nanpa_sex_5170-005s
セフレとのエロ話です。

僕のセフレの紗栄子は出会い系で出会ったというのは普通なのですが、どういうわけか2つ年上の僕のことを兄の様に慕ってくれて特にこっちが何もしなくても
「ねえ会いたい。

と恋人の様に連絡してきてくれます。


まあもちろんセフレなので会いたい=エッチしたいということですが、紗栄子の場合はなんかまるで僕のことが好きでそこまでしてくれて僕と結婚してくれるんじゃないかとまで錯覚させてくれるほどです。

まあつまりエッチの時に僕がただまぐろのようにベッドに寝ているだけで僕をとことん気持ちよくさせてくれるというまるでそういうお店のような女の子なのです。



紗栄子は23歳で、スレンダー体型のBカップ、お尻は小さめとどちらかというと体型的には地味です。

僕は好きですが。

ヘアスタイルはおかっぱボブでかなり個性的で、顔はタヌキっぽいホンワカ顔なのを隠すために濃い目のメイクをしています。

ファッションセンスは昭和レトロ系を上手に着こなしていてお洒落などこにでもいる女の子と言った感じです。


この前会った時もいつもと同じように普通に食事をした後ラブホに向かいました。

もちろん僕がデート代を全額払おうとするのですが、
「え~私がしたくて誘ってるんだからいいよ~。

とむしろ紗栄子が全部払ってくれそうになるので、結局半分ずつ払うというのが定番です。


そして食事の後で向かったラブホで紗栄子が
「じゃあ先にシャワーしたらリラックスして待っててね。

と言って僕がシャワーを先に終えた後はまるでお店で待っているかのように、とりあえず腰にバスタオルを巻いたままぼんやりと寝そべって待つだけです。

僕がそのまま動かなくても、紗栄子は僕にコンドームを付けて射精させるところまでやってくれる子なのです。


紗栄子はいつものように、バスタオル1枚巻いただけの姿でバスルームから出てきました。

そして、いつのころからか紗栄子はフェラしやすいようにでしょうか、前髪をわんこのように真上に結んでおでこを丸出しにしてバスルームから出てくるようになりました。


「ごめんね。

時間かかっちゃった。

というとバスタオル一枚の紗栄子が僕の傍らに腰かけてきました。

この時点でバスタオルの隙間からいつものようにつるつるパイパンに整えられた紗栄子の股間が伺えました。

紗栄子はバスルームで僕の為にパイパンの毛を念入りに剃ってきてくれたのです。

なんというご奉仕精神。

僕は特にパイパン信者というわけではないのですが、やっぱり自分の為におまんこが見えやすくなるように無毛にしてくれる紗栄子に萌えずにはいられません。


そして紗栄子のご奉仕が始まりました。

紗栄子は僕の襲い掛かるようにしてペタンと真上に乗っかってきて、僕の体のあちこちを上から順番に舐め始めました。

もちろんその合間合間にキスをしてくれるし、全身ぴったり乗っけてくれてるのでスレンダーながらしなやかな身体の柔らかさが直接僕の肌に感じられます。

乗っかられた状態でもちろん僕はこれ以上ないくらいに勃起してしまうのです。


 
顔から順番に舐めながら紗栄子の身体を押し付けてくれて、特に乳首を念入りに舐めた後、今度は足の先に飛んで脚から膝、太ももと舐めてくれます、そして紗栄子の手と舌がバスタオルとの境目に到達しました。


そして、僕の盛り上がったペニスを確認するようにしながら僕のバスタオルはひらりと取り去られました。


僕だけ全裸で今更紗栄子の身体をもったいぶることもないので僕も紗栄子のバスタオルの端っこをピッと引っ張りお互い全裸になりました。

紗栄子の体はパイパンにしていることもあってつるつるして、ますます華奢に見えます。

実際上に乗っかられていても体重をあまり感じないので本当に軽いです。


全裸で身体を擦り付け合いながら僕は紗栄子のなすがままになりました。

僕も無意識にペニスを紗栄子に擦り付けてしまい、紗栄子も僕のペニスにうまくクリトリスが当たるように自分で調節しました。


紗栄子は僕を舐めるだけでなく、僕からも紗栄子が舐めやすいようにしてくれます。

一旦上体を起こして僕がただ寝そべっているだけでも下から紗栄子の全体像を眺めることができるようにしてくれました。

下から見えるというのは下乳だけでなく股の間も丸見えという事です。

多少わざとらしいけど身体をくねらせてストリップ嬢のような恥じらいと挑発の表情を見せて来ました。

そして、紗栄子はだんだんと身体を前に移動させてきました。

僕の真上に、無毛で肌感から割れ目の具合まで丸見えのおまんこがやってきて、そのままUFOキャッチャーの様に僕の顔面の前におまんこを届けてきました。


僕はクンニが好きです。

それを知っていて紗栄子は
「舐めてくれる?」
と言ってきました。


クンニは紗栄子が気持ちいいだけでなく僕にとってもご褒美なのです。

紗栄子は僕がクンニしやすいように、おまんこの陰唇を指でつまんで、中のピンクの部分をはっきりと見せつけてくれました。

表現が難しいですが紗栄子のおまんこはピンク色でピュアでヒダの凹凸が少なくてつるっとしています。

その分、表面をサラッとクンニするだけで紗栄子の内部まで刺激が到達するのか濡れ具合の加速度も高いのです。

更にクリトリスも初めから顔を出していて、皮をむかなくても直接クリトリスに刺激が行きます。

クンニする側にとっても、舌全体を使ってゆるっと紗栄子のおまんこを舐めてあげるだけでクリトリスに舌先が引っ掛かってプルンとなり、かなり容易にクンニの効果を高めることができるので、なんかお得感があるのです。


僕が紗栄子のおまんこを下から丁寧にクンニすると、紗栄子は
「アアアアン!クリトリスを狙わないで。

上手、上手だよ!」
と本当に気持ちよさそうなかわいい声を出してくれました。

そして対して労力を掛けずにクンニしたのに
「アウウ!イッちゃう!もうだめ!」
と僕に股がったままイキました。


イッた快感もまだ収まっていないであろう紗栄子も奉仕精神が旺盛です。

僕の真上で濡れたおまんこと紅くなったクリトリスを見せつけながら、片足を僕の前を跨がせて、僕の横に正座するような姿勢になり、そしてそのまま状態をこっちに倒してきました。

その紗栄子の口の先には天井を剥いた僕の勃起ペニスが。


紗栄子は僕にフェラしながら、ピッチャピッチャといやらしい音を立て始めました。

僕はもう目を閉じてフェラに身をゆだねるだけです。

手をわっかにして根元を短いストロークで擦りながら、亀頭から上も同じように短く動かしてシコシコシコ…とされると僕はいつもよりもたっぷり我慢汁がしみだしてくるのがわかります。

そしてその我慢汁を潤滑油にして紗栄子のフェラはますます激しくなるのです。


紗栄子にフェラされると思わず僕も
「きもちい…イカせないで!」
と声が出てしまいますが
そのあたりがわかっている紗栄子は
「大丈夫ギリギリで止めてあげるから。

といって僕がイクギリギリ手前までフェラで高めてくれました。

いつの間にか僕自身よりも紗栄子のほうが僕がどのタイミングで我慢できなくなるかよく知ってるかのようです。


実際に僕がフェラでイク前の8割くらいまで高まったところで、紗栄子はコンドームの袋を開けてセットし始めました。

コンドームを僕のペニスに防止の様に被せ、筒部分を2~3回手で転がした後は、亀頭より下は口で転がして装着してきました。

これで素人というのが嘘みたいですが。


僕は馬鹿みたいにペニスを紗栄子に掴まれて、紗栄子は自分でおまんこのビラビラを引っ張って引っ掛かりを無くし、そのままゆったりと腰を落とせば、僕はほとんど何もしないまま紗栄子の体の中にいました。


紗栄子だけが腰を落としてスクワットの様に、一定のリズムで腰を上下させてきました。

僕はただ耐えながら快感に浸るだけです。

ここで変にしたから突き上げると、お互いの動きの加速度ですぐ暴発してしまうからです。

紗栄子自身も騎乗位が好きなので、お互いが高まるにつれて紗栄子のおまんこが締め付けるように収縮します。

僕は収縮と摩擦でペニスがどんどん熱くなりました。


そして
「アン!アン!アン!アン!アン!」
と紗栄子の上下運動のリズムが二倍速になりました。

僕「もうイク…。

紗栄子「あたしもイキそう!!!!」
そして紗栄子がイキながら前に倒れてきて僕と抱き合いました。

僕と紗栄子はこの日も同時にイッて一つになりました。

もちろん紗栄子はコンドームも外してくれてお掃除フェラをしてくれます。

この日は僕はお掃除フェラでもまた射精して、そのまま寝てしまいました。

紗栄子はセフレとして最高だと断言できます。


 

サンプル