cewek_bugil_diremas_toketnya_14
出会いの季節の春。

別れの春でもある。

なんとなく別れそうな感じもあったが、やっぱりという感じに。


しかし彼女と別れてしまうと、何とも女っ気のない生活になってしまう。

女友達がいないわけでもないが、あくまで友達であってそれ以上にはならない。

何が寂しいって下半身が寂しいもので。


そこでオレは久しぶりに出会い系を覗いてみた。

久しぶりに見たので少々ドキドキしながら女の子たちのプロフィールを見てみる。


まあ将来的に付き合えればいいのだが、とりあえずは下半身を慰めなければいけない。

そんなこんなで良い感じの女の子が見つかった。


25歳のマリエという女性、保育士とのことだ。

保育士は色々と大変な仕事だと聞いている。

性格は保証できないが、ストレス発散したいがために簡単にヤラせてくれるという話もある。


とりあえず期待を込めて接触を試みると、割とあっさりと会うことができる感じに。


オレはこういう時の待ち合わせは無難な個室居酒屋を選ぶ。

カッコつけて良い感じの店を選んでも、来た女が最悪だと何とも言えない切なさに落ちいるからだ。

お金と時間を無駄にすることに。


無難な個室居酒屋なら女が悪くても、とりあえず酒と飯さえ頂けば納得できる。

そしてイイ女だったら個室だけに口説きやすい。

オレの小さなこだわりだ。


しかし実際に待ち合わせに来た女性、オレには意外な人だった。


顔はまあ可愛いし25歳と言うのも納得だ。

スタイルも申し分ないだろう。

ただ、どうみてもこの子はおとなしいタイプだ。


クラスに一人はいるような、なかなか喋らない子。

まさにそんな感じである。

真面目とはこのことかと言うくらいの無垢っぽさがあった。


「初めまして、マリエさんだよね?」

「あ…は、はい…、よろ…よろしくお願します…」

内心オレの中でマジかというところだった。

こんな小学生のような照れ具合の女性が出会い系にいるなんて。

まさに度肝を抜かれた気分だ。


まあしかしブスではないし可愛いわけだから、とりあえず店に入る。

もしかしたら酔ったら本性が出るかもしれない、そういう期待も少しはあった。


そこは隣通しで座れる個室居酒屋。

過去にここで数人の女とイチャイチャしたものだ。

そんなお店でマリエと隣同士で座る。

お酒が運ばれてきて乾杯をした。


「マリエさんはよく飲みに行くの?」

「え、はい…そうですね…そんなに飲めないのですが…はい…」

相変らずのか細い声でのお喋り。

まあお酒も入っていけば少しは…と思っていたが、特に変わることも無さそうな雰囲気。


今日はこのままお喋りして終わりか…と思っていたが、しかし可愛い顔だし少しくらいは楽しみたい。

オレはダメもとでマリエを抱き寄せて、そっと耳を舐めた。


「はぁぁぁん…!あん…」

可愛い声が漏れる。

マリエの顔が一気に赤くなった。

そのままオレはマリエにキスをしながら胸をまさぐる。


「あ、あぁぁ…ダメ…です…」

オレの手を押さえながらそっと囁くマリエ。

しかしオレはマリエの胸から手を離すことは無く、柔らかい胸を揉み続けていた。


だんだんとマリエの吐息が熱くなってくる。

オレはそんなマリエの手を取って、自分のムスコに当てた。


「キャ…!そんなところ…!」

驚いた様子のマリエ。

そんなに驚くかという感じだが、本当にマリエは男の経験がないかもしれない。

そのくらいの印象だった。


せっかくなのでオレはムスコをパンツから出して、マリエに直接触らせた。


アァ…!何を…!?」
戸惑うマリエ、しかしオレはマリエにかがませて顔の前にムスコが来るようにする。

  

「マリエさん、舐めてよ」

オレはマリエにフェラしてもらうように頼んだ。


「え、な、舐めるんですか…?」

マリエはフェラをしたことが無いようだ。

本当に超純粋なのかもしれない。

そこでオレは優しく教えながらマリエにムスコをしゃぶってもらった。


最初はなかなか上手くいっていなかったが、実際にはそんな不器用さも気持が良かった。

さらに指導していくと、だんだんとオレの気持ちのいいポイントを押さえるようになり、だんだん音を立てながら大胆にフェラしていくようになる。


「な、なんか…出てきました…」

オレは気持ちよくなったあまりに、我慢汁が少しずつ出てきてしまう。


「全部舐めとりながらフェラを続けて」

マリエはオレの言うことをしっかり聞いてくれて、それもまた気分が良い。

オレのムスコもどんどん興奮してきて、ついにはマリエの口の中に精子を噴射してしまった。


「アァ、アァぁあ…!いっぱい…でてきました…」

「マリエさんのフェラが気持ち良くて」

マリエは流石に飲みこむことはできなさそうなので、ティッシュに出すことに。

オレはマリエが愛おしく感じて、再び抱き付きながらキスを。

そして今度はオレがマリエのスカートの中に手を入れて、パンティーの上からマンコを摩った。


「キャぁぁぁん…!」

マリエからエロい声が出てくる。

さすがにマンコを触られるのは刺激が強かったようだ。

しかしそれでもオレは優しくマンスジをなぞったり、クリトリスの部分を指先でいじる。


「あ、あぁ、あふぅぅん…!あっぁん…」

マリエは恥かしそうにしながら熱い吐息を出す。

もうオレの顔を見ることはできないくらいの恥ずかしがり方だ。


「マリエさん、直接あそこ触っちゃおうかな」

オレはマリエのパンティーの中に手を入れてクリトリスを直接愛撫する。

マリエの体がぴくぴくと反応して、オレに体を預けてきた。


「ハァぁぅぅん…!ダ、ダメです…!あ、あぁぁ…はぁぁっぁ…!」

マリエはオレのクリトリスいじりに感じながら、必死に耐えている。

そのマンコからはイヤラシイ液が流れ始めて。

もう一帯がヌルヌルになっていた。


「マリエさん、舐めちゃおうかな」

オレはマリエ尾をその場に寝かせてパンティーを脱がす。

そこに現れたマンコはキレイなもので、処女だと確信した。


そんなきれいなマンコに、オレは舌先をつけてそっと這わせるように愛撫した。


「あぁっぁぁぁっぁぁあ…ひゃぁぁっぁん…!ハァ、ハァぁ…!あんん…」

マリエはオレの頭を押さえながらクンニされている。

舌先がクリトリスに当たるたびに、マリエはエロい声を止めることができずに漏らしてしまっていた。


「あぁ…ん、あんん…!イヤぁあぁ…ん…!」

クリトリスのクンニを続けることで、マリエの体が熱を帯びてくる。

そして次第に足を閉じ始めてきて呼吸を乱してきた。


「アッぁ、アァぁ…ひゃぁはぁっぁん…お、おかしくなります…ぅぅんん…!」

マリエの腰が上下し始めて、そして完全に反った状態になり一気に息を吐き出した。


「アァぁぁっぁん!あハァァんん…!」

マリエはイってしまった。

放心状態のようになり、しばらく横たわるマリエ。

その後、オレに抱き付いて離れなかった。


その後はマリエを家に呼んで、少しずつオレの好みに仕上げていく。

最高のセフレができた。


 

サンプル