269_21
浮気話になりますが近所に住んでいる人妻とのエロい話です。


私は35歳で既婚ですが子供はいません・・・頑張ってはいたのですが授かりませんでした。


今では妻も諦めていて、ずっとレス状態が続いています。


妻は明美と言って34歳で、見た目は可愛く見えるらしいです。


でも、性格的にきつい所が有り、私は結構尻に敷かれていると言えるでしょう。


そんな妻が、友達三人と我が家で家飲みするらしく、私は邪魔だとの事。


友達三人も子供がいなくて、同じ境遇で仲が良いみたいですね。


お昼の過ぎには集まって飲みだしました・・・明るい内から結構な事です。



私はその間に何をしようか考えましたが、パチンコとか好きではないしする事が無い。


ゴルフに嵌っていた時期も有りましたが、お金が掛かるし小遣いが少ないので止めてしまいました。


映画が好きで、借りているDVDが有ったので観たかったのですが・・・。


そんなこんなで、部屋の片隅にポツンと居たら、三人の内の一人である奈美さんが、

「私んちで観て来たら?」

・・・と言ってくれたのです。


奈美さんちは、歩いて5分くらいの所に有るマンションの5階で、私も何度かお邪魔した事があり勝手は知っていました。


妻も「そうしたら」と言ってくれたので、有り難く申し出を受けることに。


奈美さんの旦那は忙しくてこの日も仕事みたいです。


誰も居ない部屋で、テレビのスイッチを入れて見始めましたが、途中で雨が降って来たらしく、妻から電話が有り、「奈美さんが洗濯物をもう少し軒下の方へ寄せて欲しい」・・・と言っていると伝えてきました。


それで、ベランダに行き洗濯物を移動させたのですが、その時に奈美さんの下着に目が止まり見入ってしまった私。


いけない事だと思いつつ、それを手に取り、アソコが当る部分にシミが付いていないか確認してから、匂いを嗅いでしまったバカな私。


奈美さんは妻より一つ下で、33歳になる坂下千里子似の可愛い女性。


私は以前から、一度は抱いてみたいと思っていたのです。


こっそりポケットにしまおうと思いましたが、バレて妻に告げ口でもされたら恐ろしくて、どうにか思いとどまりました。


その後もDVDを見ていましたが、頭の中では奈美さんの下着姿がチラついて、映画に集中出来ません。


(アダルトビデオを借りてくれば良かった)

・・・と後悔しました。


他人の家で、そこの奥さんの下着を頭からかぶり、アダルトビデオを観ながらぶっ放す!

そんなチャンスは、そう有るものではないでしょう。


何なら、奥さんの下着を履いてみるのも悪くは無いかも。


そんな事を考えていると、妻からまた電話が有り、「カラオケに行くから車で送って欲しい」との事。


やれやれと思いながらも自宅に戻ると、行く準備をして待っていた女性たち。


目を見ると、「遅い!」・・・とでも言いたげな感じ。


それで、持って行くものを聞いてから先に車に戻り、女性たちを乗せるとカラオケ店へ急ぎました。


これで自宅でゆっくり出来ると思いましたが、奈美さんの下着とはサヨナラな訳で・・・。


ところが、途中で奈美さんが、「気分が悪い」・・・と言い出したのです。


飲み過ぎた様で、「目が回る気持ち悪い」・・・と訴えています。


もともとあまり飲めない方の奈美さん・・・そこまで飲んでいないと思うのですが・・・。


カラオケ店に着いてからも、車から降りようとしません。


それを見た妻が、「悪いけど奈美の家に連れて帰ってくれる?」・・・と私に頼みました。


再び頭の中に蘇える奈美さんの下着。


直ぐに了解した私は、彼女のマンションまで車を走らせました。


ところが、駐車場に着いても、グタっとしている奈美さん。


仕方がないので抱え上げようとしましたが、腕力にいまひとつ自信が無かった私。


それで、おんぶする事にして、グタっとしている奈美さんに言い聞かせながら背中にしょったのです。


やや細身体型の奈美さん・・・思ったより軽かったし、胸の出っ張りが背中に当っていい感じ。


また、化粧の匂いや体温が伝わり、ベランダの下着も思い出されてアソコがムズムズしていました。


 
なんとかリビングまで運びソファーに寝かせましたが、膝を丸めて横向きになったまま動きません。


ところが、履いていた短パンのお尻からピンク色の下着が・・・。


願っても無い光景に、じっと見入る私。


そして思わず、顔を近付けお尻の匂いを嗅いでいました。


すると、寝返りを打った奈美さん・・・仰向けになったので、短パンの隙間から恥丘がはっきりと判り、下着がマンコに食い込んだ感じになっていたのです。


さっきの様に、近寄ってまじまじと見てから匂いを嗅いだ私。


小便臭い匂いがしましたが、それがまた堪らず、気付かれるかもと思いながらも、そっとそこを触っていました。


起きそうにないので調子に乗り、更に食い込んだ部分を押してみる私。


柔らかくてボヨ~ンとした感触が、何とも言えず心地良かったですね。


Tシャツの胸の膨らみも気になりましたが、そこはさすがに気付かれると思い、諦めて帰ろうとした時でした。


いきなり手首を掴まれ、「女をその気にして帰るの?」・・・と声が。


びっくりして振り返ると、奈美さんが起き上がり、こっちを見つめていたのです。


「自分だけ触ってずるいわよ~」
「気付いてたんだ?」
「もちろん気付いてたわよ~その気になったし何とかしてよねっ!」

目が濡れている感じがしましたし、酔いの方も大丈夫そう。


奈美さんに飛び付き、押し倒してから「いいのかい?」・・・と聞きました。


「いいも悪いも、あなたが火をつけたんだから何とかして!」

そう言われれば遠慮はいりません・・・奈美さんのプックリとした唇に吸い付いた私。


吸い付きながらTシャツの上から乳房を揉むと、奈美さんもすでに勃起していた私のアレを、ジャージの上から弄りました。


Tシャツを脱がしブラのホックを外しと、少し垂れてはいましたがCカップ位と思われる乳房が目の前に。


触れると柔らかくてモチモチしていた奈美さん乳房。


夢中で揉み上げ、まだそこまで黒ずんでいない乳首を吸いました。


そして、短パンと下着の間から手を差し入れ、先ほど触った恥丘の下に有るクリトリスに指を這わせます。


「あ~ん」という声と共に、身体をピクンとさせた奈美さん。


自ら脱いで裸になり、足を広げて「舐めて!」・・・とおねだりしました。


短パンを履いていた時から、陰毛が何本か見えていましたので、意外と毛深いのでは思っていた通りに、そこは黒々としていてお尻の方まで伸びていました。


マンコはさすがに少し臭いましたが、お気に入りの奈美さんからおねだりされたら仕方ありません。


クリトリスから始めて、マンコ全体をベロベロとクンニしてあげました。


してあげたら、して欲しくなるものです。


ジャージを脱いで、ビンビンになっているチンポを見せると、嬉しそうにして握ってから口に含みフェラし始めた奈美さん。


坂下千里子似の顔で出し入れしたり、舌を時計回りに回して亀頭を舐め上げます。


人妻のフェラは最高でしたね。


しばらくフェラして貰ってから、「コンドーム有る?」・・・と聞くと、「いいわよ付けなくて」・・・との返事。


生で出来るならこんなに嬉しい事は有りません。


両足を開かせると、唾液まみれのチンポをブスリと突っ込みました。


一度は入れて見たいと思っていた奈美さんのマンコ。


それが実現出来た事が嬉しくて、肉ヒダの感触を楽しみながらゆっくりと出し入れしました。


とろけるような快感に、直ぐに発射したくなりましたがここは我慢してバックに移行。


後ろから突っ込み直して、可愛いお尻にパンパンと打ち突けました。


奈美さんが「あ~~・・・も、もうダメ~~っ」と叫ぶ中、最後とばかりに強く打ち突けて大量に放出です。


奈美さんは、そのまま崩れ落ちました。


ぐったりしていたので、マンコを拭いてあげると、「優しいのね」・・・と奈美さん。


そして、「明美さんには内緒でまたエッチしてくれたら嬉しいな!」・・・と。


「旦那とはしないの?」
「もう1年はしていないわ」

我が家と同じでレスの様。


こちらからもお願いしましたが、お互いの家だと見つかる可能性も有るので、今度はホテルに行く約束をして自宅に戻りました。


こうして、私と奈美さんのいけない関係が始まったのです。


 

サンプル