0096
中3の時の思い出です。

文章力がないのでうまく表現できないところもありますがよろしく。


僕は陸上部に所属しています。


僕の専門は200メートル走で、ひとつ下の学年に菜摘という子がいます。

その子も200メートルで、明るく可愛い顔をしていて、さらに胸もDカップくらいあります。

なので、かなりモテるほうでした。

そして僕も狙っていました。


その日もいつも通り部活は進んでいって終わりの方になりました。

その時間になると体操をみんなでやります。
適当なペアを組んで。

いつもは女子は女子同士で体操をしているのですが、その日は少し違いました。

女子の人数が奇数だったのです。

そこで余ったのが菜摘でした。

この機を逃したら引退後に後悔すると思い、菜摘の側に近寄って体操に誘いました。

菜摘の表情は困惑していました。

自分の顔がキモいのと、男と体操をやるのに抵抗があったんでしょう。

ですが僕は先輩ですから、「はい」と言わざるを得ない状況でした。

そもそも余ってるのは僕ら2人だけだったし。


そして体操が始まりました。

最初は股関節を軟らかくする体操です。

胡坐のような姿勢で両膝を押す運動です。

この体操は相手の背中とお腹を密着させるので、期待と緊張が交差していました。

陸上のパンツは短かったので太ももの半分くらいしかありません。

僕は膝を押しながら息子を背中に擦り付けました。

そして膝にある手を太ももの方にずらしていき、菜摘の太ももを一揉みしました。

当然ですが、菜摘は嫌がった表情を見せました。

自分の息子はギンギンになっていました。

気持ちよすぎて、なりふり構わず揉みまくりました。

やはりストップがかかりました。

僕は少し苛立ちを覚えました。


そして体操の途中に僕はトイレに行きました。

とは表向きに言っただけで、本当は更衣室に行っていました。

そこで菜摘の衣服を奪ったのです。

何事もなかったかのように僕は体操に戻りました。


最後は背骨と脇の筋を伸ばす体操でした。

自分は少しイライラが溜まってたので、今思い返しても信じられない行動に出てしまいました。

腕を上げて筋を伸ばす最中に背骨を押すのが役目だったのですが、Dカップの胸にタッチしてみました。

最初はブラの“カシュッ”という感覚だけでした。

ですが菜摘は泣きそうになっていました。

その姿に興奮した自分は大胆に胸を揉み揉みしました。

柔らかくも張りがある感じで本当に気持ちが良かったです。

ですが菜摘はついに泣いてしまいました。

さすがに可哀想だと思ったのでそれからは普通に体操しました。


体操が終わり、男子更衣室で30分ほど待機していました。

さっき服を奪ったので1人になるのを狙って菜摘を襲おうと考えていたのです。

そろそろだと思い、女子更衣室に行きました。

ですがそこには誰もいません。

色々と探し回ったら個室に人がいました。

それは菜摘でした。

カメラを用意して突入しました。

下着姿の菜摘がいました。


「やめてっ!!」

「少しくらいいいじゃねぇかよぉ!!」

脅した後、ブラを剥がしました。

乳首はピンクで形のいいおっぱいが露わになりました。

僕はそれにむしゃぶりつき、張りのあるおっぱいを堪能しました。

菜摘はめいっぱい抵抗してきましたが無視して揉み、しゃぶりました。

その調子でパンツも脱がすと今度は噛みついてきました。

絶対に処女だと確信して、両ももを押さえて挿入しました。

血が出てきて、菜摘は激痛のせいなのか意識が一瞬飛んだみたいでした。

ですが、すぐに我に返って抵抗し始めました。

しかし抵抗は弱めになっていました。

力も入らないんでしょう。

中はあったかくて気持ちがよかったので、すぐに出そうになりました。

抜こうとしたときにはもう遅く、中に出してしまいました。

すぐに逃げ出しました。


そのあと部活は引退して、今僕は高2です。

あの事件は闇に葬られたので、当事者以外に知っている人はいないと思います。

今となってはいい思い出です。
サンプル