0041
夫の職場の先輩との体験。

私は33歳になる人妻です。

11歳になる息子と、3歳年上の旦那の3人暮らし。

結婚12年を迎え、ちょっと夫婦の営みもマンネリ化していました。


1年ほど前だったと思いますが、夫の職場で人員移動があって、職場の仲間が数人変わったと言っていました。

その中に夫より3つ年上の『高ちゃん』という先輩がいて、夫の話では不細工でモテない独身!仕事もミスが多く、前の職場から回されたようでした。

帰宅した夫が、「今日も高ちゃんがミスして残業になったよ」って愚痴を溢していたんですが、その後に、「でも、何か憎めないんだよなぁ・・・」と言うんです。

そんな夫の愚痴も1週間が過ぎた頃には、「高ちゃんって可哀想なんだよ!ミスを押し付けられて・・・」と、かばう発言をするように変わっていったんです。


さらに2週間が過ぎようとした週末、夫の職場で飲み会が開かれたんです。

偶然にも子供は夏休みで夫の実家に1人で泊まりに出かけ、家には私1人でした。

夜9時を過ぎた頃、夫から電話がきて、「今から帰るから駅前まで迎えに来て」と言うので、急いで車で駅前に向かいました。
路上に車を停めハザードを点けていると後部座席のドアが開き、「すみません!自宅まで」とタクシーでも呼んだかのように話しかけてきたんです。


「もう!酔ってるの?タクシーじゃないし」

「こんばんは・・・夜分にすみません」

「はっ・・・」

夫と一緒にいた男性がペコペコしながら車に乗ってきました。


「高ちゃんも一緒に」
「あっ・・・そうなの・・・初めに言ってよ。

一緒だったら着替えて来たのに・・・」

「いいじゃん!車から降りるわけじゃないし」
「そうだけど・・・」

風呂から上がったばかりの私は寝る時に着るワンピース姿で、しかもノーブラノーパンだったんです。


「奥さんに悪いから・・・タクシー拾うよ」

「何言ってるの・・・気にしないで・・・さぁ乗って」

「いいのかい?本当にすみません」

そのとき初めて見た男性が、夫がいつも話していた高ちゃんでした。

見た目は確かにボォ~っとした感じで、モテるタイプではありません。

でもなぜでしょうか、憎めないって感じなんです。


車を出しながら、「で、どこに行けばいいの?」と聞くと、「自宅だよ・・・家で飲み直すんだ」と夫が言うので、自宅に向かいました。


「高ちゃん!遠慮しないで入って入って」
「こんな夜分にお邪魔して・・・すみません」

「いいからいいから・・・。

なぁ酒あったよな!摘みも出してくれ」
「ハイハイ・・・もっと早く電話してくれたら、ちゃんとしたのが用意できたのに・・・」

「だって・・・ねぇ高ちゃん・・・」
「何かあったの?」

「まぁ後で話すけど・・・それより酒!」

夫に言われて酒を用意し、摘みを探していると、リビングのソファーに座ってキョロキョロしている高ちゃんが目に入ってきました。

彼が見つめる先には私の下着が干されていたんです。

急な来客に洗濯物を片付けるのも忘れていて、私の下着がモロに見えます。

ちょっと恥ずかしい気持ちと、(やっぱり彼も女性に興味があるんだ!)と思いました。

摘みをテーブルに置きながら、私はそっと下着を取り込みました。

そして部屋に戻って下着を着けようと思った瞬間!

「なぁ!一緒に飲もうよ!早く座って、高ちゃんを紹介したいし」

「えっ・・・う、うん」

夫に急かされ、私は下着を着けるタイミングを失ってしまったんです。


「高ちゃん!知ってるだろう!俺がいつも言っているドジな先輩」
「あなた!失礼でしょ」

「いいんです!本当のことですから・・・」
「でも年上なのに・・・」

「本当に間抜けって言うんでしょうか?何をしても失敗ばかりで・・・ダメ男なんです」
「そんな事ないと思いますよ!」

「奥さんも一緒に仕事すれば分かりますよ」
「まぁまぁ!高ちゃん飲もうよ」

彼は酒が強くないのか顔は真っ赤です。

夫はすっかり酔っているようで、いつもよりハイテンションです。


「今日の飲み会で、高ちゃん随分虐められてさぁ!異動してきた上司、最悪なんだぜ」
「そうなの?」

「上司って言っても高ちゃんの同期で、昔から色々嫌がらせをされてたんだ!」
「高ちゃん、可哀想・・・」

夫の話では、その上司は自分のミスを他人(部下)に押し付ける嫌な人で、高ちゃんはいつもターゲットにされているらしいんです。

元々ミスが多い高ちゃんは減給されて新入社員にまで馬鹿にされていると言うんです。

そんな話を聞いていると凄く可哀想な気分になり、何だか応援したくなったんです。


やがて話は高ちゃんの女性関係になり、これまた可哀想な感じです。

39歳にもなってまだ女性と付き合ったことがないと言うし、女性と性行為すらしたことがないと言うんです。

いつもエッチな本やDVDでオナニーに明け暮れているようで、部屋にはいっぱいエッチなDVDがあると夫が暴露していました。

顔を赤らめながら、「恥ずかしいだろう!そんなに言うなよ」と、本当にいい人なんだろうなぁ!と感じましたし、母性本能をくすぐられているようでした。


そんな時だったと思います。

高ちゃんの視線が私の胸や太腿(股間)に向けられているのを感じたんです。


(酔っているのかなぁ?凄くいやらしい視線・・・ちょっとサービスしちゃおうかなぁ?)

顔を赤らめながらもちょこちょこと私を見てくる高ちゃんに、私はお酌をしようと屈んで胸元を見せつけてみました。

明らかに彼の視線が私の胸元に向き、目が見開いています。

ふと彼の股間が見えました。

明らかにズボンのファスナー部分が大きく盛り上がり勃起していることが分かったんです。

しかもズボンの上からでも、かなりの大きさであることは分かりました。

顔はともかく、身長は180センチ以上もあり、しっかりとした体格の彼ですから、きっとアソコも大きいんでしょう!
彼はその後も私の身体をチラチラ見ていたんですが、そのうち夫が、「高ちゃん!よっぽど女に飢えてるんだなぁ」と言い出したんです。


「何言うんだよ!急に」
「だって・・・うちに来てからずっと美沙(私です)の胸元や太腿を見てただろう」

「見てないよ・・」
「嘘だぁ!いいんだよ別に・・・怒ってないし・・・男なら女好きは当たり前だし、で、本当は見てた?」

「う・・・う~ん・・・少しだけ」
「少し?」

「だって凄く綺麗だし、色っぽくて・・・」
「そんな綺麗だなんて・・・高ちゃんに褒められちゃった・・」

「本当に綺麗だし・・・色っぽいです」
「そんなにいい女か?じゃあちょっとサービスしてやったら」

「何?サービスって?」
「胸を見せちゃうとか?パンチラ見せるとか?」

「ちょっと・・・それは・・・」
「いいよ!そんな・・・」

「いいじゃん!高ちゃんは女に縁がないんだし、可哀想だろう?」
「そうだけど・・・」

正直、私も酔っていたこともあって何だか興奮していました。


「じゃ、サービスターイム!」

「いいの?もう知らないわよ」

私はちょっとだけ胸元に手を当て、軽く開いて中を覗かせました。


「もういいよ!」って言いながらも、顔を赤らめた高ちゃんが身を乗り出して中を覗き見してきます。


夫はソファーでふんぞり返って高ちゃんの反応を楽しんでいるようでした。

やがて高ちゃんの目がパッチリと開き、何かに気づいたようでした。

それが何か、私にはすぐにわかりました。

ノーブラの乳首を見られたんです。

そうと知った私は、今まで感じたことがない興奮と同時にアソコが疼くのを感じたんです。


(高ちゃんに胸を見られている・・・きっと彼は私の生乳首に興奮して勃起しているんだわ)

そんな事を思いながら彼の股間を確認すると、異常なまでにファスナーの部分が盛り上がり、今にもズボンを突き破って出てきそうな勢いです。


「足も開いて見せてやれよ」

夫も完全に酔っていました。

高ちゃんに見られている私に興奮しているのか、夫の股間も大きく盛り上がっていて、息も荒くなっていました。


「いいの?知らないわよ」
「高ちゃんに今日だけサービス!俺のことは気にしなくていいからさ」

「気になるわよ!」
「じゃ、2人だけで・・・俺、トイレ行ってくるわ」

そう言って夫が立ち上がり、廊下の奥のトイレに向かったんです。

高ちゃんも興奮しているのか、さっきから息が荒く、私を凄い形相で見てきます。

何とも言えないいやらしい視線と興奮で、肉棒が今にも爆発しそうです。

私も、さっきからアソコが疼きっぱなしで、エッチな汁を溢れさせているのが自分でも分かります。

私は意を決し、胸元のボタンを数個外し、Dカップの生乳を彼に見せてあげたんです。


「おっ・・・!」

彼が声を漏らし、目を見開いて私の胸元を直視しました。

そんな彼の視線を浴びながら、私はさらに足を開き始めたんです。


(今日初めて会った男の人の前でこんないやらしいことをするなんて・・・私、どうしちゃったの?恥ずかしい・・・)

そう思うとさらにアソコが疼き、お汁が溢れてくるんです。

太腿を開いて行くと、裾の部分が捲れ上がり、陰部が露わになり始めていました。

そんな私の行動に気づいた彼がついに私の陰部へ視線を移したんです。

そして彼の視線が一瞬止まりました。

数秒の出来事でしたが、私には長い時間に感じられます。

彼は驚きの表情を浮かべました。

そして同時に、これまで抑えていた感情に歯止めが効かなくなったんでしょう!
私の方へ体を傾けるとスカートの中を覗き込んできました。


(もうどうなってもいい!彼に全てを見て欲しい)

私はそんな感情に襲われ、太腿を大きく広げて全てを露わにしたんです。

夫はトイレからまだ出てきません。

いつしか私はソファーにM字に座り、彼にアソコを全て曝け出していました。


「高ちゃんに見せているなんて・・・恥ずかしい・・・私なんかで興奮する?」

「凄く魅力的ですよ。

AV女優の何倍も素敵です」

「本当?嬉しいわ!」

自分でもなぜこんな事をしているのか分かりませんでした。

でも私は夫がいないのをいい事に、自分の両手でアソコを広げ、さらに奥まで高ちゃんに見てもらっていたんです。

彼に全てを曝け出してから3分ほど経ったでしょうか、まだ夫はトイレから出てきません。



「高ちゃんのも見たいなぁ」

「いいですけど・・・そんなに見せるような物じゃないですよ・・・」

そう言って彼がズボンのベルトを外し、ファスナーを開けると、パンツから食み出す勢いで盛り上がりが増したんです。

そして彼がパンツを下げると・・・!

見入ってしまうほどの立派な肉棒に、思わず「うわっ」と声を出してしまいました。


長さもそうですが、カリがハッキリしていて極太です。

私は夫以外では2本しか見たことがありませんが、飛び抜けてナンバーワンです。

M字姿でアソコを見せつけ、胸元を大きく露出させた格好で、私は彼のモノを凝視していました。

そんな時です。

トイレから出てくる夫の音に、2人は慌てて互いのモノを隠したんです。


「あ~、ちょっと寝ちゃった・・・」
「随分遅いと思ったわ・・・」

「高ちゃん!サービスしてもらったか?」
「ん~ちょっとだけ」

「何だ!ちょっとだけか?キスとかした?」
「そんな事はしてないよ・・・」

「それくらいしてやれよ!」

夫は完全に酔っているようで、何度もキスを要求してくるので、目の前で高ちゃんとキスをしたんです。

初めはチュッって感じでしたが、興奮で歯止めがきかない高ちゃんが舌を入れてきました。

ねっとりとした唾液が私の舌に絡み付き、さらに彼の舌が口内を舐め回してきます。


「おっ、高ちゃん!ついに本性を現したね!いやらしいねぇ」

夫の目の前で私は彼とディープキスをしているんです。

荒々しい彼の舌使いは決して上手とは言えませんが、私はいつしか興奮し、彼のキスにさらにアソコを濡らして異常な興奮に襲われていました。


「高ちゃん!今日は泊まってったら、布団もあるし」

「いいのか?」

そのとき初めて、私は彼の舌から解放されたんです。


「いいよなぁ?寝る部屋はいっぱいあるし」

「え~いいけど・・・じゃ用意しないと」

「いいんですか?本当にすみません」

彼の元を離れ、1階の客間に布団を用意してリビングに戻ろうした時でした。


「高ちゃん!美沙にどんなサービスをしてもらったの?」
「別に!ちょっと胸元を見せてもらっただけだよ」

「本当に?どうせなら裸を見せてもらっても良かったのに・・・何ならフェラでもしてもらえばいいじゃん」
「そんな事出来るわけないだろう!それに・・・いいのか?」

「俺?それくらい気にしないって」
「そうなんだ!でも羨ましいよ!あんな綺麗な奥さんがいて・・・」

「だったら今晩貸してやるよ・・・好きにしていいよ」
「そんなこと・・・出来ないよ!」

「はぁ~もう俺は限界!睡魔が・・・」
「寝るの?」

「あっ、新品の下着もあるから、それ使って」
「う・・うん」

酔っているとは言え、高ちゃんに寝取られてもいいだなんて・・・。

ちょっとガッカリしながらも内心、高ちゃんの巨根のことを考えている私だったんです。


「用意出来たわよ」

「俺!もう寝るわ・・・高ちゃんに新品の下着を出してやって・・・パジャマは俺のジャージでいいね?」

夫と2人で2階の寝室に行き、夫をベッドに寝かせていると・・・。


「高ちゃんの相手を頼む・・・彼、可哀想だから面倒を見てやってくれ・・・」

そう言って夫は目を瞑ったんです。

すぐに寝息が聞こえてきて、熟睡し始めたことが分かります。

私は高ちゃんの下着とパジャマを用意してリビングへ戻りました。

彼はソファーでお酒を飲んでいて、虚ろな眼差しで一点を見つめていたんです。

なんていうか哀愁が漂うって言うか、可哀想な感じがして母性本能をくすぐられました。


「どうしたんですか?高ちゃん?」
「いや!今日も失敗して怒られて・・・」

「そうなんですか?もう忘れて・・・」
「ん~、でも俺って本当に駄目だなぁって・・・」

彼はしんみりと仕事のことを話し始めました。

そして、「みんなに迷惑を掛けているから、辞めようかと思って」と、いきなり退職の話を始めたんです。


「退職って・・・」

「だって俺、向いていないんですよ・・・きっと」

なんて言っていいか分からない私は、無意識のまま彼にキスをしていたんです。

彼は驚いた表情を浮かべながらも舌を入れてきました。

心臓の鼓動が聞こえる程彼は緊張しているようで、小刻みに震えが感じられます。

やがて彼も私を抱き締めてきて、さらなるキスが続きました。


(これで彼が少しでも救われるなら・・・)

そう思っていると、彼の手がお尻に触れ、やがてスカートを捲り上げてきたんです。


(えっ・・・嘘?)

そう思った時には彼の指はすでにマンコに押し当てられていて、指先でクリトリスを刺激され、1本の指が穴の中へ侵入してきました。

すでに本気汁が出まくっていた私のマンコは無抵抗に彼の指を咥え込み、さらに2本目を招き入れていました。


「高ちゃん!どうしたの?」
「俺!我慢出来ません!お願いです・・・初めての女性になって下さい」

「えっ・・・だって私、人妻よ!」
「旦那さんに許可は貰ってます。

奥さんを抱いてもいいって」

「そうなの?でも・・・」

そんな事を言いながらも彼の巨根を見てからというもの、アソコが疼き、欲していることがわかっていました。

興奮と、初めての行為ということもあり、彼の指使いは荒々しくもありましたが、もう私の身体は火照り、そんな事は関係なかったんです。

気づいた時には私は彼の股間に手を当て、やがて彼のファスナーに手を掛けていました。

ファスナーを下げベルトを外すと、すでに大きく硬くなった肉棒が現れ、私は生で肉棒を掴み、上下に動かしたんです。


「あぁ~気持ちいいです・・・こんなに気持ちいいの初めてです」

「もっと気持ちいいこと、してあげますね」

そう言うと私は彼の膝元にしゃがみ込み、大きくなった肉棒を咥えたんです。


(なんて大きさなの?顎が外れそうなくらい・・・それにこの男臭さ、癖になりそう)

初めての彼に女を教えるはずが、私自身もこんなに凄いペニスは初めてで、アソコはジンジンと疼き、いやらしい汁が床に垂れているのが分かりました。

やがて彼の息遣いが荒れてきて・・・。


「もう限界です・・・出そうです・・・」

「いいの!お口に!」

私は激しく肉棒を舐め回しました。


「うっ・・・イク」

囁くような声で彼が言葉を発した後、凄く大量の精液が私の口内へ吐き出されたんです。

随分溜まっていたのか、その量も凄かったんですが、凄く濃い液でした。

興奮しきっていた私は、喉を鳴らしてその液を飲み込みました。


「すみません!吐き出してください」
「いいんです。

もう飲んじゃったから・・・」

「そんな汚い物を・・・」
「まだ足りないんじゃないんですか?」

「えっ・・・」
「だって、まだこんなに大きいままですよ」

彼の肉棒は大きさを保ったまま脈打っていました。

いきなりでした。

彼の欲求が爆発したように私はその場に押し倒され、彼の怒り狂った肉棒をマンコへ差し込まれ、激しく腰を使われたんです。

一瞬の出来事に驚きもありましたが、それ以上に彼の肉棒はあまりの大きさで痛みもありました。

しかし、そんな感覚はすぐに消えて、今まで味わったことのない物凄い刺激が私の身体を駆け巡ったんです。


「凄い・・・うっ・・・ダメェ~」

いやらしい声を漏らしながら、私は彼にしがみついてイカされました。

初めての彼は私がイッたことも知らずに腰を動かし続けます。

イッたばかりの体に強烈な刺激が襲います。

立て続けにイカされた私はハァハァと息を荒らし、ただ彼に抱きつくしかありませんでした。


「うっ・・・出そうです・・・」

「中には出さないで・・・」

「もう出ちゃいます」

生温かい感覚が膣内に感じ、彼に中出しされたことを知りました。

ズブズブと肉棒を抜かれると、マンコから精液が流れ落ちるのを感じたんです。

激しさのあまりすぐに動くことすら出来ず、彼の前に下半身を剥き出しのまま寝ていました。


間もなく彼に抱きかかえられ、2人で風呂に向かいました。

一度体を許すと、彼の中で何かが崩れたのか、私は脱衣場で全裸にされ、浴槽で体を洗われると同時に彼の舌が体中を舐め回し、やがて再生した肉棒がマンコへ挿し込まれたんです。

彼に唇を奪われ、胸を揉まれ、私はもう抵抗する気力すらありません。

ただ彼の性処理奴隷のように、何度も何度も色んな体位で中出しされたんです。

どれだけの精力と体力が彼にあるのでしょうか。

風呂場でも3回中出しされ、全裸のまま布団に運ばれた私はその後も数回、彼の精を受け入れたんです。

彼自身も10回近くイッたと思いますが、それ以上に私は数えきれないくらいイカされ、潮まで吹かされました。


眠りに就いたのは何時だったのか?
気を失うように私は眠っていました。

そして激しく体を揺さぶられ、下半身を襲う刺激で目が覚めたんです。

ハッと目が覚めた時には、私に覆いかぶさるように彼がいて、肉棒を挿し込み、腰を激しく動かしていました。


「高ちゃん!もう終わりにして・・・」
「もう1回!これで終わりにするから・・・」

「最後ね・・・」
「もう3回も中に出しちゃったけど・・・」

彼の言葉に驚きました。

私が寝ている間にも、彼は3度も中出しをしていたんです。


「あ~ダメ・・・またイキそう」

「もうイッちゃうの?」

朝っぱらから彼にイカされた私は昨夜の感覚が蘇り、続け様に腰を動かされたこともあって、またすぐにイク感覚が体中を襲います。


「ダメ~、また来る・・・あぁ~続け様にイッちゃう」

そんな言葉を発した直後、部屋の戸が開き、目の前に夫が現れました。


「高ちゃん・・・お前ら・・・昨夜からずっと・・・」
「違うの・・・」

「ごめん!だっていいって言ったじゃないか?」
「ああ、確かに俺が許したけど・・・」

「あなた・・・」

夫の目の前で私はイカされ、高ちゃんの精液を中に出されたんです。

しかも彼は私に汚れた肉棒を咥えさせて、夫が見つめる中で肉棒を綺麗にさせられました。


「奥さん!凄く良かった・・・ありがとう」

「高ちゃん・・・いったい何回やったんだ?」

「ん~俺は15回・・・奥さんは何回イッたか分からないけど・・・潮まで吹いて布団はこんなに」

あまりの衝撃に夫も後悔をしていましたが、自分が蒔いた種だからと、それ以上は何も言ってきませんでした。

高ちゃんは気まずそうにタクシーを呼んで帰って行きましたが、私のマンコはいつまでもジンジンと疼いていました。
サンプル