156
大学時代の出来事。

俺が大学三年の時の話学祭が終わって、サークルの皆と屋台の後片付けをしてる時だったかな一段落して、みんなで休憩してたときに、きっかけは忘れたが、話題が夏のサークル合宿の話になったメンバーは同学年の男3人と後輩男二人。

女の後輩二人だったと思う。

男の一人が、合宿の時の風呂のはなしを始めた。

その中で、「風呂にはいるとき、タオルで女はカラダを隠すのか?」という話になった。

女の子のうちの一人は、「全然かくしませんよ。

まっぱですよ」と話をした。

ちなみに、この話をしてくれた女の子は、宇多田ヒカルを少し、細くした感じの子で、背は低いが、胸は推定E~Fカップあるサークル内でも、巨乳の子だった。

この子をヒカル(仮名)とする。

そうするともう一人の子が「そんなの皆同性だから、誰も隠しませんよ」と言ってきた。

ちなみに、この子はショートカットのボーイッシュな女の子。

可愛いとは言い難い感じの子。

この子は、のり子(仮名)とする。
すると、ヒカルが「男子は隠すんですか?」と聞いきた。

すると、男の一人が、「隠すよ。

割りと隠してる人多いよ」と言った。

すると、のり子が「えー意外。

でもショウさん(俺)は隠してそうですね。

」といって
きた。

なぜ、俺がそう言われたかと言うと、俺は、見た目が女の子っぽく、弱そうな感じだからだ。

すると、友人の一人が「いや、ショウ君は隠してないよ。

だってショウ君の立派だもん」と言ってきた。

俺は、いきなり後輩の女の子の前で、変な話をされたもんだからかなり焦って「いや、そんな事ないだろ普通だよ。

」「なぁ普通だろ?」と他の人の意見を求めた。

しかし、「いや、ショウのは大きい。

勃起したら20センチくらいあるでしょ?」と話はさらにややこしい方向へすすんでったこの時点で、ヒカルとのり子はかなり引いていた。

「え~そんな大きいの無理。

」とか「ありえな~い」とか言う始末。

俺も必死で抵抗し、いや、そんなに大きくないとか言ってたと思う。

その必死の抵抗が実り、話はそこで終了した。

気が付くと辺りは暗くなってたので、学祭の打ち上げをするために、居酒屋に移動した。

ここで、一人の女の子が合流した。

ヒカルの同級のあや(仮名)だ。

彼女は、ルックス的に言うと、そんな可愛い方ではない。

いたって普通の子。

胸も推定Bくらいだと思う。

しかし、酔うと非常にエロくなるという癖があった。

彼女はすでに酔っていて、俺の隣に座ってきた。

そし
て「聞きましたよ~。

ショウさんってスッゴイ大きいらしいじゃないで!
すか~。

ほんとですか~?」と言ってきやがった。

俺はすぐに否定。

しかし「またまた~」といいなが、俺のアソコを触ろうとしてきた。

俺は、すぐにその手を払って「やめろよ。

そんな事したら、逆にお前の胸触るからな」と言うと、「別にいいですよ」と言って逆に胸を張って、触ってもいいぞー見たいなポーズをしてきやがった。

正直、相手は酔っ払い触ろうかとも考えたが、周りの目もあるし、ここは、グッと我慢した。

「ショウさんってそういう人ですよね~」と言ってきて、再び触り始めようとしてきた。

俺は、手を触らうタイミングをのがし、デニムの上からではあが、俺のアソコをさわってきた。

あやは周りにも聞こえる声で「あ~スゴイおっきい」と言った。

その声に反応した一人の後輩が「僕のはどうすか?」と言ってきた。

あやはすかさず触る「ちっちゃーい。

チンコあるの?」と言う。

周りには笑いが起こるが、俺は、チンコ触られてるので、それどころではない。

たぶんこの時は、半勃起してたと思う。

周りでは、またしても、チンコの話になってた。

でも俺はイッパイイッパイであんまり覚えてないが、一人の男が、ホウケイでなやんでるみたいな事を話してたと思う。

そしたら、ヒカルがホウケイがどんなもの!
かわからないとか言う話になった。

一生懸命説明しても、わからないと言うので、ホウケイで悩んでる後輩(山崎)が「チンコ見せよーか」と言ってきた。

でも、ヒカルはそんなの見たくないと言ってたと思う。

そしたら、あやが「見る見る」と言ってきた。

でも山崎は積極的なあやに引き気味。

あやが「男らしくない」とか言ってると、山崎がじゃー一気のみ勝負に勝ったら見せてやると言うことになった。

もちろん。

勝負は山崎の勝ち。

そしたら、周りのたのしがってた男共(俺の同級達)が、フライングがあったとか山崎にいいがかりをつけ、結局山崎が負けるまで勝負させた。

まぁ後輩だから、逆らう事もできず、あやにチンコをみせるはめになった。

俺達はタイミングを見計らって、店員にばれないように、山崎とあやを男便所の個室に誘導した。

2分くらいすると二人がでてきた。

あやは、まじまじとホウケイチンコを見た事がなかったらしく、「なんか、子供みたいでびっくりした~。

」「ちっちゃくて可愛かったー」とか感想をのべた。

そして最後に「でもエッチではありえないかも」と毒もはいた。

あやは、この一気のみ勝負が気にいったのか、他の男共にも勝負を持ちかけた。

周りがハメるので、勝!
負は必ずあやが勝つ。

あやは、俺の同級二人に後輩一人のチンコを見た。
見るたびに、必ず感想を言ってくる。

この頃になるとハジメに引いていたヒカルも少し酔ったのか興味をもちはじめていた。

あやの〇〇さんは、太かったとか、△△さんは、意外にちっちゃかたよ。

とかと言う話に、「えーそうなの」みたいな感じで、反応をだしていた。

そして、俺もこの流れでチンコを見せるハメになったのだ。

大きい大きいと言われてる俺のチンコは、実は騒ぐ程デカクはない。

ちょうど折畳み携帯電話を開いたくらいの長さで、太さもだいたいそのくらいだ。

(機種によっても違うだろうが)それで、勝負に負けた俺は、あやとトイレに入った。

あやは、ワクワクしてる。

俺はなぜかドキドキしてた。

あやが「じゃあ見せてください。

」というので、しかたなく俺は、チンコを見せた。

なせか、この時すでに半勃起してた。

俺は、あれっ思ったより小さいですねぇとか言われると思っていたが、意外や意外、あやは「うぁ~やっぱる大きい」「ちゃんと起たせてもいいですか?」といいはなし、俺のチンコを握り手コキしてきた。

すぐにMAXになる俺。

あやは「大きい」「ショウさん、今までの四人のなかでダントツに大きいですよ」「すごーい」と感動してた。

十分に観察したあやは、先にトイレ出て、俺
は勃起が納まってから、トイレをでた。

帰ってくると、ヒカルが「やっぱりショウさん大きいじゃないですかぁ」と突っ込まれた。

あやは、一生懸命手で俺のチンコの大きさを、他の人にも説明してる。

俺が帰ってきた事に気付いたあやが「びっくりしましたよ~。

ホントに大きいだもん」と再び言いながら近寄ってきた。

そして、ヒカルに「あのチンコは一度は見たほうがいいって」とおかしな説得をしはじめた。

そしたらなぜかヒカルも「ショウさん私にも見せてくださいよ~」と言ってきやがった。

かなり、焦った。

ハジメはめっちゃ引いてたコイツが何故?って感じだった。

もちろん酔っ払ってるというのもあるが、それでも意外だった。

俺はあまり乗り気ではなかったが、あやの強引さもそこにくわわり、結局ヒカルにも見せるハメになった。

再びトイレにもどる俺。

ヒカルは、俺のタイプてばないが、トイレの狭い個室にFカップの後輩と二人きりという状況にパンツをおろす頃には勃起MAXになっていた。

ヒカルは俺のチンコを一目見て、「すご~い。

信じられない。

ホントに大きいですね。

ってか長いし、太い」と思ってる事を全部口に出してるようだった。

「こんなチンチンあるんですね~」と言いながら、!
少し触ってきた。

「あっ結構かたい。

先のほうも大きいですよねぇ」!
「すご~
い」と思う存分に俺のチンコを観察する。

そして、十分に見て満足した、ヒカルは席に戻ってた。

遅れて、俺がもどると、今度はヒカルがのりこに俺のチンコを報告してた。

しかし、さすがにのりこには、チンコは見せず、俺の観察された体験は終わった。
サンプル