1
33歳という年齢に体力の衰えを感じ始めていた。

まだ20代には負けないと思いながらも、時に疲れを隠しきれないのが事実。


そこで仕事も一通り落ち着いたころ、オレは水泳を始める事にした。

たまたま実家の近くにある施設にプールがあり、そこは土地柄そんなに混んでいることは無い。

それでも遅くまで開いている。


オレには都合が良いので、仕事終わりでもちょっと寄って行くことにした。


適当に週に二回くらいのペースで通っていたある日、その日は天気も悪ければ時間も遅いこともあり、プールを使用しているのはオレともう一人くらい。

ここまで空いているのも珍しいのだが。



そこでオレは200メートルくらい泳いでから、プールサイドで休憩していた。

そこに泳いでいたもう一人のお客さん。

よく見るとそれは女性の様だが、休憩しているオレのところに向かって泳いできた。


「久しぶりだね、チロ」

その女性がオレに向かって声をかける。

オレは最初、相手がゴーグルをしているので分からなかったが、チロと言う呼び名でなんとなく気づく。

そう呼ぶのはオレの人生の中で一人しかいない。


ゴーグルを外した女性、やはりオレの思った通り、彼女はミユという幼馴染だった。


「チロがここにいるなんて、びっくりしたわー」

「よく分かったな、オレは全然気づかなかったわ」

ミユは保育園時代からの幼馴染で、その後は中学卒業まで一緒だった。

そんなミユはオトコ顔負けのワンパクな性格で、よく男たちにもイタズラしていたのだ。


子供だから許されるのだろうが、平気でムスコを触ってきてからかってくる始末。

オレもその時はミユのマンコを触って反撃していた。


ただそれが中学生の時もしていたのだから、自分でもすごい仲だなと思っていた。


「今日ね、理科の伊藤先生のパンティーはピンクだぞ」

そんなことを言いながらオレの股間をまさぐるミユ。


「エッチなこと考えているんでしょー、すぐイクくせにー!」

オレは実際にそれで普通に勃起していたこともある。

実際ミユはモテてもおかしくないくらい可愛い顔をしているのだ。

ちなみに胸もまあまあある。

その時はオレもふざけてそのミユの胸を揉みながら反撃していたのだ。


「うるせー!オレは遅漏なんだよー!」

そこで遅漏と言ったところから、その後ミユからはチロと呼ばれているのである。


「きゃー!女子の胸を触るなんてー!皆に言いつけよー!」

という感じで、ある意味じゃれていたような関係である。

それから高校が別々になってからは年に一回会うかどうかとなった。

ちなみに体の関係などは無い。


なのでこのプールであったのも一年以上ぶりになる。


「チロ、相変わらず遅漏なの?」

そう言ってミユは久しぶりにオレの股間をまさぐってきた。

他に人がいればそんなことはしてこないのだろうが、今は二人しかいない。


「当たり前だろ、確かめてみるか?」

もちろんオレはそこで何をしようなんて考えてはいない。

現にミユは一昨年に結婚もしているわけで。

なので冗談でオレはミユの手を取って、オレの水着の中に入れた。


ミユの相変わらず可愛い顔と育っている胸のおかげで、すでに勃起をしているオレ。

そんなガチガチのムスコを握ったミユは、ちょっと驚きながらもオレの言葉に乗ってきた。


「分かったわよ…!じゃあフェラしちゃうよ!」  

オレは最初冗談かと思ったが、ミユはオレの水着を下げて生のムスコを目の前にする。

そしてゆっくりと指で摩りながら肉棒にしゃぶりついた。


「こ、こんなに大きくなっちゃうのね…」

過去に下着の上からお互いの性器を触っていたことはあっても、生で触れたのはこれが初めてだ。

お互いに内心ドキドキしながら、ミユはオレのムスコをフェラする。


「ミユ、気持いいじゃん」

「バカ…チロのおチンチンくらい簡単に気持ちよくできるわよ…」

何だかんだで一生懸命フェラしてくれるミユ。

オレのムスコはどんどん固くなっていき、我慢汁も沢山出てきた。


「どう…イキそう…?」

「もっと頑張ってフェラしてくれればイケるかな」

「もう…本当に遅漏なのね…」

ミユがフェラ疲れし始めてきたことが分かったので、オレはそのままプールに入り、ミユの胸を後ろから揉んだ。


「ミユ、今度はオレはやってあげるわ」

ミユは突然のことにビックリするが、昔のじゃれ合いと思ったのか油断をしている。


「またそんなことして…おチンチン丸出しでヘンタイだな…」

そんなイタズラな言葉を出すが、オレはただ胸を揉むだけでは終わらない。

プールの中でミユの水着を脱がして直接胸を揉んだ。


「あぁぁん…ちょっと…バカぁ…!」

そこまでされると思っていなかったミユは、慌てて胸を隠す。

しかしオレは胸だけでなく水中で露になっているミユのマンコを指でいじった。


「あハァァん…!バ、バカ…あ、ああぁ…!」

オレの指がクリトリスに当たると、ミユの体が反応して腰を引く。

ミユの柔らかいお尻がオレのムスコに押し付けられた。


「ちょっと…チロ…ダメェ…あはぁぁん…!」

オレがクリトリスを集中的にいじると、ミユは居ても立っても居られない状態でプールの中に沈みそうになった。


「オレと違って、ミユはすぐにイキそうだな」

オレはミユを抱え上げて、プールサイドに座らせる。

既に全裸のミユの足を広げて、オレはミユのマンコを大胆に舐めた。


「あぁぁふぅぅぅんん…はぁ、あぁぁあ…!ダメェぇえ…んん…!」

クリトリスをクンニすると、もう喘ぎ声が止まらない。

オレはクリトリスを吸いながら舌で激しく弄んだ。


「はぁっぁあ…チ、チロ…!イヤぁっぁあん…、あはぁぁぁん…!」

オレのクンニでミユは呼吸を荒げてしまっている。

プールの中にミユのエロい声が響いて、それがオレのムスコをさらに刺激した。


クンニでヌレヌレのミユのマンコ。

オレは我慢できずにプールから上がり、そのままムスコを挿入した。


「キャッぁぁぁ…あぁ、あぁぁ、あぁぁぁんん…!はぁぁぁ…!気持ちいい…!」

ミユはオレのピストンに快楽を感じて、そして悶えはじめる。

挿入からそこまで時間も経っていないだろう、ミユは絶頂を目の前にしていた。


「アァぁんん…!ばかぁあ…!チロ…、アタシ…イク…!!」

ミユはプールサイドで腰を痙攣させながらイってしまった。

そしてオレもミユのマンコの中で昇天することに。


お互い公共の施設の中で全裸でエッチをしてしまう結果となった。


それからオレたちは、プールで会うたびにエッチをすることに。

他にお客さんがいても、プールの中で手コキと手マンをやり合って、お互い昇天していた。


 

サンプル