われたので赤面してしまいました。

そのままトイレに行こうとしたら、「丁度良かった!実君!ちょっと手伝って!」と言われて風呂場に手招きされたので中に入ると彼女は手にドーナツ型の蛍光灯を持っていました。

そして「おばちゃん、手が届かないから、カバーとって電球外してくれる?」と頼まれたのでイスに登ってカバーと電球をとりました。

そのまま新しいのに換えてカバーを付けようとしましたが「カバーに虫が付いて汚れてるからちょっと水洗いするから待っててね!」とカバーを取ろうとしましたが、僕はいいところを見せようとそのままパジャマの裾をまくって風呂場に入り洗剤で洗い始めました。

蚊などの虫がこべり付いていたのでゴシゴシこすっていると、立って様子を見ていた裕美子さんが「もうそれくらいでいいよ!ありがとう!」と言いしゃがみ込みました。

「でも、もう少し・・・」と裕美子さんの方に顔を向けたましたが。

しゃがみ込んで膝を立てた彼女の綺麗な脚が見えました。

パンツが見えそうなので思わず目をそらしました。

「ピチャッ!」洗剤が飛んで僕の顔にかかりました。

目にも入ったので目をこすると「だめよ!」と立ち上がってタオルを濡らして再びしゃがみ込んで僕の目を優しく拭いてくれ始めました。

「もういいです、すいません。

」とよく見えるようになった僕の目に信じられない光景が映りました!僕はさすがにバスタオルの下にパンティーはつけていると思い込んでいたのですが裕美子さんは何もつけていませんでした!初めてまともに見る女性の性器でした。

黒々としたヘアー、その下の割れ目、左右のヒダヒダまで全てがモロ見えです。

僕は「これがオマンコか・・・友達が言ってたクリトリスってのはあの上のポツッとしたやつかな?」などと考えていました。

ドギマギしながらカバーを取り付け終えましたが、汗かきの僕はすっかりあせをかいてパジャマが濡れてしまってました。

それを見た彼女が「ごめんね!パジャマべしょ濡れやん!」「着替えあるからもう一回お風呂入り!」と言ってくれたので裸になりシャワーを浴び始めました。

するといきなり「ガラッ!」と戸が開き目の前に、バスタオルを取り去った全裸の裕美子さんが立っていました。

「私も汗かいちゃった!」と微笑んでいます。

僕が小学生なので気にする感じは全然ありません。

豊かな乳房の先に綺麗なピンク色の乳首がツンと立っています。

僕が湯船につかっていると、彼女はこちらに背中を向けてイスに座りシャワーを浴びていました。

僕はその後ろ姿を眺めていましたが前かがみになった瞬間、裕美子さんのお尻の穴が見えてしまいました。

もう裕美子さんの何もかもを見てしまい頭の中はパニック状態です。

何とか興奮を抑えるのは大変でしたが、僕にとっては最高の思い出になりました。

夏休みが終わり、健一には内緒で何人かの友達に裕美子さんとお風呂に入ったことを自慢してしまいました。

栄一はとくにうらやましがって「オマンコどんな色やった?クリは?」「俺もおばちゃんのオマンコ見たいな~!お前ケツの穴まで見やがったんか!!!」「ああ!!裕美子~!!裕美子のオマンコにぶち込みたい!!」・・・ほんとにエロイ小学生です!今でも十分に綺麗な裕美子さんに会うたびに、健一には悪いと思いながらも、オマンコ丸見えでしゃがみ込んだ彼女、それに肛門まで見せてくれた彼女を思い出しながら股間を膨らませています。

サンプル