1
気晴らしにエロい話しをします。

私は最近嫉妬が激しい女性とエッチをしてしまいました。

男性からみたらエロ話は自慢になると思いますが、嫉妬をする女性とのエッチは、エッチの時はいいですが、普段は束縛が激しくなり、私みたいな不倫をしてしまう男性には向いていないタイプの女性です。

別居して長年になり、職場で知り合った女性と割り切った男女の関係でいようと決めて、お付き合いをしたのに、別の女性と話すことや、仲良く仕事をしているとかなり嫉妬してしまいます。

女性の容姿は身長が大きくて165cmあり、おっぱいやお尻は程よく出ていて、顔の輪郭は顎がシャープで、目も大きく美人系です。

年齢は32歳です。

私の年齢が40歳なので8歳年下です。

名前はあきです。

髪は長くて黒く染めることは髪を痛めてしまうからやらないです。

性格は普段は温厚ですが、嫉妬した時やうまく仕事がいっていない時はイライラしてしまい他人にあたってしまいます。

なぜこの女性とエロい話になった理由は、二人で話していて、普段は温厚なので、かなり波長が合ってしまい、連絡先を聞いていくうちに、どんどん仲良くなりました。


女性は独身で私が嫁と別居していることを伝えて、割り切った男女の関係でも大丈夫と返答をもらったので遊んでいるうちにエッチな話をしていてムラムラしてしまいエッチしました。

それではこの女性とのエロ体験談を書いていきますね。

私はお金がないので車の中でエッチをすることになりました。

キスをした時に女性は整った顔をしているので、可愛くて、頭をいい子いい子をしながら濃厚なキスをしてから、舌を出しあいベロチューした時に、職場の女性の話を少ししたら、女性は怒ってしまい、「エッチはしないよ」と言ってきたので「ごめんなさい」と私は謝って「あきだけのことを考えてエッチをするよ」と言ってまたエッチを再開しました。

胸は鳩胸で乳首を吸ってあげたら喜んでくれて、両方の乳首を念入りになめてから、おまんこの方に手を伸ばして、触ってあげました。

クリトリスを人差し指と中指の平で触ってパンツを脱がしてクンニしてあげました。

車内はせまいですが、座席のシートを倒して暗い中でおまんこをたくさん舐めてあげたら「気持ちいい、もっとなめて」と言ってきました。

やはり嫉妬深い女性は独占欲が強くてエッチも大好きなように感じながらクンニを続けました。

  
こっちもフェラをしてもらいたくて、自分でパンツを脱いで勃起しているおちんちんを見せたら「かなり大きい」と言った瞬間にくわえてきて、初めから激しいフェラをしてくれました。

金玉も舌を激しく動かして舐めてくれるのでかなり気持ちよくて「かなりフェラ上手いね」と誉めたら、あきは嬉しくてずっとフェラを続けてくれました。

あきから「今日はフェラだけで抜いてあげる」と言ってきて、数分間フェラをしてくれて私は、あきの口の中に精子を出してしまいました。

あきは精子を我慢して飲んでくれて「苦いね」と笑って答えてこの日のエッチは終わりました。

次の日に私から最後までやりたいと言ってラブホテルに直行しました。

お金がないから、お金は恥ずかしい話、あきに全額出してもらいました。

久しぶりに私は女性とお風呂の中でエッチがしたくて、あきに「お風呂でエッチしたいけど大丈夫?」と聞いて「いいよ」と答えてくれて湯船につかりながらハグしてキスをしました。

おまんことおちんちんを触り合いながら、あきに「お風呂の中で挿入しても大丈夫」と聞いてうなずいていたので、避妊具のコンドームをつけてお風呂の中で、あきに立ってもらい、バックから挿入しました。

お風呂のお湯が揺れているのがまたエッチに見えて、立ちバックを激しくしてしまい、あきは立っているのが気持ちよすぎて立てなくなり、座ってしましました。

仕方がないから、お風呂の中で向き合いお互い座った状態で挿入して、私が腰を動かして気持ちよくさせてあげました。

お風呂の中でやるとお湯が「チャプチャプ」鳴っていて、いやらしく思ってしまいました。

お風呂の中で精子を出したくなかったので、ベッドに移りエッチを再開しました。

少しおちんちんがお風呂から出て時間が経っていたので、すぐに本番をしないで、お互いフェラとクンニをして舐め合いっこしました。

シックスナインで、あきはおまんこを私の顔に押し付けてきて、「たくさん舐めて気持ちよくして」とエッチな声で要求してきて、舌で綺麗におまんこを舐めてあげました。

クンニはそんなに得意ではないですが、一生懸命になめて気持ちよくなって欲しくて必死でした。

おちんちんはもうかなり大きくなっていて、挿入することになり正常位で入れました。

私はあきの顔を見て、濃厚なキスをしながら腰を動かしていきました。

おまんこの中はかなり濡れていて、入れたり出したりするたびに、いやらしい音が鳴っていて、「いやらしい音が聞こえるよ」と私はあきに言ったら「恥ずかしいよ」と照れているのがまた可愛かったです。

一回おちんちんを抜いて、マン汁でいっぱいになったおまんこを舐めてもらいたくてフェラしてもらいました。

かなりエッチな子だからマン汁がついた、おちんちんも綺麗にフェラしてから、また挿入しました。

かなり気持ちよくなってきた私は、「いきそう」と言ってあきのお腹の上に精子を出しました。

エッチが終ってから、職場の話になり、他の女性のことを少し話したら、嫉妬してしまい少し不機嫌になってしまった感じがしたから、口にキスをしてから、おでこにキスをして「大好きだよ」と言ってあげました。

次に日に仕事で働いていて、あきと他の女性と話している間に話に入っていっても嫉妬するあきはなかなか私を話題の中にいれてくれませんでした。

女の嫉妬はかなり怖いと最近ずっと考えています。

まあ、あきとエッチが出来ているから割り切っているつもりですが、他の女性と話すことや、エッチしたい私的にはストレスになってしまっています。

この関係を終わらせたら、あきとのエッチが出来なくなるし、他の女性と話したいし、エッチも出会い系サイトなどで知り合いしていきたいと葛藤している最中ですが、あまりに束縛がどんどん強くなってきたら割り切った関係を終ろうと思っています。

職場の人にはこの関係は知らないので、別れた時に他の職場の人に言わないか心配ですが。


 

サンプル