4f5dcbf8742a2cddcf6797cef5c4296d
長年風俗に通っていていろいろな風俗嬢を見てきました。

今回はその中でクンニを求めてくる風俗嬢とのエロ話をしていきます。

この風俗嬢とは7年前に風俗に行った時に指名して、何回か抜いてもらいました。

まずは風俗嬢の紹介をします。

容姿から、顔は色白でメイクは比較的濃くつけまつげをしているため目が大きく見えて、鼻筋が通っていて高く、唇は薄いです。

髪は後ろで縛っていてロングで髪を薄い黄色に染めています。

身長は高めで160cmを超えていて、スタイルがよくて、おっぱいはCカップぐらいで普通です。

身体も白いのですごくエッチな身体に見えてしまいます。

性格は風俗嬢ですのでエロい話は大好きで、優しく、べたべたと甘えてきます。

何回もリピーターになってもらいたいテクニックかもしれません。

本当の性格はもしかして違うかもしれません。

名前の源氏名は、よのえちゃんです。

年齢はプロフィールには22歳と書いてありますが、もしかして偽っているかもしれません。

よしえちゃんと風俗店でのプレーを詳しいエロ体験談を書きますね。

私は性欲が強いため風俗にすぐに行きたくなってしまい、よしえちゃんがいるファッションヘルスに向かいました。

店員も顔なじみで、「よしえちゃんですか?」と聞いてきて「はい」答えて待ち合室で待っていました。

待っている時のドキドキ感は風俗に行く度にいつもあり、心臓の音が聞こえてきそうなぐらいバクバクしてしまっています。

「お客様、よしえちゃんです」と言われて、よしえちゃんが出てきて「こんばんは。

いつもありがとう」と手を繋がれて、よしえちゃんの部屋に案内してもらい、少し話をします。

よしえちゃんは今回セーラー服を着ていて、「どう似合う?」と聞いてきたから「よく似合うよ」と言ってあげたら喜んでいました。

「久しぶりだね。

元気にしている?」と身体を密着させてきて「元気だよ。

息子も元気だよ」と話したら笑ってくれて、ズボンの上から下半身を触ってくれて「もう大きくなっているね。

」と言いながら、ズボンとパンツをおろしてくれて、石鹸でおちんちんを洗ってからお手拭きで拭いてくれました。

私はいつも全裸でエッチしたいから、自分で上着とシャツを脱いで全裸になり、よしえちゃんから、まずはせめてもらいます。

エッチな話をまぜながら身体を舐めてきて首筋と耳をなめて、耳に息を吹きかけてくれて乳首をなめてきました。

私はキスがしたくて、「キスしていい?」と聞いたら、よしえちゃんからキスをしてくれて、舌を絡めてのキスをしました。

風俗嬢はだいたい舌を絡めてのキスをしてくれるから、濃厚なキスが好きな私にとっては嬉しい限りです。

よしえちゃんの柔らかい舌を絡めて、手は私のおちんちんにもう伸びていて、手こきをしながらのキスをしてくれて、私は「はあはあ」言いながらキスをしました。

キスが終ってフェラをしてくれて、まずは、たまたまの方から念入りに舐めて、金玉を口の中に入れて転がしてくれてから、おちんちんの先に向かって舐めてくれて、勃起しているおちんちんを咥えてフェラがスムーズにいくように唾液をおちんちんにたくさんつけてくれます。

音を立てながら「チュパチャパ」と聞こえてきて、ローションをつけて舐めてくれるようにお願いして、おちんちんにローションをたっぷりつけてフェラしてくれました。

この段階でたまにいってしまいますが、私はよしえちゃんにも気持ちよくなってもらいたいといつも思って、クンニしたくなり、お互い舐めっこをしました。

よしえちゃんはいつもクンニをかなり求めてきて、「なんでクンニが好きなの?」と聞いたら「何回も来てくれて、安心できるからクンニして欲しくなるの」と言ってくれたから、気持ちよくしてあげようと私は普段以上に思いクンニを頑張りました。

  クリトリスの周りをゆっくりと舐めてあげて、ローションを使って舐めたいことを伝え了承を得てから、おまんこをローションでいっぱいにしてあげました。

かなり気持ちよくなってくれて「ああん」と声を大きく上げてくれて、手マンもしてGスポットを探しながら必死でやりました。

潮をふかせたいのですが、私にはテクニックがなくて潮を吹かせることができませんが、よしえちゃんがかなり気持ちよくなってくれてフェラも必死でやってくれているから嬉しいです。

おまんこに付けたローションが私の顔や胸に垂れてきて、それも手でとってなめてあげました。

最後はいつもフェラで抜いてくれるのですが、その時もローションをたくさんつけて手こきとフェラをしながら抜いてくれます。

時間ぎりぎりまで、いくのを我慢してタイムウォッチが5分前に鳴るのでなってから、集中して、いくように私は頑張ります。

よしえちゃんの手こきとフェラも激しくなってきて、私は「はあはあ」言いながら、興奮を高めていき、いく瞬間に「いきそう」と言ってよしえちゃんの口の中に精子を出しました。

精子は飲んでくれなくてティッシュに出しますが、いつも「いっぱい出るね」と言ってくれてから、おちんちんを濡れた温かいタオルで綺麗に拭いてくれます。

精子を出してしまった後、私は興奮がおさまっていて、少しだけの間ですが真面目な話をしてから、「また来るね」と伝え、時間が来て終了となります。

よしえちゃんと別れる瞬間にキスをして「バイバイ」と手をお互い手を振って別れる時はスッキリした気分と寂しさの両方ついてきます。

風俗店を出る時も周りに人がいないか気にしてスタスタ帰ります。

よしえちゃんとは連絡先を交換していないので、いつもお店に電話して予約をしていました。

よしえちゃんを何回か指名したのですが、ある日店員に聞いたら辞めたことを言われてしまってせっかく相性のあるエッチができていたのにと少しショックでした。

しかし、風俗嬢はたくさんいるので他の私のタイプの女の子を探していきました。

本当はよしえちゃんと本番がしたいのですがファッションヘルスは本番が禁止で、もしも強要したら、多額の罰金がまっているので本番はできませんでした。

以上が私がクンニされるのが好きな風俗嬢とのエッチな体験談を書いていきました。

おまんこをなめるのは前はあまり好きではなかったのですが、よしえちゃんと出会って気持ちよくなってくれるから、クンニすること

 

サンプル