d8539c82728afb0226a7f1c386ca863b
エッチな話のネタで、僕の体験談を聞いてください。


よく、ディスカウントショップに売っている『恋の媚薬』とか言う、1000円ぐらいのドリンクとか、お菓子みたいなやつありますよね。

今までは、あんなもの冗談半分で効果なんてないや、と思っていました。

ところがこの前あったエッチな話を思い出すと、もしかしてそれって結構効果があったのかも?と最近思い始めました。

狙ってるけどまだエッチしたことない女友達と会う時に使ってみたら、僕みたいにいいことがあるかもしれませんよ。

あくまで自己責任で。


僕がその『恋の媚薬』で女友達とエッチしたのは先月の出来事です。

26歳の僕と、大体同年代のバイト時代の仲間4人で、女友達の文乃の家で家飲みをしていました。

メンバーは家主の文乃、僕、男友達の拓也、女友達の詩織、つまり男2女2の四人組です。



拓也はいたずら好きで、みんながビックリしたり引くようなことをするのが大好きな性格です。

飲んでいる途中で
「何か甘いもの欲しくなったね。

とか自分で言い出して、
「そういえばこんなのがあったんだ。

と自分のカバンから、例の『恋の媚薬』のラムネみたいなパッケージを4袋取り出しました。


パッケージはピンク色で、ちょっとセクシーな女の人のイラストが書いてあって、『これを飲むとみるみるうちにセックスしたくなって、あなたの恋が成就する』みたいな宣伝文句が書いてありました。

みんなは爆笑して
「ははは!!!ありえない!」
「っていうかなんで媚薬持ち歩いてるんだよ!」
みたいな感じでバカウケして
「じゃあ、みんなで飲もう!」
と言って、みんなで飲みました。

ごく普通のラムネ菓子の味です。

拓也は飲んだ瞬間、
「やべえ超ムラムラしてきた!」
と冗談を言っていましたが、
「結局のところ、まあ普通だよね。

「ていうかこれで1000円とかぼったくりじゃね?」
とか笑ってそれっきりで、飲んだことすら忘れてお開きの時間になりました。


拓也と詩織はちょっと家が遠いので、バタバタと支度をして先に帰ってきました。

僕もその後15分ぐらいで、文乃の家の片付けを手伝ってから帰るつもりでした。

テーブルの上の皿をまとめたり、ゴミを捨てながら、僕はなんとなく顔がポカポカあったかくなってくるような感じがしました。


そして、横に座っている文乃の黒っぽい花柄のワンピース姿がいつになく、異様にセクシーに思えてきました。

柔らかい生地のワンピースが文乃の腰周りにまとわりついて、なんとなく文乃の全裸が想像できるような気分になりました。

今までになかった感覚です。


そして文乃の方も
「ねぇ帰っちゃうの?帰ったら寂しくなるな~。

と変なことを言ってきました。

僕は文乃の横に腰掛けて、文乃と目を見合わせました。

文乃は思わせぶりな目線を送ってきて
「ん?」
「ん~ん。

「んん??」
「ん?」
と、僕と文乃は、なんだか付き合っている恋人のような気分でアイコンタクトを送り会いました。


文乃の目がトロンとして、ワンピースの胸元の白い肌がピンク色に紅潮しているような気がしました。

僕はいつのまにか勃起してしまっていて、頭の中で『無防備な文乃を襲うチャンスは今しかないぞ』という言葉がかけ巡っていました。


 
「文乃、どした?なんか顔が赤いよ?」
と口実を付けて、僕は文乃の前に顔を持っていき覗き込むようにしました。

文乃は、
「近い、近いよ…。

とのけぞるようにして僕を避けながらも、嬉しそうなまんざらでもない表情をしてきます。


そして文乃はのけ反った状態で自分の体重を支えきれなくなり、後ろ向きにひっくり返りそうになりました。

文乃が倒れる瞬間に僕に掴まろうとしたので、二人そろって横向きに床の上にひっくり返りました。


僕の体は思いっきり薄いワンピース越しに文乃の体に密着し、僕は偶然を装って文乃の腰に手が回りました。

完全に文乃の上に僕の体が覆いかぶさって乗りかかり、文乃も僕をどかそうとはせずに馬乗りの状態を受け入れました。


僕はそのまま性欲に任せて、文乃のおっぱいを揉み始めました。

おっぱいを揉む間を縫って、文乃の足首からふくらはぎ、太ももへと手を滑らせ、文乃の黒い花柄のワンピースはお尻まで捲れ上がりました。

文乃のピンク色のパンツとそこからはみ出したお尻が丸見えでした。

 
こんなに自然に絡み合ってしまいましたが、実は僕と文乃は、こんな仲ではなかったはずでした。

確かに恋愛相談とか何でも話せるし、文乃はまあまあかわいいけど、こんな風になるなら知り合ってから今までそんなチャンスは何度でもあったはずです。

それなのになかったということは文乃にとって僕は恋愛対象外の男のはずでした。

 
 
やっぱり媚薬の効果だったとしか思えません。

僕は積極的に文乃にディープキスを求めて、文乃もそれに応じてきて、文乃は
「はぁはぁはぁ…」
と速い吐息を漏らしました。

 
襲い掛かったのは僕が先ですが、まだおまんこや乳首には直接触らずに文乃の肌の滑らかさを味わいながら、このままもっと直接触っても大丈夫か躊躇していました。

しかし、始まってしまうと文乃の方が積極的に僕の体を求めてきました。

僕のズボンの上からしばらく、ペニスの形を確かめるように指で挟むようにしながらしこしこと擦り、ペニスが完璧に硬くなってズボンの中でパンパンになると、ガチャガチャ音を立てながら僕のベルトを外しました。

ジーッと音を立ててジッパーを下まで下ろし、ズボンとパンツを脱がされました。

僕のほうが先に性器をもろ出しにされました。

 
文乃の手がわっかの形になり、文乃は見たこともないようなエロい誘惑の表情でしこしこと僕のペニスを手コキしました。

あまりの気持ちよさに僕はのけぞりながら、文乃の部屋の天井を仰ぎました。

次の瞬間、ペニスが暖かく包まれた感触になりました。

視線を落とすと、なんと文乃は既に僕のペニスをフェラし始めていました。

僕のペニスは文乃の積極的なフェラに熱くますます硬くなりました。

 
文乃は最初はタメを作ってしこしこと素早くフェラして、次は奥まで咥え混んで舌先で先端を焦らすようにしてフェラしました。

僕は媚薬の効果もあったのかもしれませんが、文乃のフェラの舌の動きが感触だけで完璧に伝わってくるような状態になりました。


僕は天を仰ぎながらも、僕のペニスをフェラしている文乃のお尻をまさぐりパンツの中に手を突っ込んだり、背中に手を回してブラのホックを外したりしました。

しかし文乃のフェラがラストスパートのように高速で頭を前後させながら、僕の金玉に溜まった精液を前へ前へ導くような動きをすると流石にもう耐えられなくなりました。


僕は文乃のワンピースに手を突っ込んで肌をまさぐりながら
「もう出る、本当に出る…。

と文乃にしがみつき、あえなく文乃の口にドックンドックンと射精しました。

 
精液を絞り出すような情熱的なフェラを文乃にされました。

射精した後の僕は、大急ぎで文乃の黒いワンピースを脱がしました。

水色のキャミソールの下に、外れかけたピンクのブラと食い込んだピンクのパンツ姿になった文乃の肌を触りまくりました。

ピンクのコリコリした乳首を触り、パンツの奥に指を入れて、クリトリスを触りました。


文乃はフェラで精液をゴックンした興奮がまだ冷めやらぬ感じでした。

おまんこはもちろん既にかなりビショビショになって濡れていました。


やがて文乃の服を全部はぎ取って、すっぽんぽんの生まれたままの姿にすると、文乃の内腿に手を掛けてガニ股に開かせました。


丸出しになった濃い目の陰毛の中のおまんこに張り付くように頭を埋めて、僕は文乃にクンニをしました。

  
文乃の中からはどんどん愛液が流れ出てきました。

僕はその糸を引くようなねっとりした愛液を舌先に取って、クリトリスに載せるイメージでクンニしました。

文乃は快感に溺れながら、身体をくねらせて
「アアァアン!」
とセクシーな声を出しました。

僕はクリトリスをクンニして、その後で指を膣口に2本突っ込みました。

 
指を出し入れすると文乃は
「はあぁあん!はぁん!はあぁあん!」
と喘ぎ声がどんどん大きくなりました。

僕は中に突っ込んだ2本の指を出し入れして手マンしながら、クリトリスをクンニして、文乃がどんどん乱れて行くのを観察しました。


しばらくすると僕が手マンでGスポットを、クンニでクリトリスの両方を刺激したことで、
「アァァアン!アアン!アンアン!アン!アン!アン!!」
と狂ったような声になりそしてオーガズムに達して果てました。

 
お互いあまりに激しくクンニとフェラに没頭しすぎて、その後くたくたになったのでその夜は挿入までしないうちに寝落ちしました。

そして、翌朝になるとなんか気恥ずかしくてその先まではいけませんでした。


しかし、今まで何もなかった僕と文乃がそんなことになったのはやっぱり媚薬の効果としか思えません。

しかも、どうやら先に帰った拓也と詩織も、帰り道で途中下車して何かあったっぽいことを匂わせていたので、媚薬おそるべしです。

サンプル