RS=^ADBjyC5xrccI_791G8RrkRjG7uWmKM-
私には変わった性癖があります。

私は38歳、妻は37歳で娘が1人います。

今、単身赴任で茨城県のアパートに2年間住んでいます。

半年前、同じアパートに引っ越してきた『ノンさん』と知り合いました。

彼は49歳で、すでにお子さんたちも成人して気楽に単身赴任生活を送っているらしく、年齢よりかなり若く見えます。

引っ越しの時に挨拶されて、学生時代の先輩に似ていたのでドキドキしてしまいました。


妻と知り合う前、私は何人かの男性と関係を持っていました。

身体が細く、ペニスも小さい私は、屈強な男性に魅力を感じていたのです。

そんな私を矯正してくれたのが、女子大でアスリートだった妻でした。

現在は女性らしい丸みを帯びた身体の妻ですが、知り合った当時は筋肉質で、性格も男勝りだったのです。

性欲も強く、セックスは彼女が常にリードする感じでした。

3年付き合って結婚し、やがて娘が生まれ、仕事も家庭も順調でした。


私が単身赴任になりましたが月に一度、帰る必ず妻を抱きました。
妻は以前の激しさはなくなりましたが、それでも尽くしてくれてお互い満足していると思っていました。


私がアパートに戻ったある暑い日の夜、下に住むノンさんの部屋から微かに女性の喘ぐ声が聞こえました。

いけないと思いながらも、つい聞き耳を立ててしまいました。


「大きい」
「奥に当たって気持ちいい」

女性の声はそう連呼していました。

私はノンさんの屈強な身体とペニスを想像しながらしごいてしまいました。

翌朝、女性が帰って行くのを見ました。

まだ20代のようでした。

女性を見送るノンさんが振り返り、目が合ってしまいました。

軽く会釈をしてカーテンを閉めました。

しばらくして・・・缶ビールを持ってノンさんが訪ねて来ました。


「帰ってたんだ?」
「昨夜帰ってきました」

「声が聞こえちゃったかな?若い娘は大胆だから」
「気にしないで下さい」

「奥さんとしてる?俺は若い娘しか相手にしないけど、お宅の年齢ならまだまだお盛んだろう。

奥さんも色っぽいし」

以前、妻の写真を見せたことがあって、「色っぽい」と褒めてくれました。

その時から私に異常な願望が生まれました。


ノンさんに妻を抱いてもらいたい。

私の目の前で、その屈強な身体で、妻をよがらせ、そして中出ししてもらいたい。

そして行為の終わった2人の性器を私が綺麗に舐め回したいと・・・。


その日の夕方、私は妻が持たせてくれた煮物とスーパーで買った摘みを持ってノンさんの部屋を訪れました。

その日は暑く、Tシャツに短パン姿のノンさんは快く部屋に通してくれました。


「優しい奥さんだね」

缶ビールを開け、妻の料理を食べながら過ごしました。


「そうだ、奥さんの写真、前に見せてくれたけど、他にもある?」

私はその言葉を待っていました。

単身赴任をする前、「浮気防止のため」と無理やり妻に頼んで撮影した、ワンピース姿から下着、全裸、開脚、フェラまでの画像です。

普段は持ち歩かないのですが、ノンさんに見せたくてスマホに移しておいたのです。


「こんなのどうですか?」

まずは娘と公園ではしゃいでる姿。

タンクトップに膝下のスカートです。


「娘も可愛いけど、奥さんは色気あるな~」

少し酔いが回ってきたノンさん。


「秘密にしてくれれば、もっと際どいのもありますよ」

「おっ、いいね~」

ノンさんは身を寄せてスマホを覗き込みました。

それだけで私はフル勃起状態です。


「では」

私は一連の画像を見せ、上下黒の下着で背中を見せてから、ブラのホックを外している妻の姿までを見せました。


「そんなに見せてくれていいのか~」

酔っているとはいえ、ノンさんも戸惑っていました。


「もっと見たくありませんか?」

私は興奮を隠せませんでした。


「そりゃ見たいけど、お宅の奥さんなのに悪いよ。

ここまでだって俺、異事に興奮してるし」

ノンさんは勃起している股間を指差しました。

私のゆうに2倍はありそうで、私は頭がくらくらするほどの興奮を覚えました。


「ノンさん、妻を抱いてくれませんか?」

私はストレートに願望を口にしました。


「もしかして、寝取られってやつ?」

「はい、抱いてくれるなら、ここから先の写真もお見せしますよ」

「もちろん抱きたいよ!先も見せて」

私は興奮がピークに達していました。

ノンさんにスマホを渡し、じっくりと妻のヌードを鑑賞してもらいました。


「いいこと思いついた」

ノンさんはニヤニヤしています。


「奥さんに電話してくれ。

そしてその画像を俺に送ってくれ。

その画像を観ながら奥さんの声を聞いてオナニーするわ」

ノンさんの提案は私の想像を越えていましたが、最高の状況でした。

ノンさんが妻をおかずにオナニーをするのを目の前で見られるのです!
ノンさんは全裸になり、妻の全裸開脚画像を見ながらペニスを擦り始めました。

それはみるみる大きくなり、20センチ近くなりました。

幹の太さもかなりあり、カリはさらに膨らんでいて、すぐにでもしゃぶりつきたい気持ちを必死で抑えました。


「ほら、そんなにじろじろ見てないで、早く電話しろよ。

奥さんのマンコを見ながらだったら、すぐイッちゃいそうだから」

「わかりました、でも凄く大きいですね!妻も喜びます」

私は妻に電話をかけました。


「もしもし、私だ。

今、お前の料理、ノンさんと一緒に食べてて、ノンさんが美味いって喜んでくれて、ぜひお前に直接お礼が言いたいって言ってくれてさ」

ノンさんの話は妻にそれとなくしていました。


「そんな、わざわざいいのに」

「じゃあノンさんに代わるね」

私はスマホをノンさんに手渡しました。

それだけで妻の全てが蹂躙されているような錯覚に陥り、私は激しく勃起しました。

私のペニスはノンさんの半分程度の大きさしかありませんが。


「奥さん、ノンです、料理メチャクチャ美味いですよ」

「そうですが、わざわざすみません」

妻の声は明らかに私以外の男性を意識している声でした。

ノンさんのペニスをしごくストロークが大きくなりました。

私は間近で見たくてたまらなくなり、20センチのところまで顔を近づけました。

ノンさんは一瞬怯んだようですが、妻との会話を続けました。


「旦那さん、今ね、部屋から出て行ったよ。

なにか部屋でやりたいことあるらしい。

それはそうと奥さん、写真を見せてもらったよ、すごい美人だね」

「もう、ノンさん、からかわないでくださいよ」

褒め言葉に妻は嬉しさを隠せない様子。

ノンさんの勃起も激しさを増し、私はさらに顔を近づけました。

そのペニスはまるで美しい剣のように私の心を奪っていったんです。


「奥さん、旦那さん、悩んでたよ。

自分とのセックスに満足してるのかなって」

突然切り出された妻は、どう返答していいか悩んでいるようだ。

それがノンさんの興奮を誘い、ペニスの先端から透明な体液が滲み出しました。


「主人がそんな相談を・・・」
「奥さんとのセックスの様子も鮮明に話してくれたよ。

どうだい奥さん、一度他の男を試しては?」

「そんな・・・そんなこと・・・」
「奥さん、俺は今、あんたの写真見ながらオナニーしてるよ。

本当にいい女だよな、俺の特大ペニスを味わってみないかい?」

「そんな、恥ずかしいこと・・・」

私は興奮で頭がくらくらしていました。

その様子に気づいたノンさんはペニスを私の顔に押し付けてきました。

私はその熱さに屈し、口唇を這わせました。


「奥さん、俺のペニスしゃぶってくれよ」

「そんな、いやらしこと・・・」

妻の感情と私の感情がシンクロしている気がしました。


「さあ」

ノンさんが私の唇に濡れたカリを押し付けてきます。

私は口を大きく開けて、それを喉の奥まで受け入れました。


「うおー、いいぜ奥さん、あんた口マンコ最高だ!」

私は口腔で巨根を包み、舌でその敏感な裏筋を刺激しました。


「奥さん、脱げよ、服脱げよ!」

しばらくの沈黙のあと、服を脱ぐ音がしました。


「脱ぎました、ノンさん、私、すごい興奮してる。

主人とのセックスでは最近興奮しないの。

ノンさん、抱いて欲しい」

見ず知らずの男性に妻が声だけで犯されている。

私は夢中でノンさんのペニスをしゃぶり尽くしました。


「奥さん、抱いてやるよ、最高のセックスを教えてやるよ、うおー、イク、イクよ!」

「ノンさん、私もイクー」

次の瞬間、ノンさんの熱い樹液が私の口内に放たれました。

苦味とわずかな酸味、そして鼻を突く男の香りが私を包み、私も射精しました。



翌週の土曜日、私はノンさんと車で2時間の私の家へと向かいました。

車中で2人で作戦を練りました。

ノンさんは私の性癖である、“寝取られ願望”と“男根への憧れ”を理解してくれました。


シナリオとしては、先日のノンさんと妻のテレホンセックスは私は知らないことに。

私がノンさんのペニスをしゃぶったことは当然内緒。

子供を寝かしつけ、私が風呂に入ったあとでノンさんが妻に仕掛け、風呂から出た私は2人の情事を発見するも、それを容認して3人でプレイといった感じでした。


家に着くと、早速誤算が。

10歳の娘がノンさんを気に入り、べったりくっついて離れないのです。

挙句の果てに、「ノンさんとお風呂に入る」「ノンさんと一緒に寝る」と言って大騒ぎ。

ノンさんは女性の心を掴むのが非常に上手いと思い知らされました。


娘が寝静まったのは夜の10時でした。

それから3人で軽くワインを飲みました。

妻は暑いからと肌の露出の多い服を着て、ノンさんを誘惑しています。

テレホンセックスの1件以来、2人はメールでやり取りしていました。

そのやり取りを私は事前に見せてもらっていました。

最も刺激的なフレーズは妻の・・・。


『その日は危険日なの。

でもゴムはつけないで欲しい』でした。


つまり、妻は妊娠覚悟でノンさんに抱かれたいと思っているのです。


「少し酔ったから先に風呂に入って寝るね」

私は作戦通り、そう言って席を外しました。

3人でいる間もノンさんは下ネタを交えながら妻を楽しませていました。

テーブルの下で妻の身体に触れていることを、こっそり耳打ちしてされてドキドキしました。

私は風呂に入るふりをしてシャワーを出し、そっとリビングに戻りました。

するとノンさんと妻は抱き合い、熱いキスをしていました。


「奥さん、俺、もう我慢できない」

「ああ、ノンさんっていけない人、さっきから私の敏感なとこ触って、私も我慢できない」

2人は一瞬で全裸になりました。

ノンさんの巨大なペニスが私の目に留まりました。


「すごい大きい。

こんな大きいの初めて」

妻のうっとりとした声が聞こえました。


「奥さん、しゃぶってくれ」

「はい、ノンさん」

仁王立ちのノンさんの前に妻が跪きました。

妻は愛しそうにノンさんのペニスに口付けし、舌を這わせました。


「ああ・・・奥さん」

ノンさんは快楽に任せて目を閉じていましたが、やがて目を見開くと私と目が合いました。

そして頬笑むと、妻の喉の奥へと、その巨大なペニスを押し込みました。


「奥さん、最高だよ。

今度は奥さんのを舐めさせて」

妻がソファーに座り、大きく脚を開きました。


「奥さんが送ってくれた写真より、少し手入れしたのかな」

「やだ、ノンさん、恥ずかしいから言わないで」

妻はノンさんに求められる画像をメールで送っていたのでした。

もちろん全裸で恥部を晒すポーズも拒みませんでした。


「お願い、早く気持ち良くさせて」

「わかったよ、久美」

ノンさんは妻の名前を呼びました。


「ああ、あなた」

妻は愛情を込めてノンさんをそう呼びました。

ノンさんに花弁や陰核を舐め回されて快楽に酔いしれた妻の顔は、信じられないくらい美しく見えました。


「あなた、とろけちゃう」

甘えた声が私の耳元に届き、それだけで射精しそうになりました。


「久美、本当の快楽を味わわせてあげるよ」

ノンさんの巨大なペニスが妻の淫らな亀裂に突き刺さり始めました。


「ああ~ん」

その吐息だけで妻の味わっている快楽がとてつもなく大きいことがわかります。

そしてノンさんのペニスが奥まで刺さった瞬間・・・。


「イク~!」

妻の声がリビングに響きました。


「奥さん、旦那さんに見つかっちゃったよ」

ノンさんは妻にペニスを突き刺したまま私に声を掛けてきました。


「えっ、そんな、・・・ごめんなさい」

妻はノンさんにしがみつき、私から視線を逸らしました。


「久美、いいんだよ。

俺たちの関係はお前んの旦那も望んでいたんだから」

私は2人に近づき、妻の髪をそっと撫でました。


「ノンさんに気持ち良くしてもらいな。

お前の感じてる顔、とってもキレイだよ。

もっと見せてくれ」

「いいの?私がノンさんの虜になってもいいの?」

「ああ」

私は妻の目を見つめ、深く頷いきました。


「久美」

ノンさんが妻の口唇を奪います。

2人は私の目の前で獣のようにお互いの口唇を貪り合いました。

2人の性器は依然結合したまま。


「久美、いいよ、俺もイキそうだ、お前の子宮に俺の遺伝子をぶちこむぞ!」

ノンさんの動きが速くなり、2人の獣のような叫びが重なります。


「おお!久美」

「あなた」

2人の荒い息が部屋中に響きました。

ノンさんのペニスが引き抜かれ、そこから白濁液がこぼれ落ちます。

私は思わずそれを舐め取りました。


「あなた、ごめんなさい。

私、我慢出来なくて」

「いいんだよ、お前が満足してくれれば」

私はノンさんのペニスにもむしゃぶりつきました。


「あなた、そんなこと・・・」

妻が私の性癖を知って絶句しました。


「いいじゃないか奥さん。

快楽を追及出来れば、俺は何でもありだと思うよ」

ノンさんの声は優しさを帯びていました。

嫉妬で気が狂いそうなほど興奮した私はペニスに触れないままトランスの中に暴発していました。


「あなた、もしかして、ノンさんのオチンチンをしゃぶりながらイッたの?」

妻が私の顔を覗き込みます。

私はノンさんのペニスを咥えたまま頷きました。


「あなたもノンさんを愛しているのね」

妻が私の頬にキスをしてくれました。


「久美、俺にも頼む」

「はい」

妻がノンさんと舌を絡ませます。

すると、私の口の中のペニスが張りを取り戻してきました。


「久美、乳首を頼む」

「はい」

妻はノンさんの右の乳首を舐めながら左の乳首を弄りました。

するとノンさんの巨根が完全復活して、私の喉を犯してきたんです。


「いいぞ、あんたら夫婦の力で完全復活だ」

ノンさんは妻と私の頭を撫でてくれました。


「ノンさん、私、また欲しくなっちゃった」

「来いよ」

ノンさんはソファーに座り、妻を膝の上に座らせる感じで一気に突き刺しました。


「あん、いい、奥に当たるの、すごくいい」

妻は本能のままに快楽をむさぼっていました。

それは私を挑発してくれているようにも思えました。


「いいのか?久美」

「はい、あなた。

こんなの初めて」

ノンさんの問いかけに妻は熱でうなされているかのように上擦った声を出しました。


「もっとよくしてやるぞ、久美の旦那と一緒にな」

「はい、お願い、もっと気持ちよくなったらどうなっちゃうの?」

「あんた、俺と久美の合わさってる性器を舐め回してくれ」

ノンさんの命令は私が最も望んでいたものでした。

彼はそれを狙ってこの体位を選んだのです。

ノンさんの巨根が突き刺ささり、妻の淫汁が溢れる亀裂がすぐ目の前にある!
私は2人の体液の交わる匂いを鼻腔いっぱいに吸い込みました。

眩暈がするほどの淫らな匂い。

私はノンさんの巨根の裏筋部分と妻のクリトリスを一気に舐めあげました。


「うおー!」
「あーん!」

ノンさんと妻の歓喜の声が同時に響きました。

私は無我夢中で2人の結合部を舐め回しました。

歓喜の声、ひくつく2人の性器、2人に奉仕する喜び。

それから3人は、妻、ノンさん、私の順番で絶頂に達しました。

最高に幸せな時間でした。
サンプル