eargaf
女性が多い職場での話です。

独身から既婚者まで色々いるが、主に20代から30代が最も多く、オレとしてはとても気持ちよく仕事をしている。


そんな中で30代も後半となったオレは、何気に頑張った成果が出て社長からの信頼も厚い。

他の先輩たちを押さえて、報酬をかなり貰っていた。

まあ結果を出し続けているのは事実なので、誰も文句は言わないのだが。


そんなオレは実は、女性社員の中でエロキャラとして通っている。

最初は頑張っている後輩女性社員の肩を揉んであげたところから始まった。

好意でしてあげたのだが、なぜだか肩の揉み方がイヤラシイみたいなことを、他の女性社員に言いふらしたのである。



彼女はちょっと面白がって言ったのだが、意外にそれが広がってしまい、いつしかエロい先輩としていじられることも。

まあオレも愛されているなとは思ったが。


そこからオレもいじりのお返しと言わんばかりに、冗談半分で女性社員の胸やお尻にタッチしていったのである。

本当にエロキャラになった。


本来なら嫌われたりセクハラだと言われてしまうのだが、なんせオレは仕事ができる男。

そういう肩書きに女性は弱いもので、オレにお触りされたことで喜ぶ女も多い。


調子に乗ってお触りを繰り返すうちに、数人の女性とはそれなりのところまでの関係を持ってしまうことに。


22歳のまだ若いミカなんかはそのうちの一人だ。


「ミカ、今日も頑張ってるようだね」

そう言いながらオレがミカのお尻を触っていると、ミカは顔を赤くしながら恥ずかしがる。


「もう…センパイ…!こんなところで触ったら皆に見られますよ…」

可愛い顔してオレを見つめてくる。

そんなミカのスカートをまくりあげてパンティーの中に手を入れると、オレはマンコを愛撫しながらクリトリスをいじるのだ。


「アァん…センパイ…!あぁ、あ…そこはダメ…!」

腰を引いてしまうミカ。

しかしオレはクリトリスを愛撫し続ける。


「止めてほしいなら、舐めてもらおうかな」

そう言いながらミカにパンツを脱がさせて、ムキムキのムスコをフェラしてもらうのだ。

皆からはギリギリ見えていないところでのミカのフェラ。


何回も舐めてもらっているうちに、ミカはオレの好きなポイントを知り尽くしてきたいるのだ。

オレにとってはこんなに気持ちのいいフェラをしてくれるのは、ミカ以外にはなかなかいないと思っている。


「センパイ…今日も出してください…」

オレがイきそうになると、しっかり肉棒を咥えて手コキでフィニッシュしてくれる。

そしてミカの口の中に精子を放射するのだ。


「もう…センパイったら…溜めすぎですぅ…」

ミカはオレの精子を飲みこみ、何事も無かったかのように仕事に戻る。

  

そして32歳の結婚して子供が一人いるパートのリナなんかは、完全にオレにおもちゃになっている状態だ。


オレは昼休みに一人で会社の屋上でご飯を食べることもあるのだが、時にリナを誘うこともある。

普段屋上でご飯を食べる人がいないために、そんな時はリナと二人だけになるのだが、食べ終わるとオレはリナに膝枕をしてもらうのだ。


「先輩は甘えん坊ですね…」

フェロモン系のリナにそんなことを言われながら、オレはリナのスカートをめくってパンティーの上からクンニする。


「アァぁん…センパイ…!そんなことしたら…誰かきちゃいます…!あぅん、あん…」

誰も来ないことを知っているはずだ。

しかし興奮が高まりだんだんとリナのパンティーがエロい液で湿ってくると、そのまま脱がしてしまい直接マンコをクンニするのだ。


「ハァァァん…あ、あぁぁん…センパァァッァいい…!エッチなんだからぁぁ…!」

悶えるリナは感じ方もエロい。

オレは簡単に勃起してしまい、ついムスコを挿入してしまう。

そして思いっきりピストンをして中出しをしてしまうことに。

リナとは完全にエッチをしている関係だ。


そんな感じで深い関係になっている女たち、しかし都合がいいことに、そこまでの関係になっていると、誰もそれは表には公表しないのだ。

よって、関係を持っている本人以外はオレの存在をただのスケベ男と言う認識しかない。


そのスケベ男でエロキャラと言うのは、会社の所長秘書も知っていた。

彼女はカオリといって36歳の美形女性だ。

社長とは関係を持っていると皆は思っている。


普段は社長室にいるか、社長の外回りについていっている。

たまにオレ達のいる現場に顔を出すのだ。


そのカオリにオレは社長室に呼ばれてしまった。

しかし社長はいない。

どうやら一旦自宅に戻ったようだ。


「アナタ、うちの女性社員と色々絡んでいるという噂だけど…」

オレとしては何を今さらとも思ったが、カオリはその後オレの隣に座り、足を絡めてきた。


「アタシには…何もしてくれないの…?」

カオリは突然オレのムスコを撫でまわして、そしてパンツを下げてフェラをしてきた。

オレは流石にカオリには手を出していなかった。

美人ではあるが社長の目もあるし…と言うのが理由である。


しかしそんなカオリが自らオレのムスコをしゃぶってくる。


「アタシだって…寂しいんだよ…」

そう言いながら、カオリは自分のパンティーも脱いで自らクリトリスをいじっていた。

オレはフェラされながらもカオリのクリトリスをクンニしてシックスナインをする。


「アァぁ…あハァァん…!」

カオリは腰をクネクネさせながら、オレのクンニを味わっていた。


「あ、アタシ…我慢できない…!」

そう言うとカオリはオレのムスコの上にまたがり、騎乗位の状態で腰を振ってきた。

オレのムキムキの肉棒がカオリのマンコの中で暴れまくる。


カオリもマンコからエロいヌルヌルの液を垂らしながら、社長室の中で喘いでいた。


「ハァァァんん…ステキな…おチンチン…!気持ち、良いわ…!あハァァん…!」

クリトリスをオレのお腹に擦りつけて、そして膣内ではオレのムスコが色んなスポットを刺激している。


「ひゃぁぁぁあぁぁん…!ア、アァぁあ…い、イク…!」

カオリは淫らな声とともに昇天してしまった。

その後はオレが下から突きあげて、そしてカオリのマンコの中に射精してしまう。


その後もカオリはオレのムスコを挿入したまま、オレに抱き付いて離れなかった。


こうしてオレのエロキャラを超えた関係の女がまた一人増えたことに。

そして今日もオレは女性社員の体を触っていく。


 

サンプル