jpg
主人の上司にレイプされました。

こんなのレイプでもなんでもなかったらすみません。


私は高校生の頃から6年間付き合った人と結婚しました。

現在25歳ですが、23歳で結婚しました。

子供はまだです。


私は主人以外の男性とはエッチをしたことがないまま結婚しましたが、主人は私が他の人とエッチすることを想像して1人でエッチするのが好きなようでした。

そのため、私に誰か他の人を想像させて1人エッチさせて、それを見てシコシコしたり、エッチの最中に、「他の人のオチンチンも入れてみたいんだろ?」と言ってきたり、エッチしてみたい人を聞いたりしてきました。
正直言って、私も他の人とのエッチは興味ありましたし、エッチの最中に主人が覚めるようなことを言うのも嫌なので、あまり否定せずにいました。


そんなある日、主人が珍しく、上司のAさんを連れて来ました。

最初は緊張しましたが、3人で私の作ったご飯を食べたり、お酒を飲んだりして、Aさんが泊まって帰るの日が何回か続き、だんだんAさんとも仲良くなりました。

ちなみに、Aさんは40歳前後でバツイチです。


数ヶ月が経ち、Aさんが3週間に1回くらい泊まりに来るのが当たり前になっていました。

私も油断していました。

Aさんが来ている日、私は先に寝てしまいました。

・・・息苦しさで目を開けると、Aさんが私の口をタオルか何かで縛り、手には手錠をかけられていました。

すごく抵抗しましたが、手錠をかけられた手はベッドの上に固定され、口は塞がれ、両足を両手でそれぞれ押さえられてしまうと、女の力ではどうにもできませんでした。


Aさんは黙って私のTシャツを捲り、オッパイにむしゃぶりつきました。

怖さと嫌悪感で震えが止まりませんでした。

主人を探しましたが、主人はその部屋にはいません。

懸命に「うーうー」と上げましたが、声が届かないのか、来てくれませんでした。


Aさんの方は、「いいオッパイしているよねぇ?ずっと舐めたかったんだよ」と気持ち悪いことを言いながら、ずっとオッパイを舐めています。


「こんなに乳首をビンビンにして・・・気持ちいいのかい?」
「アソコの方もビチャビチャかな?」

などと言い、下半身を裸にされました。


(このままだとレイプされる)という恐怖が襲ってきて涙が出てきました。

Aさんは興奮した面持ちでアソコに顔を埋め、クンクン匂いを嗅いだりしています。


「いい匂いだ。

オシッコの匂いがするよ」とか「舐めて欲しいかい?」と言ってアソコのビラビラを弄りながら鼻を鳴らしていました。


私はガクガクと首を横に振りながら「んーんー!」と叫びましたが、無意味でした。

ついにAさんはアソコに指を入れ、一番感じるところを舌で執拗に責めてきました。

主人にやられると一番気持ち良い舐め方でしたが、嫌悪感で吐きそうになりました。

数分ほど舐められました。

ハッキリ言って、主人にされているのと同じように体が反応してきて、アソコは濡れて、声も少し出てしまいました。


そんな私に気を良くしたのか、Aさんはいそいそと下を脱ぎ、私のアソコにギンギンに立ったオチンチンを当てると乱暴に入れてきました。

主人のとは違って硬さはなかったのですが、明らかに主人より大きくて太くて・・・。

アソコがいっぱいになってしまったような感覚で苦しくなりました。


「うう・・・うう・・・」と私は泣いていましたが、構わずAさんは腰を動かし始めます。


何分くらい続いたか分かりませんが、とにかく苦痛でした。

しばらくして、Aさんがお腹に出しました。


「どうでしたか?」

主人の声がして、私は信じられない光景を目にしました。

主人が部屋に普通に入ってきたからです。


「よかったよ。

君も一発やってくれ。

私はその後またするから」

「わかりました。

ごめんね~、あさみ。

でも、したかったろ?」

離婚しようと思いました。

その後、主人にも犯されました。

主人は中に出しました。

口は外されましたが、今さら叫んでも虚しいので我慢しました。

そしてそこから2人交互に何度もエッチしました。

Aさんと主人を合わせて6回くらいイッていた私は、何回目かにAさんに挿入されただけでイキそうになり、「んんん!」とエッチな声を出したことで、何かが壊れてしまいました。


その時の感情は今でも忘れられません。

いけない事をしているのに、それがたまらなく興奮するし、何よりAさんのオチンチンは主人より良くて、(それでもう一度突いて欲しい)という体の正直な気持ちが私の中に生まれていたからです。

頭では、こんな2人は殺してしまいたいし、怖いし、嫌でした。

でもアソコから伝わる感覚は・・・。

私は、気付いたらAさんの上で腰を振っていました。

ひたすらアソコから込み上げてくる快感に身を委ねていました。


結局、それを機に主人のことは信用できなくなって離婚しましたが、実はAさんとは今もエッチな関係が続いています。

正直、自分でも謎です。

嫌だったはずだし、なんでか分かりませんが、あのときの体験が忘れられないんです。
サンプル