1
趣味というよりいい経験をしたい一心で、一人旅をして居た。

ドライブも兼ねて3日くらいかけてかなり遠くの土地まで向かっていた。

最初の一日目はほぼ移動のつもりでいたので、あまり焦らずに車を走らせていた。


途中、高速を降りてバイパスを通ることになった時、よく見ると手を出している女性の姿が見える。

最初は通りすぎようと思ったが、わりとパッと見が可愛い感じだったので止まってみると、どうやらヒッチハイクをしていたようだ。


どこに向かっているのか聞くと、ちょうどおれが向かっているところの途中だった。

なので彼女を乗せていくことに。



助手席に乗せた彼女の話を聞いていると、ヒッチハイクで日本を一周しようとしているらしい。

お金は無いけどなんとかその目標は達成したいと言っていた。


そんな彼女はモエという26歳のワンパク系の女性だ。

細身でちょっとやつれているようには見えるが、胸は大きいのかなと言うのが服の上からでも解る。

モエは次の目的地でちょうど日本一周の半分地点だと言っていた。


「次のポイントではこの旅で初めてのホテルに泊まる予定なんです」

旅を初めて一か月らしいが、今まではホテルには泊まらずに野宿生活をしていたらしい。

たまには良心的な人が泊めてくれたりもしたらしいのだが、基本的には公園の水道なんかで体を洗いながら寝袋生活を。


リュックの中にはシャンプーとボディーソープだけは持っているらしい。


「ヒッチハイクした人が臭かったら嫌ですよね」

そう言われると確かにそうだ。

こんな可愛い子でも臭いのは引いてしまう。

ちょっと臭いをかがせてもらったけど、確かに臭いはしない。

強いていうならシャンプーの臭いだ。


そんな話をしながら一時間くらい走っただろうか、目的地の近くのコンビニに入り食料だけ購入したモエ。

では目的のホテルまで行こうかとなった時に、モエはオレがエンジンをかけることを止めてきた。


「ちょっと待ってください!」

モエはそう言うと、オレのジーンズのベルトを外しパンツも下してきた。

そしておもむろにオレのムスコを揉みだし。

そしてだんだん勃起させていく。


「これはお礼です」

そう言うと。

モエはオレのムスコを咥えだしてフェラしてきた。

一瞬でビンビンになったムスコをモエは唾液を絡ませながらフェラをする。


「せめてものの…こんなことしかできないので…」

モエはオレの肉棒を可愛がるように四方から舐めたりキスをしながらフェラしてくれた。


 
「今までの旅で、一番素敵なおチンチンなのかしら…」

今まで何人の男のムスコをフェラしたのか分からないが、経験からかモエのフェラは並のレベルではない上手さがあった。


モエはシャツのジッパーを下して大きな胸を出してくる。

やはりモエの胸はFカップくらいはありそうな感じだ。

オレがモエの胸を揉むと、それは柔らかくて揉みごたえのある感触である。


「これで挟みましょうか…?」

モエはパイズリしてくれるということで、もちろんムスコをモエの胸に預ける。

流石にFカップまであるとオレのムスコも完全に包まれてしまい、これがまた気持ち良かった。


「気持ちいいですか…先っぽから何か出てきました…」

我慢汁がどんどん出てくるムスコ。

興奮が高まってしまい、オレはモエのジーンズも下して下着姿にさせた。

ヒッチハイクをしているアクティブな女性にしては、下着はスケスケの白い生地でいやらしさを感じる。


「あん…お兄さん…あたし、クリトリスが特に感じるの…」

まるでクリトリスをいじってと言っているようにしか感じない。

しかしオレはそんなことを言われてしまったら触ってあげるしかないだろう。


パイズリで気持ちよくなっているムスコをいったん休憩させながら、オレはモエのマンコに舌をあてつけてクンニを始めた。


「あぁぁぁ…そ、そこ…!それ好き…!」

オレはクリトリスを舌で回しながら舐めるクンニを味あわせてあげた。

モエは体をよじらせながら感じている。

大きな胸が揺れながらイヤラシイ姿になっていた。


「そんな…ああぁっぁ…クンニが…う、うまいですぅぅぅ…!」

クンニを褒められることもなかなか無いので気分を良くしたオレは、クリトリスを吸いながら口内で舐めつつ、マンコの中を指でかき回す。


「あぁぁぁ…!!あふっぅぅんん…それ…!あぁ、あぁぁぁ…気持ちいいですぅ…!」

モエのマンコはエロい液が出てきてもうヌルヌルとしか言いようがない。

オレはもう淫らに悶えているモエの姿でムスコが我慢できなくなってきた。


濡れまくっているモエのマンコにムスコを持ってくると、オレはクリトリスをムスコでいじる。


「あはぁぁぁん…その、おチンチン…挿れて…早くぅ…!」

モエはムスコをおねだりしてくる。

オレは焦らしながらも少しずつモエのマンコにムスコを挿入していった。


「あぁぁ、あはぁぁぁん…は、入っていく…!」

モエは完全にオレのムスコを受け入れて興奮が隠せない様子だ。

もう気持ち良くて仕方がないのだろう。

喘ぎ声が車の外に聞こえてしまいそうだった。


「いやぁぁぁぁん…あはぁぁぁ、あぁぁぁ…き、気持ちいい…!!」

モエの体が火照りまくってきて、今にも絶頂を迎えようとしている。

オレもムスコが躍動している分、精子もたっぷりと溜まってきていつでも放出したい気分だった。


「はぁぁぁ…あたし…!イ、イッちゃうかも…!」

「オレもイキそうだよ」

「イ、 一緒に…あんん…一緒にイこ…!」

オレはモエのマンコに高速ピストンをしながら、ムスコの中の精子を溜めていく。

そしてモエはマンコを熱くして、絶頂の直前まで来ていた。


「ぁっぁぁああぁぁん…い、イク…!!」

モエは体中を震わせながら昇天してしまった。

オレも約束したことを守ったかのように絶頂を迎える。

モエのマンコの中にオレの精子が溢れんばかりに発射されてしまった。


その後オレは、モエと車の中でしばらく抱き合ってキスをしていた。




モエを車でホテルまで送ると、最後に電話番号を渡される。

旅が終わったらまた会いましょうと書かれていた。


何カ月経っただろうか、思いついて電話をしてみたらモエは旅を終わらせていてOLになっていた。

久しぶりに会って、そして今度はホテルでエッチをした。


 

サンプル