0083
童貞を卒業した時の体験談。

俺は中3で卓球部に所属してます。

その部活中に初エッチしちゃいました。

先週の休日の部活は半面ずつ女子卓球部と部活をしていました。

俺は先生と試合のメンバーを決めるため途中から部活をぬけていました。

戻ってみると、男子は誰もいなくて、女子が二人残って打っていました。

まあ人数の少ない部活なので、よくあることでした。

さっさと帰ろうと思って、荷物をまとめるために部室へ行き、体育館に戻ってみるとさっきの女子が一人でした。

よくみるとそれは同じ3年の万里子でした。

彼女は結構かわいいしスタイルもいいので男子卓球部のオタクどもから人気がありました。

俺は体育館を閉める係だったので「もう閉めるぞ」と万里子に言うと「まってよ。

私R君待ってたんだから。

」と言ってきたのでなぜかと聞くと「私R君と一回打ってみたい。

」と言ってきました。

早く帰りたかったけど、万里子に気がないでもないので一緒に試合をすることにしました。

卓球は3セットマッチ、1セットは俺がとりました。

というより、女子は中学の卓部くらいだとたいていは男子の方が強いもんです。

楽勝でした。

1セット目がおわると万里子は暑いらしく、ユニフォームのボタンを3つはずしました。

それを見ると思わずムラムラきて、ズボンがもっこり・・・。

卓球のユニフォームは生地は薄いので万里子の豊な胸もくっきり・・・。

俺のあそこもくっきり・・・。

すると万里子が「R君おちんちんおっきくなってる。

あっ!分かった私がボタンはずしたからだぁ。

」と言うので真っ赤になってしまいました。

「お前エロいなぁ。

」「女のこだってエッチな時期はあるんだよ。

私、毎日胸もんでたらどんどん大きくなったし。

」たしかに・・・「さあ2セット目やるぞ。

」「ねえ、普通に試合したらR君勝つにきまってんだからさ、一点ずつミスしたほうが服ぬいでくってどう?」俺は驚いたけど、周りはだれもいないし、もしかしたら・・・なんて思ってOKし、試合を開始した。

最初の万里子のサーブを俺はドライブで返球し、万里子の浮かせたボールを俺がスマッシュ!「さあ脱げよ。

」万里子はしぶしぶユニフォームを脱いだ。

下はブラジャー一つだけ。

いきなりちんこは逆立った。

しかし、2点めは興奮しすぎて俺が上を脱いだ。

2セット目がおわると俺はパンツと靴下、万里子は靴下だけで全裸だった。

俺は言葉も出なかった。

初めて女の子の裸を見たのだ。

「どうする・・・。

次負けたら私脱ぐものない・・。

」「じゃあ先に負けたほうが・・」「勝った方の言うことを聞けってことでしょ。

」3セット目も俺が勝った。

「もう分かってるよ。

R君のちんちんみれば。

行こっ!」俺たち二人は部室に入り、置いてある卓球台の上に毛布をしいて抱き合った。

思いっきりキスした。

「あ・・・・あ・・いい・・。

」俺は万里子の口にちんこをくっつけた。

万里子は何も言わずにしゃぶりだした。

「んぐんぐ・・んぐんぐ・・んぐ・・じゅぼっ」あっという間に出してしまった。

「あ・・ん・・・あ・R・・い・・いれて・・」かまわず俺は挿入した。

「あ・・・あん・・あ・・・あ・・・いい・・気持ちいい・・」ぐちゅぐちゅと音が部室内にこだました。

俺はピストンを速めた。

「あっ!・・・あ!・・・い・・・いい・・マジ・・・いい・・。

」万里子は苦痛と快感に顔をゆがめた。

「かわいい・・」「R・・君・・・いいよ・・・いい・・・あ・・・あ・・・・き・気持ち・・・いいあ~~~!」「で・・・出そう・・だ・・・出すよ・・」「いいよ・・・だし・・・出して・・・あ~・・あんっ!・・いい・・!」「ああ出しちまう!」「いいよ!~~出してぇ!出してぇ!」俺は万里子の中に思いっきりぶちまけた。

二人で息を切らしながらしばらく抱き合っていた。

「ねぇ・・中に出して大丈夫?」「分かんないけど、まあ大丈夫でしょ。

」「もう一回やる?」「私もうへとへと・・また今度やろ。

」幸い万里子は妊娠しませんでした。

今度は、コンドームを用意して行きます。

サンプル