pic-0212000147
童貞を卒業した時のエロい話です。

卒業したのは大学4年生の時でした。

僕が当時遊んでいた5~6人の男女グループの中で童貞は僕一人で、「お前は家でAVばっかり見てるから童貞卒業できないんだよ!」とか女友達がいる目の前でからかわれたり悔しい思いをしていました。

僕は悔しさを隠すために「だって現実の女よりAVのほうがおもしろいんだも~ん。

」などと強がっていました。



そのやりとりのお蔭で僕=童貞というのはグループ内で公然の事実になっていました。

グループ内には優しい性格の真央もいて、真央は彼氏もいたし落ち着いた性格で母性というか、僕のことを心配してくれてる感じでした。

上記の様に僕が童貞をからかわれている時も「〇〇くんにも、いつか彼女出来るよ。

」とかかばってくれました。

まあ、僕としては逆に恥ずかしかったですが。


僕の下宿は大学の近くなので、仲良しグループのたまり場のような感じで授業前後にみんなが寄り道していきます。

その時、たまたま僕と真央が二人きりでした。


そしてその日僕は油断して、前日オナニーに使ったエロDVDコレクションのうち5枚くらいをしっかり隠すのを忘れていました。

そして真央が先に気付いてしまい「あ、これが例の?」と聞いてきました。

僕は動揺を隠すために「ああ、それね。

あんまり良くないから捨てようと思って。

良かったら真央にあげるよ。

って、いらないか!」と自分で自分に突っ込んだりしました。


真央は真面目な性格だし、彼氏も真面目な人っぽいので嫌悪感を持たれると思いました。

しかし、真央は「まあ、男の人ならみんな見てるよね~。

うちの彼氏も見てんのかな~。

」とパッケージをちらちら観察しています。


僕は「え、じゃじゃ、じゃあ見てみる?」と提案しました。

真央は「え?ど、どうしよう。

」と戸惑いを見せました。

僕はなんとなく自分のペースを取り戻せた気がして「まあ、勉強の為に。

興味あるんでしょう?」と聞きました。

真央は「ええ、まあちょっとはね…。

」と答え僕と真央は一緒にAVを鑑賞することになりました。


あくまで、真央の好奇心を満たす為なんだと僕は自分に言い聞かせ、5枚の中から無難そうな「ナンパされた店員が男優のスーパーテクニックですっかり骨抜きにされてしまう」的なタイトルを再生しました。


最初は距離を置いて座り、お互い映画でも見るようにAVを鑑賞していました。

ナンパシーンがあっという間に終わり、男優が言葉巧みに女優を触り始め、裸の男女が交わり合うセックスシーンへ…。

「ほらほらほら!!!」ピチャピチャピチャ!「アアアアアアン!!イクウウウウウウウウウウウウ!」
というAVの音量が気恥ずかしくて僕はちょっとボリュームを下げつつ、真央の様子を伺いました。

嫌そうにしていたら停止しようと思ったのですが、真央は普通に見ていました。

ただ、ボリュームを下げたことで、真央が時々ごくりと唾を飲み、呼吸もスースーとちょっと速くなって割と真剣に見ていることがわかりました。


僕はAVの内容よりもすぐ隣で初めてAVを見てる真央がもしかして興奮しているんじゃないかという事実に股間が反応しました。

僕は真央に気付かれないようにペニスの位置を何度か直しました。


僕は無言でAVに注目している状況に耐えられなくなり、
クンニで女優をヒイヒイ言わせている男優たちに対して「初対面でこんなのありえないよね!」「ってかあっさりフェラしちゃうんだ!ナイナイ!」とツッコミを入れて茶化しましたが、真央は同調してきませんでした。


それどころか真央のほうからヒイヒイ言いながらクンニされる女優に対して「これって本当に感じてるのかな?」という疑問を投げかけ、その眼はなんだか羨ましそうにしているようにすら感じられました。

真央はいつものしっかりした表情ではなく、何かにとりつかれた様にボーッと赤く頬を染めていました。


AVを茶化すのも尻切れトンボになり、僕と真央はちらちら目を合わせても発する言葉を見つけられない変な状況に陥ってしまっていました。

画面ではクンニとフェラを終えた男優と女優が立ちバックを初めてアンアン言い始めています。


沈黙に負けたのか、本音か先に口を開いたのは真央でした。

「やだ、なんか興奮してきちゃった。

そして真央が僕との距離をじりじりと縮めて来たかと思うと、唇を近づけてきました。

僕はどうしていいかわからず目を閉じました。

真央と僕の唇が重なった感触があり、僕はファーストキスを彼氏持ちの真央としてしまいました。


僕は目を開けることができず、真央の息遣いだけを聞いていました。

真央のほうから促してきて、舌を絡ませたまま僕と真央は抱き合っている形になりました。

真央と目線がずれてからやっと僕は目を開くことができました。


真央の女の匂い、柔らかい丸みを帯びた腰に触れる手に全神経を集中しました。

高熱が出ている時のように顔が熱く、頭に血が上って何も考えられません。

この後どうしていいのかもわからず、視界の隅のAVの画面でアンアンやっているのを感じ、これから自分たちももしかしてこうなるのか…とめちゃくちゃドキドキしました。


僕は覚悟を決めて、さっきのAV男優の動きそのまんまで真央のTシャツの裾に手を突っ込んで、ピンクのブラジャー  の上から真央のおっぱいを揉んでから、乳首が出てくるように焦らしてブラのカップをめくりました。

真央のおっぱいが柔らかく女の香りに僕は理性崩壊していました。

気が付くと僕はAV男優そのまんまで真央のおっぱいに顔をうずめて乳首をしゃぶっていました。

そして、驚くことに真央はだんだんと呼吸が荒くなり、「あん!あん!」という喘ぎ声を出し始めました。

僕は現実の女の子も本当にAVみたいな声を出すんだということにびっくりしました。

それなら、AVで見たのと同じようにすれば童貞でもちゃんとセックスできるはずと自信を得ました。


しばらくおっぱいをしゃぶった後、真央は僕の姉か母親のような包容力で「ズボン脱いでごらん…」と言ってきました。

僕はもじもじと恥じらいながら、中でペニスが大きくなって引っ掛かって自分でも窮屈だと思っていたズボンをじりじりと脱ぎました。


僕が自分とは別の意思を持ってガチガチになったかのようなペニスを恐る恐る露出すると、真央は間髪入れずに僕の腰から下に抱き着くようにしてペニスを咥えて、しゃぶり始めました。

僕はさっきAVに対してフェラがあり得ないと発言しましたが、実際はさっきまで女友達だった真央に童貞の自分がフェラされています。


フェラをしながら真央は「うん、うん、んん~!」と声で僕とコミュニケーションを取り、僕はただ「気持ちいい…気持ちいい…。

」とうわごとのように返しました。


フェラをされながら僕は気持ちよすぎてだんだんしっかりと立膝をついて直立できなくなって前のめりになっていきました。

真央もその状態でフェラを続けられなくなり、フェラを中断して後ろ向きに倒れました。

僕がその真央に覆いかぶさるような状態に変わりました。


すでに上半身はブラジャーまでめくれておっぱいが露わになっていましたが、さらに目の前のはだけたスカートの中で真央が脚を軽くM字に開いていました。

パンツ1枚隔てた先に、一度も見たことない女の子のおまんこがある。

そう考えると、僕はむしゃぶりつくように顔を近づけてパンツをはぎ取り、目の前20センチくらいにいやらしい真央のおまんこが現れました。


さっきまでの僕はクンニなんてAVの中のファンタジーだと思っていたのですが、一連の流れで、セックスの流れでクンニするのは当然だという確信に変わっていました。

覚悟を決めて呼吸を整えながら、ジュルジュルと自分の唾液を真央のおまんこに垂らすような勢いで吸い付きました。


ほとんどおまんこに僕の口が接触したのと同時に真央は「アアアッ!」と声を上げ真央の腰から下だけがビクビクビクッと別の生き物かのように激しく反応しました。


僕は暴れる真央の下半身を押さえるために、太腿、そして後ろに手を回しお尻のほっぺをわしづかみにしながらクンニを続けました。

クンニしているうちに舌先の感触だけで真央のクリトリスを探り当て、その後はクリトリスばかり攻めました。

真央が「アアン!アンン!アン!」と激しく反応するので僕は夢中になってクンニを続け、クリトリスがぴくぴくしたのまで感じられた気がします。

しばらくすると真央は電流が走ったよう細かく震え、脚を前に突き出すようにして「ウウウウウ!」と反応した後は、放心したようにだらりと力が抜けました。


始まってから初めてまともに真央の目を見ると、真央は恥じらうように目を伏せながら、
「私の彼はクンニとかあんまりしないから。

なんか気持ちよすぎて。

いっちゃった…。

」と言いました。

その後でまた真央が僕の手をとってきました。

「続き、しよ?」
という表情には迷いも、後ろめたさもなくただ僕に対する優しさだけが感じられました。


存在をすっかり忘れていたTV画面上ではすでに別の店員がナンパされて口説かれて挿入されていました。

僕は、この後自分もついに挿入するのか…。

と思いました。


その後は、真央のリードで僕は筆おろしされました。

真央が自ら邪魔になるスカートを脱いで下半身裸になってくれて、脚を目いっぱい左右に開きながら仰向けになってくれて、正常位で僕を待ちました。

でも僕はまじまじとさっきまでクンニしていたはずの真央のおまんこを見て怖気づいてしまい、滑ってなかなか挿入できませんでした。


この後は恥ずかしながら僕は中折れしそうになってしまい、真央はそれでも僕のペニスをしごきながら、自分のクリトリスをもぞもぞ触っておまんこがもっと濡れるようにしてくれて、僕も申し訳なくて一生懸命真央のクリトリスを触りながら自分のペニスをしごきました。

非日常すぎてなかなかフル勃起しなかった僕のペニスがやっと元通りになってくると、結局真央が僕のペニスを掴んで自分のおまんこの入り口に押し込んでくれて、僕は秒単位の挿入でイッてしまい、とにかく童貞はその日真央に筆おろししてもらって卒業しました。


僕の初体験の全体的な記憶はあいまいですが、終わった後のテレビ画面で4人目の店員がナンパされていたことは覚えています。

サンプル