hamedori_5405-020s
入院していた時の話です。


今回のエロ話は私が精神科に入院して2人の女性とイチャイチャして本番なしのエロい話を書いていきます。

このエッチな体験談は虚偽ではなくて真実です。

さっそく下記にエッチな話を書いていきます。

まさか病院でエッチができるのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、最後まで読んでくださいね。




■精神科はエッチしやすい環境にある

私は8年前に鬱状態になり精神科に入院してしまいました。

入院して患者さんと話して仲良くなっていくうちに病気も治っていき元気になっていきました。

鬱状態が治っていくと、だんだんと性欲が沸いてきてエッチしたくなり、消灯後、毎晩一人エッチをしていました。

性欲がたまってきて、私は入院患者の綺麗な女性と話をしたくて近づいていき、仲良くなっていきました。

精神科は外に出ることが許可制になっていて医師が外泊や外出の許可がでて外に初めて出れます。

そのため、男性患者も女性患者も若い人なら性欲が必然的にたまってしまいます。

寂しい気持ちと外観とのシャットアウトで異性との出会いは隔離された病院内だけになってしまいます。


■26歳の綺麗な女性患者から誘惑をうけた

ある消灯時間になって他の患者さんはみんな寝て私ともう1人の26歳の女性だけ食堂で話す機会がありました。

女性は鬱病で家庭との関係もうまくいっていなくて、私に依存していました。

女性は綺麗系な顔で目はそんなに大きくないですが、色白で痩せていて優しいい性格です。

話しているうちに女性から「私のこと好きでしょ。

濡れているんだよ」と言ってきました。

精神科の食堂はナースステーションから見えない場所があって、この女性とキスをして女性のパンツの中に手をいれてクリトリスを触りおまんこはビショビショになっていました。

いつ看護師さんが見に来るかドキドキしながら手マンをしていたのでスリルが余計にエッチ度を増していました。

おっぱいを触りたくて、服の上から胸を触り、ブラジャーをずらしておっぱいを触りました。

女性は気持ちよくなっていて顔は紅潮していました。

私もおちんちんが大きくなってしまい。

フェラをしてくれました。

ズボンとパンツを全部脱ぐことができない状態でしたが、かなり性欲がたまっていたので、女性のフェラがそんなにうまくなくても、かなり気持ちよかったです。

すこしだけ我慢汁が出てました。

流石に本番はできませんでしたが、かなり美味しいエッチな体験談でした。

次の日女性と会った時はお互いかなり恥ずかしくて、女性から「なんであんなことをしてしまったのかなあ」と恥ずかしそうに言っていました。

その後この女性とはエッチしませんでしたがクリトリスをさわった感触は鮮明に覚えています。


■28歳の女性とフェラとクンニをした

私は26歳の女性とエッチしたことで、他の女性ともエッチしたい欲望が沸いてしまいました。

退院までまだ2週間あったから、エッチできそうな女性を探すことにしました。

不謹慎かもしれませんが、病院に入院していると制約をうけてやることがなくて、エッチして病気も元気になっていくなら最高と考えたからです。

食堂で前から話したいと思っていた女性に話しかけにいきました。

どんな女性かは、統合失調症で長期入院していて、外出や外泊もできなくてストレスがたまっていました。

容姿は色白で目が大きくて白人と日本人とのハーフでとても綺麗な女性です。

胸も大きくてお尻もほどよく出ていて周りも羨むような美人です。

統合失調症だから、話すと会話がうまくできない感じでしたが、今回の女性も消灯時間前に話していたら、女性から「私はハーフだからキスしても大丈夫だよね」と言ってきて、キスをしてしまいました。

こんな綺麗な女性とキスができてかなり嬉しかったです。


次の日になって、女性の部屋に私は遊びにいきました。

そこは4人部屋で他の3人の女性は食堂にいて部屋にはいませんでした。

そんな時に女性から「いいことしない?」と言ってきて私のズボンとパンツを下ろしてフェラしてくれました。

いつ誰が部屋に入ってくるか分からないからかなりドキドキしていました。

私も女性のパンツを下ろしてクンニをしました。

お風呂に入っていなくてもクンニすることに抵抗がなくて女性が気持ちよくなって欲しくて必死にクンニしました。

少しの間のエッチでしたが、かなり興奮して気持ちよかったです。

この女性とは人の目を盗んで、フェラとクンニのやりっこをしました。

女性から「かなり好きだねえ」と言われ私は恥ずかしかったです。


■退院してからお見舞いにいってかるいエッチをした

私は退院になって女性達と別れることになりました。

しかし、同じ病院に私は月に2回外来診察を受けにいっていたので、ついでに女性に面会しに行きました。

他の男性患者とも面会したかったので、受付で面会の許可をとってすぐに入院患者と会うことができました。

エッチした26歳の女性は病気が悪化して個室にはいって会えなくて、28歳の女性と面会することができました。

面会室で女性とイチャイチャしたいと思っていた私はキスしたり胸を触ったりほんの少しだけフェラしてもらいました。

面会室もいつ誰がくるか分からないからかなり興奮してしまいました。

女性の誕生日だったのでプレゼントを買ってあげたらかなり嬉しがっていました。

女性は退院はできないみたいだから病院の面会でしかその後も会えなかったです。


■まとめ

上記が私が2人の女性と精神科でエッチをした体験談をかいていきました。

エッチはフェラやクンニまでしかできませんでしたが、病院でエッチができた経験をもっている世の中の人はかなり少数だと思います。

友達に今回のエッチのことを話したらAVみたいな企画でかなり羨ましがっていました。

私はうつ病で精神科の入院で絶望感でしたが、エッチをする度に元気がでてきてある意味リハビリになったと真剣に思っています。

くどいようですが今回の体験談はフィクションではなくて真実です。

エッチすることと女性は私は大好きですが、今回の体験は今まで生きてきた中でもかなりまれな経験をしたと思っていますよ。

人生にはいろいろありますが、この体験を通して、つらいことがあったら女性とエッチして元気になろうと決意しました。

風俗に通うことやセフレを作ること、出会い系サイトで女性と会うことなどを今回の件以来増えていきました。

お金は破産しない程度でやって貯金も作っているので女性とのエッチな体験は毎日充実したものとなっていますよ。

サンプル