00204
レイプされた時の話をします。

大学時代に、本当に淡い気持ちでお付き合いをした人がいました。

素敵な人でした。

その頃の私はかなりウブというか、何も知らない女の子でした。

キスを数回しただけで、それ以上のことを求められることはありませんでした。


大学卒業後、地元の県庁に勤めました。

その時、大学時代の先輩がいました。

私の淡い恋の相手の先輩でもありました。

何となく心を許し、いつしか関係を持つようになりました。

とても幸せな処女喪失でした。
(この人と結婚する)

本当にそう思っていました。

なのに・・・忌わしい事件のおかげで、私は人を信じられなくなってしまいました。


県庁から外郭団体に打ち合わせに行った日、帰りが遅くなり、食事に行くことになりました。

年配の方々は帰ってしまい、若い男性2人と、30代の独身女性3人でした。

中華料理を食べると、「少し飲もう」ということになりました。

明日のことも考えて私はすぐに帰りたかったのですが、女性の先輩が、「私の部屋に泊まって、朝からやればいいじゃない」と言われ、彼女に県庁の上司に電話をしてもらいました。

その結果、彼女のマンションに行って飲もうということになったのです。

あまり乗り気ではなかったのですが、仕方なくついて行きました。


ほんの少し飲んだだけで、私はかなり酔いが回ってしまいました。

疲れていたからだと思います。

彼女は私の横に座り、私の面倒をよく見てくれました。

同性ですから安心感がありました。

彼女が私を連れてベッドに寝かせました。

私は服のまま横になりました。

すると彼女も私の横に入ってきたのです。

少し嫌でしたが、眠かったので、気にせずそのまま眠ろうと思ったのです。


少しうとうとした頃でした、彼女は私の横で服を脱ぎ、キスをしてきたのです。

慌てましたが、ベッドの下に男の人が2人眠っていることに気づき、私は背を向けました。

彼女は私の体を後ろから抱きかかえるようにして、服を脱がしにかかります。

抵抗はしましたが、男性に気付かれるのが怖くて、体をひねって抵抗することしかできませんでした。

その時でした。


「手伝ってやるよ」

2人の男性が裸で立っていて、私を押さえつけてきました。

あっという間に裸にされ、彼女に体中にキスをされてしまいました。

両手と両足をしっかりと掴まれ、一番恥ずかしい部分を丹念に舐められました。

私は大声で叫びましたが誰もやめてくれる気配はありませんでした。

やがて女性が離れ、カメラを取り出しました。


「やっちゃってよ」

女性が言いました。


「キャーっ」

私は思い切り大きな声で叫びました。

でも無駄でした。

腰を割って入ってきた男性に一気に貫かれました。

私か大きな声で泣き叫んでいたはずです。


「この女、◯◯さんと付き合ってるの。

壊しちゃって」

彼女の形相にゾッとしました。

縛りつけられ、何度も犯されました。

彼女は嬉しそうにカメラを回していました。

彼女は、今まで飲んでいたお酒の徳利を持ってきて、私の膣に突っ込みました。


「痛い、やめて!」

いくら叫んでもダメでした。


「今度はビール瓶を入れてやるよ」

男がまだ中身の残っているビール瓶を突っこみました。

中に冷たいビールが入っていくのがわかりました。

悲しくて悔しくて泣くしかありませんでした。

出し入れされると、あまりの痛みに気絶しそうになりました。

女はカメラを回し続け、男は私は犯しながら体中にキスマークをつけまくってました。


(殺される)

恐怖でいっぱいでした。

バックから激しく突かれている途中で、ついに私は気を失いました。

目が覚めると陰毛は剃られ、太ももの内側は血で真っ赤に染まっていました。
サンプル