preb-02
女の独り言です。

私は38歳になるバツ1の独身です。


子供はいません。


看護師をしていて総合病院の病棟勤務です。


仕事は夜勤も有り大変ですが、それなりに給料は良いので生活には困っていません。


でも、寂しい時は有りますし、男に抱かれたいと思う時も有ります。


病院では整形外科を含めた外科を担当しています。


一般外科の患者さんは、手術を控えている人もいてあまり元気は有りません。



でも、整形外科に入院している患者さんで、骨折などで入院している人は、痛みが無くなれば身体はなんともない訳ですから元気です。


そのため、若い看護師にちょっかいを出したり、お尻を触って来る人も。


私は恐いと思われているのか、手を出してくるのは年配のおじさん達だけですね。


私も女ですから、患者さんの中に「素敵な人だな~」と思う人もいます。


そんな人が、やりたいのを我慢していると分かれば、抜いてあげた事も有るんです。


その人が、ちょっとエロい週刊誌を見ていて、何気なく股間を触っているのに気付き、包帯を取り換える時に触ってあげたんです。


「あっ!」と言う顔をしましたが、左手の人差し指を立てて口に当て、「静かにして!」というポーズを取ってから、おチンチンを露出させ摩ってあげました。


イキそうになったらタオルを持って待ち構え、発射したら受け止めたのです。


そして耳元で、「こんな事をしてあげるのはあなただけだから内緒にしてね!」と言って、何食わぬ顔をして戻って行きました。


そんな事が有ると、私が来るたびに期待しているのが分りましたので、また抜いてあげましたし舐めてあげた事も有ります。


でも、そんな事も、その人が退院したら終わりです。


退院してからも会いたがる人はいましたが、私は病院での関係だけと割切っています。


そんな日々を過ごしていたら、20歳になる甥っ子の健二君が足首を骨折して入院して来ました。


どうやら、スキーに行って骨折した様です。


入院する時は実姉も付き添って来ていて、「お願いね!」と頼りにされてしまいました。


しばらくはおとなしくしていた甥っ子ですが、痛みが取れると我慢しきれなくなり、タブレットでエッチ画像を見ながら自分で抜いている様でした。


たぶん、トイレでも抜いていたんじゃないかと思います。


ある日、彼がタブレットを見ている時にこっそり近付き、覗き込みながら、「何見てるの~?」と聞きました。


「ハッ!」として慌てて隠した健二君・・・「エッチなもの見てたんでしょう・・・」と妖しい目をして言うと、赤い顔をして頭をかいていました。


 
「あまり見たら我慢出来なくなるわよ~」と言うと、黙り込んでしまった健二君。


その様子が可愛くて、カーテンを閉めると、「パジャマとパンツを降ろしなさい」と小声で言った私。


彼は、「えっ?」と言う顔をしましたが、「私が抜いてあげるから降ろしなさい」と言うと理解した様で、頷いてから降ろしました。


恥ずかしいのか手で隠していた健二君。


その手をどかせ、おチンチンを手に取り摩り始めた私。


すると若いからでしょうか、直ぐに私の手の中で大きくなり反り返りました。


それを見て「凄~い」と口を動かし、摩り続けて最後はタオルで受け止めたのです。


もちろん、期待されていたので、二度目も三度目も抜いてあげました。


回数が増えると共に要望を言い始めた健二君・・・お尻や胸を触りたいと言って来たのです。


それで、服の上からお尻を触らせながら抜いてあげましたが、次第に横着になりナース服を捲って触ろうとしたので、手を叩いて止めさせました。


だって、直接触られたら感じてしまって私もエッチしたくなりますし、誰か来た時に気付くのが遅くなりそうですもの・・・。


そんな事をしていたら健二君の退院する日がやって来たのです。


その日は姉も来て、先生たちに挨拶してから一緒に健二君のアパートに戻って行きました。


姉はお昼過ぎには帰ったようです。


それで夕方になって、「退院祝いしてあげるから内にいらっしゃい」とメールしたら、喜んでやって来た健二君。


腕を振って料理を作りお酒も用意しました。


食べ始めたのは20時近くになっていましたが、一緒にビールで乾杯です。


かなりお酒が進むと、健二君は病院で私が抜いてあげた事を話し始めました。


あんな事をして貰ったのは初めてで、とても気持ち良かったと言うのです。


それで、今日もして欲しいと・・・。


「何言ってんの~退院したんだから自分でしなさい!」と言ったらすねていました。


すねた顔が可愛いし「仕方ないな~」と思い、片付けが終わると、「ズボンとパンツを脱ぎなさい」と言ったのです。


喜んで立ち上がり言う通りにした健二君・・・見るともうおチンチンは大きくなって反り返っています。


その前に腰を降ろして摩り始めた私、「こんな事をしてあげるのも今日が最後だからね!」と釘を刺しました。


気持ち良さそうな顔で、私の事をじっと見ている健二君・・・何か言いたそう。


「フェラして欲しいの?」
「分かる?」
「だいたい想像はつくわよ!」

そう言ってからもう一度、「こんな事をしてあげるのは今日だけだからね!」
と念を押して舐めてあげました。


フェラしているとムラムラして来たので、「私の身体を触りたがっていたけど、どう?触ってみる?」と聞いた私。


「触ってもいいの?」
「いいわよ、何処を触りたい?」
「おっぱいがいいな~」

ご希望にお応えして、服を脱ぎブラジャーだけの姿になった私。


胸はあまり大きくありませんが、乳首だけは少し飛び出ていてもの凄く感じるんです。


ブラジャー姿でも見たら興奮した様で、「外していい?」と聞いた健二君。


「いいわよ」と言うと外し始めましたが、あまり慣れていない様で手こずっています。


「どらっ」と言って自分で外して取り去ると、露出した乳房を見てまたまた興奮。


「ごめんね~大きくなくて」と言うと、首を横に振り「触っていい?」と聞きました。


「今日だけは好きにしていいわ!」

そう言うと、抱き付いて来てそのまま押し倒し、上になって乳房を両手で揉みました。


乳首が立っているのが気に入った様で、指で摘まんだり唇で吸ったりを繰り返します。


「あ~~気持ちいい~~」と息を荒げると、更に舌でペロペロと舐め上げてくれました。


アソコも触って欲しくなった私、「今日だけは許してあげるから、次は何処を触りたい?」と聞いたのです。


「アソコ!」と期待した返事が返って来ました。


「いいけど、触った事が有るの?」
「高校三年の時に彼女のを触った事が有る」
「へ~そうなんだ~やるじゃん健二君!・・・それでその彼女とはエッチしたの?」
「うん、一度だけね」

照れながらも、そう教えてくれました。


「脱がして!」と言うと、ジーンズを脱がし、下着にも手を掛けた健二君。


いきなり黒々とした陰毛が飛び込んで来たので、ちょっと驚いた様ですが、「触るよ!」と言って陰毛を掻き分けておマンコに触りました。


「毛深い女は嫌い?」
「そんなこと無いよ・・・何か凄くエロく感じる」

そう言って、クリトリスを探して刺激しました。


身体をピクっとさせたので、面白がって摩り続ける健二君。


「あ~~ダメダメ・・・あ~~っ!」と、悶えてしまった私。


それから健二君は、ビラビラを不思議そうに触っていました。


私は舐めて欲しくて、「ねえ、クンニとかしたこと無いわよね?」と聞きました。


「うん、したことない!」
「してみたい、クンニ?」
「でも、やり方が良く分かんないよ・・・」
「大丈夫よ、教えてあげるから」

健二君が頷いたので、まずはおマンコを指で開くように言いました。


指示通りに開いた健二君・・・「わ~凄い!濡れて光ってる!」と嬉しそう。


クリトリスの事を教えて、先にそこを舐める様に伝えると、舌先を伸ばして来てチョロチョロ。


「ああ~~いい~~」と言って身体を震わせると、面白がって何度もチョロチョロしました。


それから、肉ヒデも含めて全体的にベロベロしてみてと伝えると、臭いなど気にせず一生懸命舐めてくれました。


「ありがとう、もういいわ」と言って止めさせると、「もうこれで終わりだよね?」と健二君。


残念な様子。


「そうね~終わりにしようか?」
「そっか~・・・しょうがないよね・・・」

そう言いながらも、ずっとおマンコを見つめています。


「入れたいの?」
「えっ、入れていいの?」
「う~ん・・・いいけど・・・今日だけだからねっ」

本当は私が入れて欲しいのに、素直にそう言えないのが私の悪い所なんです。


「どうやって入れたらいい?」
「このままの姿勢でいいわよ」

そう言って、足を開き健二君が入れるのを持つ私。


おチンチンをマンコにあてがって来たので、最初だけ手を貸して導いてあげました。


無事挿入してから腰を動かしていた健二君・・・直ぐに発射したくなった様です。


私はまだ満足していませんでしたが、若いから仕方有りません。


「今日は中に出していいから」と言ってあげると、「ああ~イク!」と言って、おマンコの中にたくさん射精しました。


それから、ティッシュで拭いていた健二君に傍に来るように伝えると、おチンチンを手に取ってから口の中へ。


満足していなかったので、もう一度させようと思ったのです。


「叔母さん、もう一度してくれるの?」
「あなたが早くイクから、私は中途半端で終わったじゃない!」
「ごめんなさい」
「まあ、若いから仕方ないけど・・・」

そう言ってる間に、回復して大きくなったおチンチン。


「さあ、いいわよ!・・・もう一度入れるからそこに寝なさい!」

素直に寝転んだ彼をまたぐと、おチンチンを握って自分でおマンコに入れ込んだのです。


騎乗位になって股間を擦り付ける様に動かすと、気持ち良くて何度も喘ぎ声を上げた私。


そして、喘ぎながら身体を上下に動かし、髪を振り乱して悶える姿にビックリしていた健二君でした。


私が、こんなに悶えているのが信じられなかった様です。


「あ~~も~ダメ~~イキそ~~健二君!イッちゃうからね~~」と言って果てると、健二君もまた勢いよく発射しました。


健二君の身体の上に倒れ込んでいた私、しばらくそのままでいました。


「いい子ね~気持ち良かった?」
「うん!」
「二回も出来たし満足したでしょう?」
「うん、満足したよ!・・・叔母さんも満足した?」
「ええ、おかげで満足したわ!」

そう伝えると喜んでくれた健二君。


それからシャワーを浴びて健二君は帰って行きましたが、帰り際に私が、「またしたくなったらいらっしゃい!」と言うと、「今日が最後じゃ無かったの!」と言って笑っていました。


 

サンプル