kimama081006
僕が中学生の時の体験を書かせていただきます。

中学3年生の時に赴任してきた国語の先生が顔立ちがよくて校内のアイドル的存在でした。

そのうえおっぽいも大きくて夏になると胸元のあいた服を着ていたので前屈みになったときにはモロ見えで勃起ものでよくオナネタにしてましたwある日の授業の書道の時でした。

友達が書いたのを床に置いて見比べてたと思います。

体育座りのお尻を上げた状態の格好でしたので上からは大きな胸の谷間がモロ見え。

僕のチンコはすぐに反応して完全に勃起してしまいました。
制服の上からでも勃起してるのはわかるくらい反り勃っていました。

落ち着け、落ち着けと思っていたときふと先生と目が合い先生の視線は徐々に僕の下半身の方へ…。

勃ってるのを見た瞬間先生は驚いていました。

とても恥ずかしくその場から立ち去り席に着きました。

国語の授業が終わりほっとしてトイレに行こうと思い廊下を歩いていると先生に呼び止められビックリ。

先生は「さっき先生の胸見てたでしょ~。

こっちへいらっしゃい」と図書室へ連れて行かれました。

図書室に入ると先生が「先生の胸見てどうだった?どこか反応してたよねw」と聞かれさらに「ここかなぁ」と僕のチンコを握ってきました。

突然の出来事に腰がひけましたが先生は体を密着させて逃がさないようにしてました。

いやらしい手つきでチンコを摩ってきて「見せなさい」と言いズボンをおろされました。

パンツもおろされ下半身丸出しの状態で手コキされました。

「すっごくおっきい」と今度は口に含みました。

生暖かく、今まで味わったことのない気持ちよさに腰が砕けそうになり、立ってられなかったです。

手コキとフェラが同時にされるといきそうになり先生に「先生…いきそうです。

」と言うと「いっていいわよ。

口の中でいきなさい」とよりいっそう激しくしてきます。

もう我慢出来ずに「あぁ…いく」と言って先生の口の中でいってしまいました。

その後僕が卒業するまで先生に呼ばれてはフェラをしてもらい、卒業式にはHをさせてもらいました。

今では先生とはセフレ状態です。
サンプル